ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

言論統制に反対する皇室ブログ

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

最新記事を書きました。

 

<最新記事>

lavender1219.com

 

さらに、こちらの記事もご参照ください。

 

<参考記事>

news.yahoo.co.jp


 皇室は、長くアンタッチャブルでした。

 皇室批判すると、「サヨク」とか「反日勢力」とかレッテル貼りをされて、どこからともなく嫌がらせを受けたり、怖い人たちがやってきたりして、批判する人を根絶やしにしてきた歴史があります。

 いわゆる、皇室タブーです。

 

 しかし

 マコムロ問題によって、一般人が皇室批判するようになりました。

 そして皇室が、戦前かと思わせるような閉鎖的な特権階級である事実も批判されるようになってきました。

 今、進行中の現実は

 皇室の民主化

 ということです。

 ものすごい大きなうねりが起きてます。

 大げさではなく、皇室の歴史に残る転換点です。

 民主化するのか、それとも民主化が弾圧されるのか。

 注意深くウォッチしていただきたいと思います。

 ラベンダーの皇室王室ブログ。

 言論統制に反対する皇室ブログなのは、言うまでもないですが、

 結局それは、

 タブーに挑戦する皇室ブログ

 になってしまいそうです。

 民主主義国で、報道の自由言論の自由をを守れと訴えただけですが、それは日本皇室の世界では、タブーに挑戦することになってます。

 日本は、まだまだ遅れてますよ。

 がんばります。

 

 ではまた