ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

眞子内親王と小室圭の結婚についての記者発表(予想編)

<今日のスローガン>

 小室圭と小室佳代がVIP無職を続けられるのは、なぜでしょうか?

 

<小室圭の問題は金銭トラブルだけじゃない>

new-lavender.hatenablog.com

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

いよいよ最終週ですね。

たぶん、これでマコムロ問題が終わりになるとは思えないですが、一応の決着がつくということですか。

最近、攻撃に専念してたので(笑)予想がおろそかになってましたが、今日は今後の展開予想をしたいと思います。

一部を除いて、ひと通り結婚前のセレモニーは終わったようですので、これでいろいろ見えてきたと思います。

そして、これが結婚前、最後の状況分析になりそうですね。

 

<第1回の記事>

new-lavender.hatenablog.com

<第2回の記事>

new-lavender.hatenablog.com

<第3回>

new-lavender.hatenablog.com

 

今回の結婚についてのロジックをおさらいしますと

 

1.結婚は秋篠宮家の私事なので口出し無用

2.国民の批判に配慮して、皇室の儀式は行わない

3.眞子内親王の意志により一時金は辞退

 

ということです。

話は単純ですが、なかなか奥が深いですね。

これを前提に、予想をしてみたいと思います。

ただし、秋篠宮家の問題は、後日検討するとして、今回はマコムロに限っての検討をしたいと思います。

 

 

 

 

金銭トラブルについて

 

まだ、わかりませんが、

金銭トラブルは、たぶん未解決になりそうですね。

これは予想外でした。

宮内庁秋篠宮家が、この結婚を実現させるに当たって、結婚に協力する条件として「金銭トラブルの解決」を求めると思ってました。

そのくらいの常識はあると思ってたのですが、結局、結婚協力の条件に「金銭トラブルの解決」を入れなかった。

つまり

皇室の儀式をしなければ、無条件で結婚OK。

という話だったのでしょうか。

だとすれば

宮内庁さん予想外に腐ってますね。

 

まず、今回の結婚実現についてですが

<第1回の記事>(状況把握編)でお話しましたが、

宮内庁秋篠宮家のロジックは、

「結婚」と「皇室の儀式」を切り離して、

 

ア)「結婚」するのに、何の障害もない

イ)「皇室の儀式」は、金銭トラブル等のために行わない

 

ということです。

金銭トラブルなどの問題は、すべて「皇室の儀式」をやらないことでチャラにしたということですよ。

「皇室の儀式」をやらなければ、すべてOK

ということになります。

そんなこと国民は求めたわけではないし、

無茶苦茶な話だとは思いますが

結局、

このロジックは、小室佳代対策ということでしょうね。

小室佳代が真っ黒なのは、秋篠宮家も宮内庁も理解しているでしょう。

仮に、金銭トラブルが解決しても、年金詐欺とか次の問題が出ますよ。

小室佳代さん、1冊の本が書けるくらい、疑惑だらけですからね。

金銭トラブルを相手にすれば、年金詐欺とか反社利用とか全部対応しないといけなくなるのでキリがない、ということでしょうね。

小室佳代の問題に終わりはないので、最初から無視するしかない。

小室佳代の問題を結婚にリンクさせれば、永久に結婚できません(笑)

親の問題で子に責任負わせてはいけないという建前もありますし。

だから、

 

1.金銭トラブルは、小室佳代の問題

2.結婚は小室圭の問題だから、小室佳代は関係なし

3.よって、結婚は問題なし。

4.ただし、国民に不満を考慮して、皇室の儀式はしない

 

というファンタジー宮内庁は考え出したのでしょうね。

一流大学出た官僚たちは、こんな腐ったファンタジーをやるために、役人になったのでしょうか。

結局、秋篠宮家の逆らえないので、秋篠宮家の意向に沿う形でファンタジーを作り出して実行している。

それは、召使ということですか。

行政機関としての誇りはないのですか。

西村長官には期待していたのですけどね。

期待するだけ無駄でしたね。

 

