ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

令和の記念日にも平成皇室を絶賛する人々

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

それにしても、まあ、次から次へと・・・・・

腹のたつ記事ばかり出てきて、

これでは、いつまでも休みになりませんね。

いいですよ、もう。

 

休養やめます

 

たぶん、呪われてる、私。

前からそうですが、私が「休養」を宣言すると、どんどん記事が出たり事件が起こったりして、休ませてくれない。

呪われてますよ、きっと(笑)

だから、もう、休養やめます。

予告して休まないと、期待してくれてる皆さまに悪いかなと思って予告してるのですが、今後は、コッソリ休むことにします(笑)

ほんとに、まあ、次から次ですよ。

 

で、今日もブログ書いたのは、理由がありまして、

4月29日の昭和の日に、JKGが昭和天皇よりも自分たちが素晴らしいという翼賛記事が出ましたよね。

詳細は以下に書きました。

 

<昭和の日に平成皇室を絶賛する異常な記事>

lavender1219.com

そして今日。

5月1日は、今上陛下の即位の日です。

あれから3年経ちました。

おめでとうございます。

 

で、今上陛下おめでとうございます、という記事がどんどん出てくると思いきや、出てきたのは、この記事ですよ。

 

bunshun.jp

(前略)

 平成の末期、天皇・皇室に対して、人々は空前の規模で支持していたそれは、いわゆる「平成流」の2つの柱への評価であったと思われる。

第一に、雲仙普賢岳から阪神淡路大震災東日本大震災へと継続する被災地訪問のあり方である。老体にムチを打っているかのように見えてしまうほど、天皇・皇后は積極的に被災地を訪問し、人々に声をかけた。それが「私」を重要視している世間の風潮のなかで、「公」に奉公していると評価されたのではないか。

 第二に、慰霊の旅に代表される戦争の記憶への取り組みである。世間では戦争体験世代が減少し、その記憶が風化するなかで、天皇・皇后の行動はその掘り起こしでもあった。政権の方針とは異なるように見えるその思想と行動は、それまで皇室を支持していなかった層をも取り込むことに繋がったのである。

 最後のターニングポイントは、2016年の退位の意思をにじませた平成の天皇の「おことば」であろう。天皇はこのなかで、自分の行ってきた象徴としての模索に自負心を示しつつ、それを若い世代にそのまま引き継いでもらうがゆえの退位という選択肢を提示した。

(当時、宮内庁提供)
 

 それとともにここで平成の天皇は、権威としての天皇ではなく、むしろ自身も老いていく存在であることも人々にさらけ出した。その意味では、天皇も人間であることがより明確に人々に提示された(天皇による新たな「人間宣言」と述べた論者もいたくらいである)。「国民とともにある」という、天皇に即位して最初に述べた「おことば」のように、自身も国民に近づいた存在であることを示したと言える。

 この平成の天皇の「おことば」に対して、天皇を権威と考える保守派の方からむしろ反対の声があがった。それでは他の人間と変わらないのではないかと。しかし、多くの国民は天皇の思いを汲み取り、退位を後押しした。ここで、平成の天皇が模索してきた天皇像は、完成形を迎えたと言える。

 そして、2019年4月30日、平成の天皇近現代史上、初めて退位した天皇となった。その時、テレビでは各局が特別番組を放送し、街には人があふれた。そうした雰囲気のなか、「令和」がスタートしたのである。

2022年5月1日 文春オンライン 

河西秀哉

 

 平成の末期、天皇・皇室に対して、人々は空前の規模で支持していた

 

 って、何の妄想ですか。

 「人々は空前の規模で支持していた」って、北朝鮮の選挙かい(笑)

 そして

 平成の天皇が模索してきた天皇像は、完成形を迎えたと言える。

 って、平成天皇の神格化ですね。

 呆れはてて、こっちが失語症になりそうですよ(笑)

 

 そして、何で令和の記念日に、平成万歳の記事を出すのか。

 河西准教授は、マコムロ問題で厳しいこと言ってたので、骨のある人物かと思いきや、何てことはない、ただの御用学者だった。

 まあ、皇室研究・皇室言論の世界で、出世するには、

 

 妄想女優のイタコになるしかない

 

 って、ことですよ。

 恥ずかしくもなく、平成皇室を大絶賛するしかない。

 出世したいなら、平成夫妻をほめるしかない。

 そういうことですよ。

 

 まあ、魂売った人のことはどうでもいいとして、

 それにしても酷い。

 ここ1か月くらい

 新聞、テレビ、雑誌など、全部のメディアが

 

 平成皇室大絶賛だらけ

 

 いったい、何なのですか。

 中国共産党言論統制みたい。 

 気持ち悪いし、吐き気がする。

 

 昭和の日には、昭和天皇無視して、

 平成皇室大絶賛!

