ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

2014年の結婚未遂騒動のイリュージョン見解

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

11月になりました。

今日は、朝から調子がいまいちで、何もできなかったですね。

10月の緊張が一気に緩んだ感じです。

調子悪かったですね。

今週は、情報取集などに徹して、軽く流す感じになると思います。

ということで

今日は、あまり頭が回らないので、雑談系のイリュージョンを書きます。

根拠がまったくない話ではないですが、ほぼ妄想なので(笑)

その点、ご留意ください。

ただし、わかる人にはわかるという、かなりマニアックな話になります。

それを全部、初心者向けに説明するのは難しいので、難しい話を難しいままする部分がありますこと、ご理解いただければ幸いです。

しかし、しょせんはイリュージョンですから(笑)

そのつもりで、気楽に読んでいただきたいと思います。

なお、10月1日の秋篠宮家の発表と10月26日の結婚会見が話のベースになってますので、必要に応じて、以下の資料をご参照ください。

 

<参考資料1>

new-lavender.hatenablog.com

<参考資料2>

new-lavender.hatenablog.com

<参考資料3>

new-lavender.hatenablog.com

 

 

 

2014年の結婚騒動の流れ

 

マコムロ問題年表(2012~2017)

【2012年】

6月/眞子さまと小室圭がICUの留学に関する意見交換会で親交を開始

7月/眞子さまと小室圭が初デート

8月/眞子さまが英国留学へご出発(2013年7月帰国)

9月/小室圭が米国へ留学。小室佳代とA氏が婚約解消

 

【2013年】

8月/A氏が小室佳代に手紙で約400万円の返金を要求。小室佳代は「月に1万円ほどしか返せない」と返答

秋ごろ/小室母子がA氏の自宅を訪問。借金を返済しない旨が書かれた手紙がA氏に手渡され、小室圭も「贈与だったと認識しています」とその場で発言

12月/小室圭がプロポーズ。眞子さまは「その場でお受けいたしました」

 

【2014年】

3月/眞子さまICUをご卒業

6月/小室圭がICUを卒業。

7月/小室圭、三菱東京UFJ銀行に入行

9月/眞子さまが英国へ大学院留学(2015年9月帰国)

 

【2015年】

 

【2016年】

4月/眞子さま東大総合研究博物館の特任研究員に。小室圭は一橋大学大学院に入学

8月/小室圭が都内の奥野総合法律事務所に勤務をはじめる

9月/眞子さまICU大学院にご入学

10月/『週刊女性』が眞子さまと小室圭の「東急東横線内デート姿」を報道

 

【2017年】

5月16日/NHK眞子さまと小室圭の「婚約内定」を報じ、宮内庁は「準備を進めている」と認める(初めてのNHKリーク)

翌17日/小室圭、勤務先で会見する。

東京都内の勤務先で取材に応じる小室圭
東京都内の勤務先で取材に応じる小室圭

9月3日/眞子さまと小室圭の婚約内定、2人揃って記者会見

11月22日/宮内庁が「納采の儀」と結婚式の日程を発表

12月12日/週刊女性』が佳代の「400万円超借金トラブル」を報じる

 

さて、

2013年末に小室圭がプロポーズして、眞子内親王(当時)はOKした。

そこで、考えてみてください。

眞子さんの性格からして、当然、すぐに結婚をすると宣言したと思います。

両親も学生結婚だったし、問題ないと。

たぶん、卒業が待てないくらい盛り上がったのではないかと。

現在の眞子さんの暴走ぶりからして、黙って、何年もガマンするというのは、考えにくいと思います。

つまり

2014年の初めに、内密に結婚騒動があった

と考えるのが自然だと思います。

といいますか、これはかなりの確信があります。

それを裏付ける発言がこれです。

 

に、一時金をご辞退される理由は何かということについて申し上げます。

眞子内親王殿下は、中学生の頃から身近な方々や、ご自身に関するひぼう中傷と感じられる情報を日常的に目になさり、精神的な負担を感じておられました。

ご結婚について考えられた際には、以前目にされた結婚される皇族に支給される一時金の額が高額であるとの批判が気にかかっておられ、一時金を受け取ることへのためらいを強く感じられました。

