ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

月給100万円の内親王というお仕事(前編)

<今日のスローガン>

小室眞子への責任追及を誰もしないので、私がやります。

 

<小室眞子元内親王の問題は皇室制度に問題があります>

new-lavender.hatenablog.com

<皇族のみなさま、援助は合法でお願いいたします>

new-lavender.hatenablog.com

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

小室眞子元内親王が、もうすぐアメリカへ行かれるそうです。

当ブログは、マコムロ問題については、重要な話題については、ほぼ全部、検討してきたと思いますが、意図的にひとつだけスルーしてきた話題があります。

それは小室眞子元内親王の「PTSD」についてです。

まあ、メンタルヘルスの問題は、とてもデリケートな問題ですので、より多くの検討が必要だという意味で保留してきました。

しかし、もう、そうも言ってられないですからね。

アメリカへ出発されるそうですから、今のうちに言っておかないと。

今日は、それに関連した話をしたいと思います。

厳しい話になります。

 

 

 

 

 

「税金泥棒」とは誰のことか?

 

www.dailyshincho.jp

その秋山医師は、1日の皇嗣職大夫会見に同席し、

〈(眞子さまは)特定の文字をみると、実際には関係のない内容であっても、恐怖感を再体験(フラッシュバック)することがあったと伺っております〉

 そう明かしながらも、「特定の文字」については守秘義務を理由に口を閉ざした。が、秋篠宮家の事情を知る関係者によれば、

眞子さまが遠ざけてこられたのは『税金泥棒』という言葉です」

 前出の会見で皇嗣職大夫は、眞子さまが中学生の頃から身近な方々やご自身への誹謗中傷と感じられる情報を日常的に目になさり、精神的な負担を感じてこられたと公表したのだが、

「それはちょうど、皇太子妃であられた皇后雅子さまへのバッシングが始まった時期です」

 とは、皇室ジャーナリスト。お身内への心ない言葉が、思春期にさしかかった眞子さまのお心を痛めたというのだ。さらには、

「ご体調が整わず公務がままならない雅子さまへの批判は過熱し、11年には東宮大夫との質疑の中で、記者会から『税金泥棒との批判も』といった言い回しが飛び出したことがありました。また13年には、東京駅で居合わせた市民から、雅子さまがその言葉を投げ掛けられたこともあったのです」

 こうした経緯をお知りになった眞子さまが、特定の文字を忌避なさるのは無理からぬことであろう。

「会見で秋山医師は、週刊誌とともにSNSやネットの口コミなども“眞子さまが誹謗中傷と感じられる出来事の全般に含まれる”と述べました。今回の『税金泥棒』とは、おもに一時金をめぐる批判の中で出てきた言葉ですが、小室さんの振る舞いに“皇室特権”の疑惑がついて回ることもあり、一気に広まってしまいました」(同)

    週刊新潮 2021年10月21日号(太字等はラベンダーによる)

 

『税金泥棒』という言葉が雅子さまへ山ほど投げかけられ、大手マスコミが公然と「誹謗中傷」する状況があったのは事実です。

マコムロ問題では、秋篠宮家や小室眞子についての批判は、いまだに、ほとんどありませんが、当時の皇太子一家は集中攻撃されてました。

この違いは、どういう違いなのか、闇を感じますね。

ま、それはいいとして、

しかし、雅子皇后に対する「誹謗中傷」を小室眞子元内親王が過剰反応し、自分のこととして精神を病んだとは思えないですね。

それはないでしょう(失笑)

小室眞子元内親王は、秋篠宮家のメンバーですから、説明は必要ないと思います。

むしろ、秋篠宮殿下は、被人間的な冷たい言葉を投げつけましたからね。

また、一時金について『税金泥棒』という論調が国民の中にあったとも思いません。

けど、被害者アピールのために、一時金辞退をPTSDへ無理やりつなげる話を創作したというのも、悪意がすぎるような気がします。

だから、素直に『税金泥棒』といわれて、小室眞子元内親王には、自分のことのように考えてしまう理由があったということでしょうね。

 

それはいったい何なのか?

