ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

ラベンダーの皇室ブログをご支援いただきまして、ありがとうございました。

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

100日連続更新を達成しました!

 

これも、皆さまからご支援いただいたおかげでございます。

ありがとうございました。

100日連続更新に何か意味があるわけではないですが、達成感がありますね。

意味はないけど、うれしいです(笑)

いろいろ励ましていただいたり、お気遣いをいただいたりして、本当に、感謝しております。

本当に、8月、9月、10月と不愉快なことが多かったですからね。

メンタル的に厳しかったですね。

いろんな皆さまから応援いただきましたので、なんとか乗り切ることができました。

ありがとうございます。改めて、お礼申し上げます。

 

 

 

 

国民は無視すると決めた秋篠宮

 

では

100連続更新がどこから始まったかと言えば、7月末ですね。

つまり、7月末に突然の小室圭によるNHK7月リークがあって、そこから書き続けた、ってことでした。

あの時は、10月結婚などあり得ないと思ってましたけどね。

当時、コロナの流行が激しかったので、

年内でも結婚強行は無理だと思ってましたけど、

秋篠宮家は、国民を無視するという暴挙を強行しました

そんな汚い作戦。

予想できませんよ。

すべては秋篠宮家の私事だから、国民の口出しは許さない。

そういうロジックを通すなら、公費を使わないで警備費その他の費用は秋篠宮家の皇族費から負担すべきとは思いますが、今も、平然と小室眞子と小室圭に公費を使いまくってますからね。

不愉快ですよ。

ネット世論は、小室圭の不合格で満足してるかもしれませんが、私は、まったく納得してません。

さらに、追及が必要だと思ってます。

詐称皇室ジャーナリストの山下晋司は、10月結婚という予想が当たって、あちこちで自慢しまくっているようですが、私は予想が外れたことを誇りに思ってますよ。

こんな腐ったやり方。予想できるほうが、どうかしてますよ。

ただ、

私は司法試験不合格説だったので、もし不合格を前提にしたNHK7月リークだとするなら、合格発表までに結婚に持ち込んで皇室コネの発動を狙うというのは、普通にある話なので、警戒レベルを上げて書きまくったということですね。

で、こうなった。

出来ごとが多すぎて、いちいち振り返ることができませんが、

皆さんもそうだと思いますが、最後にニューヨーク州司法試験不合格があったので、気分的には、そんなに悪くはないです。

しかし、先ほど申し上げましたが

全体としてみれば、皇室が治外法権の特権階級だということをまざまざと見せつけられた結果になりました。

だから、

7月末から始まったこの結婚騒動。

結果としては、とうてい満足できるものではなく、課題は、まだまだ多いです。

しかし、良い面もありました。

 

 

ネット世論の影響力

 

今回の騒動で感じたのは、ネット世論の影響力ですね。

もともとリアルの世界でも口コミはある程度の影響力がありますが、ネット世論は巨大な口コミですので、想像以上に影響力があったということでしょうか。

新聞・TVの大手マスコミは、意図的にネットを無視してるようですが、雑誌メディア等はネットの動向を見ながら記事を書いてるようですね。

合格発表とかLSの小室圭プロフィールみたいに、ネットで調べた情報を後追いすることもありましたからね。

そして何よりも、小室眞子さん小室圭さんご本人が、ネットの「誹謗中傷」へ戦いを挑んできたわけですからね。

新聞・TVの大手マスコミの翼賛報道を事件の当事者が無視しているという皮肉な話になりましたね(笑)

改めてネットの影響力を感じましたね。

そして、新聞・TVの大手マスコミは、このままでは国民にとって害にしかならないということも、見えてきた感じがしました。

 

で、私達が何をしたか。

私も含めて、すべてのネット民は無名で微力な存在です。

SNS発信したり、ブログ書いたり、いいね!をポチしたり、一人一人の行動は大したことないですが、結局、その積み重ねが大きな影響を与えたと思います。

特に、皇室問題のように、アンタッチャブルな存在としてリアルメディアがアプローチしにくい分野については、特にネットの有用性を感じました。

しかも

各個人が個人の責任において発信したもの、その多数意見がネット世論という形で影響を与えたとすれば、それはとても民主的なことではないかと。

もはや国民全員がスマホを持って手軽に意見発信できる時代ですから、ある種、直接民主主義的なネット世論形成というのは、とても興味深いですね。

一人一人の小さな努力を集約して大きなパワーに変える。

ネット世論には、そういう可能性を感じました。

今回の件でも、京さんがエライとか、篠原さんがよくやったとか、そういうことじゃないでしょう。個人の力じゃない。

小さな意思表示が積み重なって、こういう大きなハレーションを生み出したのですからね。みんなの力ですよ。

面白い時代になったと思いました。

私も、小さな参加者として、いい経験をしましたね。

 