一時金を受け取られることで、ご結婚後も批判やひぼう中傷が続き、ご自身が精神的負担を感じ続けることになると思われたためでありました。

そこで眞子内親王殿下は、2014年に、秋篠宮皇嗣同妃両殿下と小室圭氏に、ご自分の気持ちを伝え、相談されました。

眞子内親王殿下は、この時点で一時金を受け取りたくないというお考えを小室氏に伝えていらっしゃったので、小室氏が一時金を目当てに結婚するつもりであるとの一部での言われ方については、おおいに思うことがあったとお聞きしております。

2021年10月1日結婚発表より (太字等はラベンダーによる)

 

明らかだと思いますよ。

「ご結婚について考えられた際には、」

ときて、その後に

「2014年に、秋篠宮皇嗣同妃両殿下と小室圭氏に、ご自分の気持ちを伝え、相談されました。」

とあるわけですから、2014年に結婚問題があって、その時に一時金の話を検討したということですよ。これは誤解のしようがありません。

あとは程度問題です。

結婚問題はあったけど、どの程度の問題だったかということ。

しかし、一時金の話が出るくらいですから、相当、話が進んでいたと解釈するのが自然だと思います。

結婚するとか、しないとか、そういうレベルで話す話じゃないでしょう。

そこで

学生結婚ではカッコつかないから、メガバンクへ小室圭を押し込んだ。

だから、話の流れは、こんな感じと推測します。

 

1.小室圭が眞子さんにプロポーズ

2.眞子さんが、秋篠宮夫妻に結婚すると宣言

3.とりあえず、小室圭をメガバンクへ就職させた

4.しかし、何らかの理由で延期になった

5.眞子さん英国へ大学院留学

 

もちろん、これは勝手な想像です。

でも、この流れは、結構、あり得ると思ってます。

ただ、いろいろ疑問があります。

 

 

 

なぜ延期になったのか

 

秋篠宮殿下と紀子さまが学生結婚しているわけですから、娘の早期結婚を反対する理由はないでしょう。普通なら。

しかし、普通ではないことがあって、延期になった。

それは何か?

いろいろ調査した結果。

小室家に問題があると判断した

と考えるのが自然です。

秋篠宮家はメディアを使って、異常に何度も「小室圭を調査しなかった」と報道させてます。誰も聞いてないのに(笑)

だから、怪しいです。

秋篠宮家が、御用メディアを使って、自分たちに有利な報道をさせている疑いは強いですからね。だから、御用メディアの逆が真相だと思えばいいのですよ(笑)

そう

小室圭を調査したのですよ。

だって、学生なのに皇族女子にプロポーズする男っておかしいでしょう。

当然、調査するでしょう。

調査してNGの判断をした。

ここまでは、そう大きく外れてないと思いますが、ここからですね。

この後の展開の推測が難しいです。

 

一応、イリュージョン見解だしてみます。

後々の結果からして、

眞子内親王が絶対に結婚すると言ってきかなかったのだと思います。

絶対にケイくんと結婚する!

と強行に主張し続けたのでしょう。

だから

問題がありそうだとわかっていたけど、NGにはしなかった。

何らかの理由をつけて延期した。

とりあえず、冷却期間を置くという感じですね。

眞子さんが、冷静になってから説得しようと。

そう考えるのが自然でしょう。

何らかの理由?

ぜんぜんわかりませんが(笑)

考えられるのは、女性宮家ですかね。

結婚するなら、女性宮家制度が出来てからがいいと。

そう説得した可能性はあります。

悩んだ、眞子さん。

ケイくんに相談したら、ケイくんも大喜びでOK(笑)

だから、とりあえず延期した。

ただし

女性宮家で説明するのは簡単なのですが、後の海外移住計画との整合性を取るのが難しいです。

だから、女性宮家説は、そんなに自信はないです。

この延期の理由の推測は難しいですね。

知ってる方いらっしゃいますか?(笑)

ということで

一応、これが2014年の結婚未遂騒動の顛末であったと、勝手にイリュージョン見解出しときます(笑)

イリュージョンですからね。

反論は受け付けておりません(笑)

 

 

1年間の留学の意味

 

さて、

どんどん勝手に決めつけてますが(笑)、結婚延期の後

眞子さんはレスターへ留学するわけですが、もしかしたら、これも意味があったのかもしれません。

秋篠宮夫妻が、冷却期間を置いて小室圭のことを忘れさせようと留学を画策したとする考え方もあるとは思いますが、違うと思いますね。

もう皆さんも、眞子さんがどういう人かわかりますよね。

人の言うことなんて、聞かないですよ(笑)

猪突猛進。

だから、自分で意図を持って英国留学した。

そうすると、

話が見えてきませんか?

