ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

平成ブラック皇室は永遠に続く?

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

昨日は、天皇皇后両陛下の結婚記念日でした。

おめでとうございます。

 

ところが、同じ6月9日

上皇夫妻が沖縄復帰50年を記念した特別展「琉球」(読売新聞社など主催)を鑑賞されました。

わざわざ、ぶつけなくてもいいのに、と天皇派の皆様は苦々しく思っていると思います。

 

同じ6月9日に起こった二つの出来事。

そこで、あらためて、その報道をチェックしてみたら、驚愕の事実が判明しました。

条件を統一するために、ヤフコメで比較します。

まずは、6月9日に天皇皇后両陛下の記事は何本出たか?

 

天皇皇后両陛下の記事>

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

な、なんと、たったの2本だけ。

現在の天皇皇后両陛下ですからね。

寂しいものです。

 

「報道するなと圧力がかかった」とするのは陰謀論でしょう。

不愉快な現実は、すべて陰謀のせいにする。

現実逃避とも言えます。

今回については、陰謀を仕掛ける理由はありません。

各社、普通にスルーした。

それが現実だと思います。

 

天皇派は、天皇陛下が国民的な人気があるように言うけど、本当にそうであれば、各社自発的に取りあげてます。

ビジネスですから、メリットがあれば、テレビも雑誌も動く。

でも、天皇陛下を記事にしても数字が上がらない。

メリットがないということですよ。

だから、どこも取り上げない。

特別に人気があるわけではない。

それも現実だと思いますよ。

 

では、

上皇夫妻の記事はどうか

見たくない方も多いでしょうが、わざと全部の記事を貼ります。

現実を直視するためです。

 

上皇夫妻の記事>

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 

上皇夫妻が、展覧会を鑑賞したというだけの話。

どうでもいい話です。

上皇夫妻は引退されましたからね。公務ではない。

だから、ニュースバリューは、ゼロと言ってもいいくらいです。

にもかかわらず、12本の記事が上がってます。

理由は、わかりますよね。

もちろん人気ではなく、

 

権力

 

ですよ。

引退した夫妻の私的な展覧会鑑賞。

何度もいいますが、公務ではありません。

それを新聞・テレビ各社が一斉に報道するというのは、正気じゃない。

権力者に媚びる

ここは中国、北朝鮮かと錯覚しますよ。

 

わかりきったことですが、

上皇夫妻に権威があって、天皇には権威はない。

つまり

二重権力ではなく、上皇家に権力があるだけ。

それがメディアの評価です。

JKGの皇室支配は今も続いている。

現状は、傀儡天皇と見られてるのでしょうね。

 

理屈ならべて陛下を擁護しても意味ないですよ。

これが現実ですよ。

現実を直視しないと。

こういう現実において、いかにして

 

平成ブラック皇室を終わらせて、皇室改革するか

 

それは、とても厳しい道になると思います。

<参考記事>で言いましたとおり、

どんな手段を使っても国民の支持を得た者が勝ち

です。

それが民主主義国の基本ルールですから。

 

<参考記事>

lavender1219.com

 

 

今回の現実。

 

権力ない

人気もない

 

正直、現状は厳しいです。

 

今回の出来事を見て、さらに確信が深まりました。

まだまだJKGの権力は健在。

JKGには、権力で強引に物事を実現させるという手段があります。

でも、陛下には、それはない。

権力を持たないで、皇室改革を成し遂げるには、

 

国民の圧倒的な支持が必要。

 

当然の帰結になりますよね。

そうしないと

皇室改革も愛子天皇も何も実現しないと思いますよ。

今のままでは、権力あるものが勝つだけ。

もし、JKGが権力を本格的に秋篠宮家へ委譲すれば、秋篠宮家が勝つでしょうね。

 

だからね。

秋篠宮家が大炎上してるのを見て喜んでる場合じゃないですよ。

秋篠宮家を叩いても、それで天皇家の人気があがるわけではありません。

天皇家は、自力で国民の支持を獲得しないと。

有無を言わせない圧倒的な国民の支持があってこそ、権力に対抗することができます。

今のままでは、厳しいですね。

 

 

権力と戦うには、国民多数の支持が必要。

早く、それに気づかないと。

誠実に仕事をしてれば、いつかはわかってもらえる。

そんなこと言ってたのでは、何百年かかるかわかりません。

そもそも陛下がどんな仕事をしてるか、国民の9割以上が知りませんからね。

 

戦う相手は、権力です、汚い権力。

この難局を乗り切るには、聖人君子ではダメですよ。

清濁併せ吞む人物でないと。

 

陛下は、どうお考えなのでしょうか。

興味深いところです。

 

今日もありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。