 

 

嘘つきの多重債務者

 

さて、

今回の騒動で感じることはいろいろありました。

多くの人の衝撃は、小室眞子さんの本性(笑)だったと思いますが、私は小室圭さんの本性も見た感じがしました。

以下は、私の勝手な思い込みなので、くれぐれも信用しないでくださいね(笑)

小室圭さんの人間性についてです。

小室圭さんについては、その人間性が問題になってましたので、ブログ初期のころからいろんな考察を試みております。

おおざっぱには、こんな感じですね。

 

1.意図的な無神経と自己中心的な人間性

2.サイコパス

3.狂ったマイペース説

 

今年の1月くらいは、1番の説(=小室ワールド)で、それが2番のサイコパス説になって、現在は3番の狂ったマイペース説です。

どれも似たようなものではありますが(苦笑)

一応、変遷があります。

で、

今回、一連の騒動が終わりまして、改めて小室圭さんがどういう人物なのか考えてみたところ、また、違う説になりました。

変える意味あるのか、という話は置いといて(笑)

最新の説は

 

嘘つきの多重債務者

 

ですね。

つまり、こういうことです。

たぶん、小室圭さんは、基本的に現実逃避の人なのでしょう。

モラトリアムの人でもいいです。

とにかく、現実の不都合があると、努力して解決しようとしないで、ウソついて逃げてしまう。

そういう展開を続けてきたのだと思います。

ウソをついて、それを正当化するために、さらにウソをつく。

ウソつきの多重債務者のなってしまったということですよ。

借金の多重債務者は、借金の支払いのために借金をして、雪だるま式に借金が膨れ上がって破綻します。

それと同じで、

ウソの多重債務者は、ウソを誤魔化すためにウソをついて、雪だるま式にウソが膨れ上がって破綻するということですよ。

2017年の婚約内定時に、どの程度のウソつきだったかは、よくわかりませんが、最近、報道された小室圭さんのウソを見る限りでは、かなり危険です。

<参考記事>に書きましたが、

〇 メガバンク在籍中に社員表彰を受けていたと偽る

〇 大手法律事務所のインターンに呼ばれていたと虚偽申告。

〇 UCLA留学時に電通アメリカでインターンしたと虚偽申告。

 

というウソ。どれも調べればバレる嘘ですし、バレれば社会的に人から信用されなくなるくらいの悪質なウソです。

特に、弁護士志望の人間が、「大手法律事務所のインターンに呼ばれていた」と業界内でのウソをつくというのは致命的でしょう。

悪質なウソであることは言うまでもないですが、こういう嘘を息を吐くようについてしまう状態というのは、もう、ウソをつきすぎて感覚がマヒしているのですよ。

だから

 

嘘つきの多重債務者

 

と言うのが、今の評価ですね。

で、もしかしたら、

国際弁護士になりたいもウソ

眞子さんを愛してるもウソ

切実に名誉のためのウソ

JD卒業もウソ

司法試験もウソ

全部、ウソかもしれませんよ。

多重債務者だから、もう、ウソつきの制御ができない。

そんな感じを受けました。

あくまで、ラベンダーの個人的妄想です。

くれぐれも、信用なさらぬよう(笑)お願いいたします。

だって

新婚早々、

夫のすべてがウソだった

というのは、

あまりにも気の毒すぎますからね。

 

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

 

 

 

今後の展開予想

 

では、今後の展開ですが、

この嘘つきの多重債務者という話が重要になると思います。

ポイントはいくつかありますが、差し当たって重要なのは

 

小室眞子さんが司法試験不合格をいつ知ったか

 

だと思います。

前にもどこかで言いましたが、論文式試験でもありますし、そもそも学力レベルが足りない場合、不合格はすぐに予想できます。当然、未受験の場合も(笑)

だから

普通に考えれば、事前に小室圭から知らされて結婚を急いだ、と考えるのが合理的ですが、いかんせん小室圭さんは病的なウソつきですからね。

もしかしたら、別のウソをついて結婚を急がせた可能性もあります。

そのウソが何かは想像しようがないですが、もし、その展開だと二重のウソをついていることになりますからね。

そう

司法試験不合格により、いろんなウソが露見する。

小室眞子さんとしては、一気に冷めるかもしれませんね。

彼女、鈍い人のようですが(笑)