 

それを本稿では考えてみたいと思います。

 

一応、念のために言いますが、週刊新潮はバリバリの男系男子派で秋篠宮派のメディアであることに注意が必要です。

この記事も、秋篠宮家の意向の記事。

内容的に、かなりバイアスがかかっているようですね。

 

 

月給100万円の内親王

 

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

上記<参考記事>で書きましたが、秋篠宮家の皇族費は以下のとおりになっております。

 

秋篠宮家の皇族費

秋篠宮殿下 9150万円

紀子妃殿下 1525万円

眞子内親王  915万円

佳子内親王  915万円

悠仁親王   305万円

合計 1億2800万円(年間)

なお、秋篠宮殿下は、皇嗣になられたことにより、皇族費が3倍になった。3050万円×3=9150万円

 

ここから人件費や諸経費など支払われているそうですが、このお金がどう使われているかは情報公開されていないので、すべてはブラックボックスの中です。

さらに、謝礼公務という名前のアルバイトも許されてます。

海外の王族が公務で謝礼をもらうという恥ずかしい話は聞いたことないですが、恥ずかしいことしてる自覚はないでしょうか?

いずれにせよ、謝礼公務で小遣い稼ぎもできるので、小室眞子元内親王に支払われる年間915万円が、ほとんどプールされているだろうと推測して、

貯金1億円

とか、メディアは言ってるわけです。

もともと、住居費は無料。食費等も自分のお金で払わないから、915万円全部を貯金できるという理屈でしょうか。

腐った話ですね。

それに何の疑問も感じないのでしょうか?

小室眞子元内親王は、30歳で1億円の貯金ができるくらいの仕事をしてきたということですね。

社会常識で考えて、それはおかしいですよ。

小室眞子元内親王に支払われる年間915万円は、非課税です。

税金も払ってないし、社会保険も払っていません。

だから、完全手取りなわけですが、それをわれわれの収入ベースに換算すると、年収1300万円くらいにはなるようです。

どんなに控えめに見ても、月給100万円以上です。

それで、住居費は無料だし、食費負担もないし、アルバイト公務し放題とすれば、もう金銭的にはパラダイスですよ。

なるほどね、

『税金泥棒』に過剰反応するのはわかりますよね。

後ろめたいことがあるということですよ。

 

 

小室眞子元内親王の2018年の公務

 

では、小室眞子元内親王が年間どれくらいの公務をしてきたか、詳細に見て見ましょう。

月給100万円以上の内親王というお仕事。

コロナとか代替わりとかイレギュラーな状況ではない2018年を例に見てみます。

小室圭が、留学した年ですから、さぞかし公務に専念できたことでしょう。

以下、小室眞子元内親王が2018年に行った公務等について、宮内庁ホームページより抜粋しました。

 

一応、公務と考えられるもの ⇒ (公務)

ただし、公務の中でも映画鑑賞などは ⇒ (鑑賞公務)

宮中祭祀など皇室内部的なもの ⇒ (内部)

学者から意見を聞いたり、公務の予習をするのは ⇒ (勉強)

眞子内親王が単独で行ったもの ⇒ (単独)

 

という感じで区分しております。

一応、念のために申し上げますが、宮中祭祀は公務じゃないですからね。

もっとも、宮中祭祀を含めても、大した数ではありませんが。

 

 

<1月>

平成30年1月1日(月) (内部)(公務)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            新年祝賀の儀(宮殿)

平成30年1月2日(火) (公務)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            新年一般参賀お出まし(宮殿)

平成30年1月3日(水) (内部)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            元始祭の儀ご参列(宮中三殿

平成30年1月7日(日) (内部)(単独)

眞子内親王殿下          昭和天皇祭皇霊殿の儀ご参列(皇霊殿

平成30年1月10日(水) (内部)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            講書始の儀(宮殿)

平成30年1月12日(金)(内部)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            歌会始の儀(宮殿)

平成30年1月15日(月) (鑑賞公務)(単独)

眞子内親王殿下            「第35回日本伝統漆芸展」ご覧

 

まず、1月ですが、(公務)2回。(鑑賞公務)1回。

あとは、(内部)は、5回ほど。(単独)は2回。

仕事は7日間。

よく働きました。

1月は、なかなかのハードワークです(笑)

