ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

愛子さま、早くも結婚準備ですか?

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

今月も内容の濃い1か月でした。

最新記事はこちらです。

 

<最新記事>

lavender1219.com

 

いろいろやりたいことがありますが、とにかく、4月に入って落ち着いてから、じっくりと取り組みます。

さて、

愛子さまの会見が素晴らしかったことにより、

週刊誌が活発に記事を出してきましたね。

 

新潮の記事が、面白いことになってますが、来週号が問題です。

来週号も批判を続けるならいいですが、

来週号は、いきなり皇室記事がなくなっているかもしれません。

さて、どちらになるでしょうか。

 

新潮の件は、後日、ブログで整理したいと思います。

 

<ヤフコメ炎上中>

news.yahoo.co.jp

<こちらも炎上中>

news.yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

公認イタコさん登場

 


friday.kodansha.co.jp

愛子さまは、ほんとうに立派になりましたね。成年会見のごようすは完璧でした。これは、ご本人の努力ももちろんあるでしょうけれども、なによりね、お父様、そしてお母様の雅子皇后のお力も、大きいと思うのよ」

こう話すのは皇室ジャーナリストの渡邊みどりさん。60年以上に渡り日本の皇室を取材してきた、皇室ジャーナリストの第一人者だ。

 

愛子さまが小学生のころ、遠足事件がありましたでしょ。あのときは、雅子さまの振る舞いにさまざまな声が上がりました。愛子さまはもう、新聞に載っている週刊誌の広告が読める年齢でしたから、そうした国民の声も目にしていた。お心を痛めたこともあったでしょう。お母様べったりのように言われていました。

でも、中学に上がって、お父様と同じオーケストラの活動を始めて、学習院という環境のなかで大きく成長なさったんです。けっして平坦というか、平静なばかりではなかったけれど、しっかりと乗り越えられた強さは格別です」

 

成績優秀ゆえ、一時は「母・雅子さまの母校、東大に進学?」という声もきこえた。けれども、愛子さま学習院大学を選んだ。

「皇室の方はどなたも、ご専門の分野をもって研究しているんです。上皇さまの長女、黒田清子さまは、鳥の研究をなさって、大学卒業後に鳥類研究所に就職をしています。本格的な研究者です。天皇のテーマは『水』。外交官のキャリアをもつ雅子さまの優秀さは、いわずもがなです。海外の要人に相対するごようすからも、その秘めた力をひしひしと感じます。

愛子さまは今、大学で日本文化を学んでいらっしゃいます。これから、よりテーマをしぼって研究なさるんでしょうね」

2022年3月31日 FRIDAYデジタル

 

 JKG公認イタコさんの登場です。

 一般的には、どうでもいい記事ですが、ウォッチャー的には重要です。

 JKGの考えとかポジションが推測できますからね。

 渡邊みどり先生とお呼びしないといけませんね(笑)

 気持ちよく、イタコしていただきたいですよ。

 

 それにしても、JKG。

 ここへきて雅子皇后や愛子さまを平然と褒めるというのも、なかなかの神経ですよ。

 節操のない人といってしまえばそれまでですが、そういう権力のためなら何でもやるという人物だからこそ、平成ブラック皇室を作り上げることができたのでしょう。

 さあここから、どの方向へ動くか。

 興味深いところですが・・・

 

愛子さま、早くも結婚の準備?

 

成年会見ではご両親への感謝の言葉を述べられていた愛子さま

「ご自分のこと、家族である天皇皇后のこと、皇族としての役割、そしてなにより、国民への目配りがあり、さすが天皇家に生まれ、育まれた人間としての深みを感じました」

この会見は、たいへん好感をもって受け止められた。そして…

「女性の天皇が生まれても、いいんじゃないかと思います。愛子さまはそれだけの資質をお持ちだし。結婚については、まだ少し早いけれども、じっさいにはさまざまな準備が進められていますから。今、候補にお名前があがっている方、お父様からのご縁がある男性などは、とてもいい方ですから、そろそろお考えになる時期でしょう。

けれどもなにより、ひとりの人として、幸せになっていただきたいですね」

 

(同記事)(太字等はラベンダーによる)

 

 これ、さりげなく、スゴイこと言ってますよね。

 愛子さまは、まだ20歳ですが、

 

 結婚については、まだ少し早いけれども、

 じっさいにはさまざまな準備が進められていますから

 

 って、何??? 結婚の準備って??? 