 令和の記念日は、今上天皇無視して

 平成皇室大絶賛!

 

 気持ち悪くないですか。

 恐ろしくないですか。

 これこそがファシズムですよ。

 精神的なファシズム

 ウクライナの連中は、ヒトラーと同列に並べる人物を間違えてますよ。

 今、私たちが見ているこの気持ち悪い大絶賛こそが、

 世界中で生き続ける独裁国家の気持ち悪いプロパガンダと同じもの。

 こんな汚いもの見たくもないけど。

 この気持ち悪い光景こそが、

 日本皇室の現実ということですよ。

 

 妄想女優からすれば、

 昭和天皇も今上陛下も、自分の引き立て役にすぎないということ。

 この先、まだまだ、吐き気がとまらないでしょうね。

 

 昭和天皇の誕生日も、平成皇室万歳!

 今上陛下の誕生日も、平成皇室万歳!

 皇后陛下の誕生日も、平成皇室万歳!

 敬宮殿下の誕生日も、平成皇室万歳!

 秋篠宮殿下の誕生日も、平成皇室万歳!

 紀子妃の誕生日も、平成皇室万歳!

 悠仁親王の誕生日も、平成皇室万歳!

 

 皇室のすべての慶事において、平成皇室万歳!が唱えられ続ける。

 

 平成皇室万歳! 平成皇室万歳! 平成皇室万歳!

 平成皇室万歳! 平成皇室万歳! 平成皇室万歳!

 平成皇室万歳! 平成皇室万歳! 平成皇室万歳!

 

 利権に群がる汚いイタコ連中が大合唱するでしょう。

 いったい、いつまで、こんな狂った皇室が続くのか。

 平成ブラック皇室。

 永遠に続くブラック皇室。

 って、ことなのでしょうか。

 いいかげん、誰か言う人はいないのですか。

 裸の王様状態ですよ。

 みんな、わかってるでしょう。

 

 妄想女優アタマおかしい

 

 誰かが言わないと・・・

 

 だから

 本当に、アタマにくるし、休めないですよ。

 でも、私は、陰謀論に逃げたりはしない。

 現実から逃げないで向き合って、戦いますよ。

 莫大な国民の税金浪費して、女優ゴッコする人をなんとかしないと。

 そうしないと

 皇室は令和で終わってしまいますよ。

 この国は、国民主権の国。

 自由と民主主義を愛する日本国民が、腐敗した汚い連中に怒りの鉄槌を下す日がくることを信じて、コツコツ訴えていきたいと思います。

 

現実から逃げない

 

 ということで

 休養宣言は、やめました。

 意味ないですからね。

 

 それに、秋篠宮家を批判してもどうもないですが、JKGをターゲットにすると、危険度が高くなりますからね。

 もっと、しっかりしないと。

 

 いろいろ精神的に問題の多い私ですが、

 今後も応援していただけるとうれしいです。

 よろしくお願いいたします。では

 

(重要な追伸)

ちなみに、本日、令和の記念日なのに、平成を絶賛する記事は他にもあります。

<女性セブンの平成皇室絶賛記事>

www.news-postseven.com

内容は、上記リンク先を見てください。

腹がたちますけど、これも現実。

それで、内容については省略しますが、見てのとおり令和の記念日に平成皇室を絶賛しております。

仙洞御所の正当化およびJKG上げ。

ということは

 

女性セブンはJKGと癒着してる

 

のは明らかだということです。

で、

その女性セブンが

小室圭否定を連発し

マコムロ帰国を煽っている

というわけですよ。

 

興味深い事実ですよね。

言い換えると

JKGのイタコがマコムロ帰国を煽っている

って、ことですからね。

興味深くないですか?

何か、引っ掛かりますよね。

いずれにせよ

 

水面下で動いてますよ!マコムロ問題

 

面白くなりそうですよ。

ではまた