 

<1月> 稼働日数7日(うち公務2日、鑑賞公務1回)

 

<2月>

平成30年2月2日(金) (会釈)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            宮内庁人事異動者ご会釈(宮邸)

平成30年2月9日(金)  (鑑賞公務)(単独)

眞子内親王殿下             第49回現代女流書100人展ご覧

平成30年2月16日(金)  (鑑賞公務)(単独)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            映画「一陽来復 Life Goes On」特別試写会ご鑑賞

平成30年3月21日(水) (内部)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            春季皇霊祭の儀及び春季神殿祭の儀ご参列(皇霊殿・神殿)

 

 

宮内庁の人事異動者へ会釈するのを公務というのはね(笑)

皇族様は神様だから、会釈するのも値打ちがあるということですね。

でも、却下します。会釈は公務じゃない。だから、会釈は(会釈)。

2月は、ほぼ何もしておりません。

会釈1回、鑑賞公務2回、内部1回。

これで月給100万円もらえます。

 

<2月> 稼働日数4日(うち鑑賞公務2日)

 

<3月>

平成30年3月21日(水) (内部)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            春季皇霊祭の儀及び春季神殿祭の儀ご参列(皇霊殿・神殿)

平成30年3月30日(金) (公務)(内部)(会釈)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            国際協力機構(JICA)海外派遣専門家ご接見(宮邸)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            宮内庁参与他とのご懇談(宮邸)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            宮内庁及び皇宮警察本部人事異動者ご会釈(宮邸)

 

1月に働きすぎたから、まだ疲れが残っているのでしょう(笑)

3月は、稼働したのが、たった2日だけ。

春休みですね。

うらやましいですね。

これで、月給100万円以上もらえるということです。

 

<3月> 稼働日数2日(うち公務1日)

 

<4月>

平成30年4月2日(月)(会釈)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            宮内庁及び皇宮警察本部人事異動者ご会釈(宮邸)

平成30年4月3日(火)(内部)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            神武天皇皇霊殿の儀ご参列(皇霊殿

平成30年4月13日(金)(公務)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            ブータン首相夫妻,ブータン大使ご引見(宮邸)

平成30年4月25日(水)(公務)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            園遊会赤坂御苑

平成30年4月26日(木) (鑑賞公務)

文仁親王妃殿下並びに眞子内親王殿下

            展示会「オランダの金の筆と銀の筆-子どもの本の世界」ご覧

平成30年4月27日(金) (鑑賞公務)(単独)

眞子内親王殿下        第46回伝統工芸陶芸部会展ご覧

 

 

全般的に言えることですが、ただでさえ少ない労働日数なのに、単独で公務することが少ないです。今月は(単独)は1日だけ。

別に、眞子内親王が、いてもいなくても何の問題ないと思いますね。

公務の担い手不足って、どこの国の話ですか?

日本国じゃないよね。ありえないし(笑)

しかも、(鑑賞公務)って別にいらないでしょう。

(鑑賞公務)は日本国にとって、どんな利益があるのでしょうか?

お車代もらえるから、秋篠宮家の利益になるだけでしょう。

(鑑賞公務)はアルバイト。全部なくしても、問題ありませんね。

 

<4月> 稼働日数6日(うち、公務2日、鑑賞公務2日)

 

<5月>

平成30年5月7日(月)(鑑賞公務)(単独)

眞子内親王殿下             「第29回伝統工芸人形展」ご覧

平成30年5月11日(金) (鑑賞公務)(単独)

眞子内親王殿下             第52回日本伝統工芸染織展ご覧

平成30年5月17日(木)(公務)

文仁親王妃殿下並びに眞子内親王殿下

宮中茶会ご陪席(第8回太平洋・島サミットに出席する各国首脳夫妻等)(宮殿)

平成30年5月18日(金) (勉強)

眞子内親王殿下       上智大学教授ご進講(ブラジルご訪問にあたり)(宮邸)

平成30年5月21日(月) (勉強)

眞子内親王殿下     ご進講及びご視察(JICA横浜海外移住資料館(ブラジルご訪問にあたり)(横浜市))

