ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

雅子皇后、国葬開催決定を支持

 

以下の記事が出されたのが21日

今日になっても、宮内庁から、抗議も訂正も何もありません。

 

 

<雅子皇后、国葬開催決定を支持>

www.news-postseven.com

天皇皇后両陛下としては最大限の追悼の意を、安倍晋三氏の死去に際して示された。平成から令和にかけて、国の安寧のために共に身を捧げたというシンパシーだけではないだろう。雅子さまは、皇太子妃として皇室に入られるずっと以前から、安倍氏とは浅からぬ縁をお持ちだった

(中略)

現在の自民党内で中心的な存在である安倍派からの強い要望はあったにせよ、議論の時間もなく早々に岸田氏が国葬を決めた背景を、前出の政界関係者が明かす。

皇后の雅子さまが、安倍元総理の突然の死に大きなショックを受けられ、悼まれるお気持ちがとても強いそうです。遺族の気持ちを案じつつ、しっかりとした形で送りたいと願われているという情報が、政府サイドに伝わったというのです。

 明治の時代、国葬はそもそも天皇や皇族を葬送するものであり、天皇の決定でのみ、皇族でない人を国葬とできました。いまは存在しないルールですが、両陛下の追悼のお気持ちは、岸田総理の背中を押した可能性があるのではないでしょうか


(中略)

 雅子さま安倍氏の共通項について、皇室ジャーナリストが思いを巡らせる。

雅子さまは安倍さんと同じように、父の姿を追って進む道を決められました。また、立場こそ違えど、常に世界を見据えて生きてこられた。『もっと世界とかかわりたい』という思いは共通だったのではないかと思います。30年以上前から、同じ時代を生きてきた、ある意味での“盟友”の死です。雅子さまが安倍さんのしかるべき弔いを切望されていることは、自然なことでしょう

 9月、国葬には両陛下も出席される予定だ。


女性セブン2022年8月4日号

 

 

皇室の政治利用が疑われる案件。

これが、デマなら、すぐに小学館に抗議しないとおかしいです。

 

雅子皇后が国葬開催を支持

 

天皇皇后両陛下は国葬出席の予定

 

こんなデマが流れていて、抗議しないというのはあり得ない。

抗議しないということは、

つまり

これはデマではない

事実。

 

そういうことでしょう。

 

そもそも、天皇皇后両陛下に無断で、小学館

皇室が政治利用された

という記事書けるはずありません。

 

カルトの人たちは、宗教やりすぎて、社会常識が喪失してます。

一企業が、天皇皇后両陛下に無断で、天皇皇后両陛下へのデマ記事を書けるわけないでしょう。
しかも、皇室の政治利用という深刻な話。

たかが私企業に負える責任じゃない。

普通に社会常識あれば、わかると思いますが、狂信者は恐ろしい。

 

都合悪い話は全部「陰謀」

 

そういう思考回路が、カルトそのものだよね。

普通に社会常識で考えられる人はいないのか。

 

 

 

皇后陛下国葬賛成。

デマではなく、現実。

記事の内容を両陛下も容認されているということですよ。

他に、解釈のしようがありません。

 

皇室に良心が残っているのなら、

今からでも遅くないから「撤回」すべきです。

小学館に話をつけて、今から「抗議」したことにすればいいでしょう。

まだ、間に合いますよ。

簡単なことでしょう。

 

良心、残っているかな。

 

 

 

 

<おまけ>

いよいよ始まったようです

lavender1219.com