 

海外移住を視野に入れていた

 

のではないかと。

海外移住に備えて、語学力を強化したい。

そういう意図の英国留学だったかもしれません。

2014年から、海外移住を二人で計画していた。

今だから言えることですが、

そう考える余地は十分にあると思います。

 

 

早まった海外移住計画

 

で、この海外移住計画。

眞子さんは、こういってますね。

 

小室眞子さん

本日まで、私が公に発言する機会は限られてきました。そのために生まれてしまった誤解もあったと思います。一部の方はご存知のように、婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはありませんでした。例えば、圭さんのお母様の元婚約者の方への対応は、私がお願いした方向で進めていただきました。圭さんの留学については、圭さんが将来計画していた留学を前倒しして、海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました。 留学に際して私は一切の援助をできませんでしたが、圭さんが厳しい状況のなか努力してくれたことを 有り難く思っています。

10月26日結婚会見より(太字等はラベンダーによる)

 

そもそも26歳くらいで、まだ定職についてない男が将来の留学を計画するというのは異常な話だと思いますが(笑)まあ、それはいいでしょう。

これは、とても重要な話がありますね。

まず、

婚約に関する報道

というのは、2017年のNHKの報道のこと。

これは、私の見解では、眞子&小室側が婚約を急ぐために仕掛けたリークだと理解してます。

しかし、自分でリークしたとは言えないので(笑)、公式発言通り、NHKの報道あったから婚約を急いだと言ってます。

まあ、それもいいでしょう。

でもね。

見逃せない点があります。

ここに重要な自白があるのが、わかりますか?

 

1.NHKの報道あったから婚約を急いだ

2.そして、小室圭が将来計画していた留学を前倒した

 

という話ですが、

何か、変じゃないですか?

おかしくないですか?

そう

婚約と留学が密接な関係があること、自白してますよね(笑)

語るに落ちるとは、このことではないですか。

メディアは死んでるからスルーしてますけどね。

これは

婚約と留学には関係ある = 婚約者の地位を使って留学した

って、ことでしょう。

わかりやすい人ですね。眞子さんは。

皇室利用留学を堂々と自白(笑)

楽しい人だ。

まあ、この発言が皇室利用の決定的証拠になるとは言いませんが、少なくとも、疑いは濃くなったと思いますね。

小室圭は婚約者の地位を得て、3000万円留学を実現させた。

改めて、確信しましたよ、私は。

 

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

 

 

ということで

雑談系のイリュージョンでしたが、楽しんでいただけたでしょうか。

今日は、頭が働かないので、適当な妄想しました。

まあ、証拠がある話ではないし、物語としては興味深い話ですが、不正の追及という意味では、あまり深堀りする意味はないと思います。

こういう話は、他にもいろいろあります。

ただ、普通は、人の妄想に興味ないでしょうからね(笑)

皆さんに叱られない程度に、疲れて頭が働かない時に、他のイリュージョン見解もお話してみたいと思います。

今週は、こんな感じで、ダラダラやります。

とにかく100日連続更新したいですね。今日が98日目

もうすぐですね。

最後に、10月のアクセスデータを記録しておきます。

11月は減るでしょうけど、どのくらいの変化があるかによって、世間のマコムロ問題への関心度がわかるかもしれないからです。

関心度が急激に下がってたら、何か大ネタを考えないといけませんからね。

ま、とにかく

先月は、多くのご支援をいただきまして、ありがとうございました。

今月も、どうぞ、ご支援よろしくお願いいたします。

ではまた

 

<10月のデータ>

1か月のアクセス数 181,174

最終週のアクセス数  61,489

1日の最高アクセス数 13,467(10月31日)

異常でしたね(笑)