平成30年5月23日(水) (勉強)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

      外務省南部アジア部参事官他ご説明(ベトナム国主席閣下及び同令夫人「国賓」ご来日につき)(宮邸)

平成30年5月28日(月) (鑑賞公務)(単独)

眞子内親王殿下         「第47回伝統工芸日本金工展」ご覧

平成30年5月30日(水) (公務)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            ベトナム主席閣下及び同令夫人宮中晩餐(宮殿)

 

一般社会において、仕事のための事前勉強は、通常、自宅等で自主的にやるものでしょう。自分で本買って読んだり、自分で調べたりするもの。

ところが、皇族の場合は、事前に役人やり大学教授がすべて調査・準備したものを自宅(宮邸)へやってきて、説明してくれるのですからね。

まさに、皇族様は特権階級ですよ。

しかも、その公務のための勉強(予習)をわざわざホームページに書いて、これも公務だと国民へアピールするのですからね。

(会釈)とか(勉強)を公務とアピールしないとホームページに書くことがなくなるからでしょう(笑)

それを含めても、1か月に10日も働いてないですが。

あぜんとしますね。

しかも

公務より(鑑賞公務)という名のアルバイトのほうが多いという。

なんだかね。

 

<5月> 稼働日数8日(うち、公務2日、鑑賞公務3日)

 

 

<6月>

平成30年6月8日(金) (勉強)

眞子内親王殿下    首都大学東京教授ご進講(ブラジルご訪問にあたり)(宮邸)

平成30年6月16日(土) (内部)

眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            香淳皇后例祭の儀ご参列(皇霊殿

平成30年6月17日(日) (内部)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下,佳子内親王殿下並びに悠仁親王殿下

            皇太子同妃両殿下御結婚満25年につきご内宴(東宮御所

平成30年6月18日(月) (勉強)

文仁親王妃殿下並びに眞子内親王殿下(勉強)

            セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン専務理事他ご説明(「セーブ・ザ・チルドレンの活動報告」について)(宮邸)

平成30年6月22日(金)(内部)(単独)

眞子内親王殿下      武蔵野陵及び武蔵野東陵ご参拝(ブラジルご訪問につき)

平成30年6月23日(土) (公務)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下,佳子内親王殿下並びに悠仁親王殿下

            インドネシア日本国交樹立60周年記念コンサートご臨席

平成30年6月25日(月) (公務)(単独)

眞子内親王殿下      赴任ホンジュラス大使夫妻ご接見(宮邸)

平成30年6月26日(火) (公務)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            平成30年度次世代日系人指導者会議招へいの被招へい者ご引見(宮邸)

平成30年6月30日(土) (内部)(単独)

眞子内親王殿下       大祓の儀ご参列(神嘉殿前庭)

 

6月は、頑張りましたよ。

1か月で公務3日はすごいですよね。

がんばりました(笑)

9日しか稼働してないですが。

 

<6月> 稼働日数9日(うち、公務3日)

 

 

<7月>

平成30年7月3日(火)(公務)

文仁親王妃殿下並びに眞子内親王殿下

            「第28回セーブ・ザ・チルドレン チャリティディナー」ご臨席及びセーブ・ザ・チルドレン活動概要展示ご覧(アンダーズ東京(港区))

平成30年7月4日(水) (勉強)

眞子内親王殿下     サンパウロ大学教授ご進講(ブラジルご訪問にあたり)(宮邸)

平成30年7月6日(金) (勉強)

眞子内親王殿下    鳥取県知事ご説明(「伯耆国『大山開山1300年祭』記念式典」について)(宮邸)

平成30年7月17日(火) ~ 平成30年7月31日(火)(公務)(単独)

ブラジルご訪問   

 

7月は、海外公務があったので、労働日数は多くなってます。

しかし、めったにない海外公務ですからね。

これで働いた気になってもらっては困りますね。

イギリス王室アン王女(エリザベス2世女王の第二子)は、同じ2018年の1年間で、、公務日数180日、公務回数は、国内445件、海外で85件だそうです。

(勉強)とか(会釈)は、カウントされてないですよ、きっと。

公務で謝礼をもらうという恥ずかしいこともしてないでしょうし、アナ雪鑑賞するのが公務だというデタラメもないと思います。

全部、真面目な公務でカウントされていると思いますよ。

だから

日本のロイヤルは、異常にヒマということです。

これだけ働かないロイヤルというのは、少なくともヨーロッパではあり得ないでしょう。

公務の担い手不足なんていうのは、恥ずかしすぎますよ。

秋篠宮家全員の公務回数足しても、アン王女1人に及ばないのですからね。

 