ようやく

自分かが今まで利用されてきたことに気づく

かもしれませんよ。

そうすると、一気にジェットコースターのように落下することもあり得るでしょう。

 

それと

JD未修了疑惑ですが

JD未修了でも司法試験を受けられる場合はあるそうなので、JD未修了=未受験にはならないですが、JD修了とあちこちでアナウンスしてますからね。

もし、それがウソだったら、本当に、社会的信用を失うでしょう。

少なくとも、NYで弁護士というのはもう無理でしょうね。

弁護士がウソつきというのは、どの国でも許容されないと思いますよ。

もっとも、私の説では、最初から

小室圭さんに、弁護士なんて絶対無理

ですけどね’(笑)

今後の展開予想は、近々、詳しくやる予定です。

 

 

今後のラベンダーの皇室王室ブログについて

 

ラベンダーの皇室王室ブログ。

皇室王室と言いながら、マコムロ問題しか書いてないですが(苦笑)

しばらくは、他の話題は無理ですね。

マコムロ問題について書きたいことが多すぎて余裕がありません。

たまたま、最近メーガンさんは影が薄いようなので、放置してても問題ないですが、また暴れたらどうしようかと(笑)

まあ、いいです。マコムロ問題に集中します。

いろいろコメントいただき、ありがとうございます。

本当にありがたいですね。元気が出ます。

10月は戦争みたいになってましたので、情報提供ばかり呼び掛けてましたが、情報提供じゃなくても、まったく問題ないです。

ご存じのとおり、ヤフコメ出禁の人が開設したブログですから(笑)

ヤフコメでAIによる言論統制が厳しくなってきて、なかなか意見の表明をする場所がなくなりつつありますので、可能な限り場所を提供できればと思ってます。

繰り返しになりますが

ネット世論は、小さな口コミが膨大に蓄積されてできたものです。

一人一人の力は微力ですが、大きな力になることもある。それを今回の騒動で実感しました。

また、ネットは世界中につながってますから、良い意見とか事実とか、そういうものをどこかに書けば、それが多くの人の賛同を得て無限に広がる可能性もあります。

だから、どんな場でも確保しておくのは重要だと思ってます。

極論すれば、どんな小さな場所でも、自由に発言する場所があれば、そこから放たれた矢で世界を席巻することも可能だからです。

まあ、

基本、ひとりで黙々と抵抗活動するというスタイルでしたので、

コミュニケーションの場という発想はぜんぜんありませんでした。

しかし、私の能力とか努力とか関係なく、結果的に多くのアクセスを集めることになり、注目を集めるブログになってしまいましたので、何か与えられた使命のようなものを感じますね。

人の集合離散をコントロールできませんからね。

実際、皇室関係のブログとかSNSとか、党派的な主張が強くて、一般人が気軽に話できる雰囲気じゃないでしょう。

しかも、こういう言論統制が進むという状況ですから、少しでも多くの方が普通に話せる場所として、自分のブログが役に立てれば、それは正しいことなのかなと、思ったりしています。

だから

特定の主義主張を強く推しだすとか、運動とかするのは、私には合わないので、当ブログの方針としては、楽しくやりたいと思ってます。

私たちは、警察でもなければ運動家でもないので、

そもそも、楽しくないと長続きしませんからね。

だから

大きな基本方針としては

楽しくマコムロ問題をウォッチする

ということを確認したいと思います。

10月は戦争してましたからね(苦笑)

仕方ないとはいえ、殺伐として、良くなかったです。

楽しくやりましょう。

その上で、もちろん

小室親子の野望を打ち砕く

のは、当然のブログ方針でございます。

それはやめませんから、引き続き情報や気づきがございましたら、ご教授いただければありがたいです。

いつでも首は狙ってますよ。

 

 

ということで

100連続達成しましたので、今後は休みながらやりたいと思います。

小室圭さんが、嘘つきのデフォルトを起こして破綻する可能性もなくはないですが、普通に考えれば、ある程度の長期戦が予想されますので、長続きするペースで書いていきたいと思います。

いやあ・・・・・

正直、疲れましたね。今日も昼寝してましたし(苦笑)

休養とって、また、楽しく頑張りたいと思います。

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

ではまた