ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

世界中が大騒動になっても、炎上を続ける秋篠宮家

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

最近、暗い話題が多いですから、

気分転換にマコムロ問題の記事を書きました。

 

<ブログ最新記事>

lavender1219.com

 

 プーチンウクライナへの侵略戦争で騒然としてますが、

こんな時でも、悠仁さまは炎上してます。

もう、どうしようもないですね。

 

<炎上その1>

news.yahoo.co.jp

<炎上その2>

news.yahoo.co.jp

<炎上その3>

news.yahoo.co.jp

 

こんな世界中が大変なときでも、ネット炎上してるのですよ。

筑附問題。

ウクライナの問題に比べるまでもなく、本当に、どうでもいい話ですよ。

われわれの生活に何の影響もありません。

そんなどうでもいい話が、今、現在も大炎上。

驚きですよ。

ということは、これでハッキリしましたよね。

どんな状況になっても、

ネットは忘れてくれない

ということ。

どこまでも何十年でも炎上しますよ。きっと。

 

 

前にブログで書きましたが、

学歴とか受験とかは、国民全員が経験する話で、とても炎上しやすい。

マコムロ問題は、状況を説明して理解しないと、何が問題かがわかりにくいですが、筑附問題は誰でもわかりやすい問題です。

だから、

「ズル進学」

というのは、マコムロ問題よりもはるかに危険な地雷だった。

マコムロ問題よりも、破壊力のある炎上案件だった。

秋篠宮家は、それが理解できなかったようですね。

現代ネット社会がわからないのでしょう。

 

堂々と、「ズル進学」して、堂々と大炎上。

ここまで愚かな人たちを見たことがありません。

でも、これは悪意というよりは、皇室という制度の問題ですね。

日頃から、貴族的な特権階級にあり、自分たちの行動を人から批判されたことがないのでしょう。

何をやっても許される

生まれたときから、ずっとそういう生活をしてるので、

国民から批判されないように行動するという思考回路がない。

ブレーキのない自動車のようなもの。

進みたい方向へ真っすぐに進むしかない。

これは悲惨ですね。

クラッシュするまで、直進するのでしょう。

 

とにかく、

これだけ戦争で世界中が大騒動になっても、筑附問題は炎上してます。

おそらく、永久炎上案件になったのでしょう。

そして、秋篠宮家および悠仁さまは、この先、終わらない炎上地獄の中、生きていかなければなりません。

一般人と違って、隠れることができませんからね。

出てくるたびに叩かれて、何かするたびに大炎上。

地獄の日々ですよ。

 

今からでも遅くないから、真剣に炎上対策始めるべきですよ。

炎上を消すための努力をしないと。

ここまま放置してると、どうなるか。

秋篠宮家の人々も、生身の人間ですからね。

この炎上地獄を続けるのは、精神がもたないと思います。

 

そういうことを諫言できるような

秋篠宮家には、真の忠臣はいないのでしょうか。

残念ですね・・・

 

またよろしくお願いいたします。

では