<7月> 稼働日数18日(うち、海外公務1回、公務1日)

 

 

<8月>

平成30年8月2日(木)(内部)(会釈)(単独)

眞子内親王殿下     宮内庁人事異動者ご会釈(宮邸)

眞子内親王殿下   

ブラジルご訪問からご帰国につき天皇皇后両陛下へご挨拶(御所)

眞子内親王殿下     武蔵野陵及び武蔵野東陵ご参拝(ブラジルご訪問からご帰国につき)

平成30年8月3日(金)(公務)(勉強)(単独)

眞子内親王殿下     新任在京パラグアイ大使夫妻ご引見(宮邸)

眞子内親王殿下    日本手話通訳士協会会長,朝日新聞厚生文化事業団事務局長ご説明(第35回「全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」について)(宮邸)

平成30年8月8日(水) ~ 平成30年8月9日(木)(公務)(単独)

鳥取県お成り(伯耆国「大山開山1300年祭」記念式典ご臨席並びに地方事情ご視察)

平成30年8月10日(金)(公務)(勉強)

眞子内親王殿下    日本工芸会理事長他ご説明(「第65回日本伝統工芸展」について)(宮邸)

眞子内親王殿下     在京ブラジル大使主催食事会ご臨席(ブラジルご訪問からご帰国につき)(在京ブラジル大使公邸(渋谷区))

平成30年8月20日(月) (公務)(単独)

眞子内親王殿下    第65回日本伝統工芸展 日本工芸会総裁賞並びに高松宮記念賞のご選定

平成30年8月25日(土) (公務)?(単独)

眞子内親王殿下     「第35回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」ご臨席,高校生出場者等とのご歓談及び特別プログラムご覧

 

7月忙しかったから、8月は夏休みですね。

しかし

1か月で5回も公務してしまいました。

マズイです。働きすぎました。

それでも、稼働日数はトータル7日ですが(笑)

けど、1か月に5回も公務したら、夏休みとは言えません。

夏休みは、9月へ持ち越したようですね。

 

<8月> 稼働日数7日(うち、公務5日)

 

 

<9月>

平成30年9月3日(月)(公務)(会釈)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            国際協力機構(JICA)海外派遣専門家ご接見(宮邸)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            宮内庁人事異動者ご会釈(宮邸)

平成30年9月7日(金)(内部)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            皇太子殿下フランスご訪問につきお見送り(東宮御所

平成30年9月15日(土) (内務)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            皇太子殿下フランスご訪問からご帰国につきお出迎え(東宮御所

平成30年9月21日(金)(公務)?(単独)

眞子内親王殿下    第65回日本伝統工芸展展示ご覧

眞子内親王殿下    第65回日本伝統工芸展授賞式・レセプションご臨席

平成30年9月23日(日) (内部)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            秋季皇霊祭の儀及び秋季神殿祭の儀ご参列(皇霊殿・神殿)

平成30年9月28日(金)(勉強)

眞子内親王殿下         新潟県副知事,環境省審議官他ご説明(「佐渡トキ野生復帰10周年記念式典」について)(宮邸)

 

7月は、月の半分くらい働いでしまいましたからね。

激務でしたから、まだまだ休養が必要ですよ。

なので、9月に入っても夏休みは続きます。

最近は、9月も暑いですからね。働けませんよ。

これで、月給100万円以上もらえるということです。

 

<9月> 稼働日数6日(うち公務2日)

 

 

<10月>

平成30年10月1日(月) ~ 平成30年10月2日(火)(公務)(単独)

福井県お成り(第73回国民体育大会ご臨席,併せて地方事情ご視察)

平成30年10月3日(水) (会釈)

眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            宮内庁人事異動者ご会釈(宮邸)

平成30年10月6日(土) (鑑賞公務)(単独)