 愛子さま、まだ20歳ですよ。

 

候補にお名前があがっている方、お父様からのご縁がある男性などは、

とてもいい方ですから、そろそろお考えになる時期でしょう。

 

 って、スゴイですね。

 これ、JKGの公認イタコさんの発言ですから重みがありますよ。

 自分が生きてる間に、

 愛子さまの政略結婚を成立させる

 つもりなのでしょうか。

 旧宮家の男系男子と結婚させて、生まれてくる子を後継ぎにする。

 そういう意味でしょうか。

 

 JKGは、昭和の古い権力者感覚ですからね。

 事実上の皇室トップは自分。

 だから、自分が仕切れば、政略結婚に陛下も愛子さまも従うと思っているのかもしれませんね。

 これは聞き捨てならない陰謀かもしれませんよ。

 とにかく

 まだまだ、元気ですよ、JKG(笑)

 

生涯、アテクシは闇将軍 

 

同じ日、中学卒業にあたり記者の質問に答えた秋篠宮家の悠仁さまについては

「将来の天皇といっても、まだ15歳。ここから、ご自分の人生を作る時期です。筑波大附属は、美智子さまの父・正田英三郎さんの母校でもあり、まったく縁がないわけでは…ないですよね。とてもいい学校ですから、これからの3年間でよい友人を作り、成長なさることを期待します」

渡邊さんがずっと取材してきた美智子さまは今、4人のお孫さんを、どんな思いでご覧になっているだろう。

美智子さまのお考えは一貫して、『自分で決める』です。ですから、あれこれと口出すことはなく、見守っていらっしゃるはず。長年、美智子さま上皇さまを見てきた私が思うに、上皇さまの最大の功績は美智子さまとご結婚なさったことではないでしょうか。

そして、天皇雅子さまを熱望してご結婚なさったことも、同様に、大きな功績であったと思います。愛子さまにも、ご両親のようなすばらしいご縁があるといいですね。ちょっと、気が早いですが」


(同記事)(太字等はラベンダーによる)

 

上皇さまの最大の功績は美智子さまとご結婚なさったこと

 

ですか・・・・・(絶句)

コメントの必要はないですね。

平成ブラック皇室は、すべて、そこから始まった。

功績じゃなく、禍根ですね。

 

まあ、それは置いといて

ここでも

愛子さまにも、ご両親のようなすばらしいご縁があるといいですね。

と言ってますよね。

どうやらJKG。

今、一番、関心が強いのは

愛子さまの結婚

のようですね。

この記事だけでは、何とも言えません。

今後の週刊誌の論調を見ていく必要があると思いますが、

もし、

愛子さまの結婚

に関する記事がどんどん書かれるようであれば、決まりですね。

 

政略結婚を狙ってる

 

可能性はあるということですよ。

 

ただし、

現実、政略結婚というのは、実現が難しいでしょう。

それを承知の上で、

政略結婚をわざと強調して

秋篠宮家へ揺さぶりをかけてる

という線もあり得ますね。

 

アテクシを大切にしないと

愛子天皇、実現させますわよ

 

そういう圧力をかけているかもしれません。

さすがは

平成ブラック皇室の闇将軍

愛子さまVS悠仁さまの状況を利用して

自分がキングメーカーになる展開を狙っている。

イヤな予感がしますよ。

 

まあ

闇将軍に定年はありませんからね。

生涯、闇将軍。

まだまだ元気ですよ、JKG。

 

f:id:new-lavender:20220331200700p:plain

 

ということで

忙しくて、休みたいけど、どんどん面白い記事が出てきます。

 

本当に困ってますよ(苦笑)

 

はあ・・・

とにかく、落ち着いたら本格検証します。

しばらくは、速報系になりますが、よろしくお願いいたします。

 

今日もありがとうございます。では。