眞子内親王殿下    「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2018」ご臨席

平成30年10月14日(日) ~ 平成30年10月15日(月)(公務)(単独)

新潟県お成り(「佐渡トキ野生復帰10周年記念式典」ご臨席,併せて地方事情ご視察)

平成30年10月20日(土) (内部)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            皇后陛下お誕生日につき祝賀,ご祝宴(宮殿)

平成30年10月23日(火) (内部)(単独)

眞子内親王殿下     眞子内親王殿下お誕生日につき天皇皇后両陛下へご挨拶(御所)

平成30年10月26日(金) (公務)(単独)

眞子内親王殿下      第66代ホノルル桜の女王,ホノルル日系人青年商工会議所理事長他ご引見(宮邸)

平成30年10月29日(月) (勉強)

眞子内親王殿下      都市緑化機構理事長,第一生命財団理事長,国土交通省都市局長ご説明(第2回「みどりの『わ』交流のつどい」について)(宮邸)

平成30年10月30日(火) (内部)

秋篠宮同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

 守谷慧様・絢子様ご結婚披露晩餐会ご出席(ホテルニューオータニ千代田区))

 

涼しくなりました。

今月は、なかなか働いてます。

1か月に11日も活動するなんて破格ですよ!

皇族的には、過労死レベルですね(笑)

今月は、働きすぎましたね。

休みが必要です。

 

<10月> 稼働日数11日(うち、公務3回、鑑賞公務1日)

 

 

<11月>

平成30年11月9日(金)(公務)

文仁親王同妃両殿下並びに眞子内親王殿下

            園遊会赤坂御苑

平成30年11月16日(金) (勉強)

眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            鳥取県知事ご報告(「伯耆国『大山開山1300年祭』」及び「第5回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」について)(宮邸)

平成30年11月19日(月)(公務)?(単独)

眞子内親王殿下       「第2回みどりの『わ』交流のつどい-都市の緑三賞表彰式-」ご臨席(明治記念館(港区))

 

先月は、働きすぎました。

1か月に11日も働くのは、ブラックです。

今月は、休まないと体がもちません。

秋休みです。

いいな、秋休み。

これでも、月給100万円以上もらえるということです。

 

<11月> 稼働日数3日(うち公務2日)

 

 

<12月>

平成30年12月7日(金)(公務)(単独)

眞子内親王殿下       第3回外交団鴨場接待(新浜鴨場)

平成30年12月9日(日) (内部)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            皇太子妃殿下お誕生日につき祝賀(東宮御所

平成30年12月17日(月) (内部)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            賢所御神楽の儀(賢所

平成30年12月23日(日) (公務)(内部)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            天皇誕生日祝賀の儀,宴会の儀,茶会の儀(宮殿)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            天皇誕生日一般参賀(宮殿)

平成30年12月27日(木) (内部)

文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下並びに佳子内親王殿下

            午餐(皇族・元皇族・ご親族(歳末につき))(宮殿)

 

12月は寒くなりますから。

寒いときに、働くと体に悪いです。

これでも、月給100万円以上もらえますから。

ここは、大事をとって、仕事セーブしましょう。

健康第一ですね(笑)

 

<12月> 稼働日数5日(うち公務2日)

 

 

異常に仕事をしない日本皇族

 

2018年の1年間

(会釈)とか(勉強)とかすべてを無理やり含めて稼働日数86日。

公務日数は25日、海外公務1回(15日)、鑑賞公務9日で、計49日

 

ちなみに、同じ2018年のデータで、

イギリス王室ロイヤルの公務数は、

アン王女は、公務日数180日、公務回数は、国内445件、海外で85件

チャールズ皇太子160日間、国内398件、海外含めて507件

ウィリアム王子は120日間、国内150件、海外含めて220件

キャサリン妃は、4月にルイ王子を出産し、半年くらい産休・育休を取ってましたが、公務に取り組んだ日数は50日間以上。国内64件、海外含めて87件。

 

それに比べて

眞子内親王は、たった49日の公務。(海外公務以外では34日

鑑賞公務のようなアルバイトを含めてこの数字。

産休で、半年間休んでいるキャサリン妃よりも働いていない。

しかも、キャサリン妃は3人の子育てしながらの公務ですからね。

もう、明らかでしょう。

日本の皇族は、異常に働かないのですね。

 

眞子内親王は2018年の1年間で

1.50日くらい公務して

2.50日くらい宮中祭祀とかお勉強とかして

3.250日くらいお休み

 

それで年収1200万円相当の金がもらえる。

極楽ですね。

毎日、何をして暮らしているのでしょうか。

逆に、不思議になるくらいですよ。

 

 

で、もうひとつ言いたいのは、

雅子皇后について、「おさぼり」とか「怠け者」とか誹謗中傷していた人々は、じゃあ、秋篠宮家の人々は、どれだけ働いているのか考えたことあるのですか?

年間250日以上休みなのだから、世間一般常識からすれば、もう似たようなものですよ。

それを雅子皇后については猛バッシングして、秋篠宮家のメンバーは称賛し続けるというのは、意味わからないですね。

私は東宮派でも秋篠宮派でもないけど、この異常なアンバランスは、とても不自然だし、そうやって秋篠宮家を増長させたことが、今日のマコムロ騒動へつながっているのではないかと疑ってます。

 

 

さて、

皆さまも、真相がよくわかったことと思われます。

イギリス王室の高位王族は働き者ですが、それでも税金(王室助成金)の無駄使いを厳しく追及されます。

ところが、日本のロイヤルは、破格の大金を受け取って、よくわからないアルバイト公務して、全部、ブラックボックスの中へ隠してます。

会計監査もなし。

秋篠宮家を批判するメディアは皆無。

だから

税金泥棒!

という言葉に過剰反応するのには、理由があるということですよ。

後ろめたいことがあるのでしょう。

ぜんぜん

働いて

ないからね。

 

 

冷静に見て、私の考えでは、

秋篠宮家のこの状況が、必ずしも「税金泥棒」とは思ってはいません。

制度の問題だと思ってます。

むしろ、同情している部分もあります。

小室眞子元内親王佳子内親王が、自由を求めるという気持ちは、そんなにおかしな話ではないとは思います。

だって、この状態

皇族に仕事をさせないで飼い殺し

しているようなものですからね。

その代わり、カネは十分に与えようということじゃないですか。

カネで飼い殺しを正当化するということでしょう。

小室眞子元内親王を擁護する気は、ほとんどないですが、そういう事実関係は冷静に把握するのが、当ブログの方針です。

税金泥棒!

この言葉に過剰反応するのには、複雑な意味があるのでしょう。

皇室という制度に根本的な問題があると思います。

 

ただし、

これだけ働いてないのに、国民を敵視するのは筋違い。

ですよ、小室眞子さん。

これだけ働いてないと、「税金泥棒」と言いたくなる国民が出ても不思議はありません。言葉が不穏当だとしても、批判としてはあり得ます。

だから、雅子皇后も一切、反論せずガマンされたのでしょう。

恨むなら、国民ではなく皇室制度を恨んでくださいな。

さらに

皇室からゴッソリ持ち出すカネは、原資は税金です。国民のカネです。

国民を敵視し、もし、エラソーに制度の犠牲者を主張するなら、

なんで、そんなに働いてないのに、大金がもらえるのか。

説明してくださいな。

制度に反対だけど、制度によってボロ儲けした大金は手放さない。

矛盾してませんか。

国民は敵なんでしょう。

だったら、カネは、置いていってくださいね。小室眞子さん。

憲法に書いてますよ。皇室の財産はすべて国有財産だって。

国民と敵対する人が、国有財産をゴッソリ持ち出すのですか。

汚い話ですね。

また、

皇族が民事紛争へ介入するのは、明らかに限度を超えております。

それは、次にお話しします。

 

 

ということで

長くなりましたので、続きは次回にやります。

今回は、批判がヌルすぎて、読んでて居眠りしそうになった方も多いと思われますが、ご安心ください。

今日の話は、批判じゃありません。

あくまで、事実確認ですよ。

本当の批判はこれからです。

それは次回にやります。

では

今日もありがとうございました。

 

<次回はこちら>

new-lavender.hatenablog.com