だから

この先、小室佳代の問題がどれだけ大きくなったとしても、

小室佳代の問題であって小室圭には関係ない、

という立場を堅持するものと思われます。

そう

「小室圭」と「小室佳代」の分離。

だから、万が一、

小室佳代への告発状が受理されても、結婚はそのまま行われるでしょう。

小室佳代の問題であって小室圭には関係ない。

それを貫くと予想します。

だから、金銭トラブルが未解決であっても平気なのですよ。

金銭トラブルがどうなろうと、

それは小室佳代の問題

年金詐欺があっても

それは小室佳代の問題

反社利用があっても

それは小室佳代の問題

すべては、小室佳代の問題ということで逃げ切る作戦だと思います。

「小室圭」と「小室佳代」の分離。

それが、今回の結婚実現への最大のポイントですね。

汚い作戦ですよ。

だから私は、逃がさないために、小室圭本人を叩きに行ってます。

他に道はありませんからね。

 

小室圭の経済的な基盤問題

 

言うまでもありませんが、

小室圭の収入で、NY生活を維持できるとは考えにくい。

だから、媚びることしか知らない日本のメディアは、いろんなファンタジーを言ってます。

小室圭年収2000万円を超えるとか、眞子内親王が博物館で働いて年収900万とか、無茶苦茶な話を垂れ流してますが、本当はどうするのでしょうね。

援助なしではやっていけないと思いますが、誰が援助するのか。

どういう援助をするのか。

いろんな選択肢があります。

 

<参考記事1>で書きましたが、皇室経済法の制限があるので、限度額を超えた金銭援助はできません。違法です。

<参考記事2>で書きましたが、民間人になる前に眞子内親王へ億単位の援助金を渡せば、皇室経済法の限度額制限は回避できますが、贈与税がかかります。

秋篠宮家は、違法送金を裏でどんどんやりまくっているとする陰謀論がネットでは多いようですが、社会常識の問題として、違法行為を平気で行うという前提で物事を論することできません。

一般社会へ出せない陰謀論を真剣に論じても意味ないからです。

それは、ネットのアンダーグラウンドでやっていただくしかないですね。

真っ当な批判をするには、あくまで、違法行為をしないという前提で論じる必要があります。その点は、ご理解ください。

さあ、どうするか。

 

<参考記事1>

new-lavender.hatenablog.com

 

<参考記事2>

new-lavender.hatenablog.com

 

さて

どうせ、予想ですから気楽にやりますね。

考えられるのは、以下のとおりです。

 

ア.あえて贈与税を払って、高額援助をする

イ.秋篠宮家からの資金を合法ロンダリングして渡す

ウ.皇室コネを利用して、民間を使って援助する

エ.その他の勢力からの援助

 

それぞれ詳しい内容はありますが、それは結婚後にやります。

ここで、問題にしたいのは、です。

たまたま偶然かもしれませんが、小室圭の就職先Lowenstein Sandlerの入居しているビルは、日系企業等がたくさん入ってるビルだそうです。

Lowenstein Sandlerが、皇室コネによる日系企業案件に期待して小室圭を雇ったと考えれば、それが一番、スッキリした解決策だとは思います。

くどくど説明する必要はないですよね(笑)

で、さらに

小室眞子さんを博物館でも日系企業でも、適当に就職先を見つけて押し込めば、ビザの問題も同時に解決できるので、一挙両得という感じですね。

こういう皇室コネを使った民間活用援助(笑)が明快でしょうね。

ただ、ひとつ気になることがあります・・・

 

 

汚い金に手を出していないか?

 

それは「エ.その他の勢力からの援助」です。

どこまで本当かはわかりませんが、こういう記事があります。

 

www.news-postseven.com

秋篠宮さまが強く不信感を抱かれているのは、“小室さんの背後で糸を引いている存在がいるのではないか”ということだそうです。宮内庁幹部らも同じ不安を持っており、それがどのような人物や団体なのか、神経をとがらせていると聞きます。宮内庁側が幾度となく探りを入れても、小室家側は“お話ししたくない”の一点張りだそうです」(前出・皇室関係者)

 見え隠れする「黒幕」の存在。ご結婚後、“将来の天皇の姉”である眞子さまがそうした勢力にいいように利用されないだろうか──秋篠宮さまの疑念はいま、ピークに達しているという。

宮内庁がここまで小室さんの「背後」の存在に過敏になるのには理由がある。

「小室さんは結婚後、アメリカで眞子さまと暮らす予定です。ですが、社会人経験のない眞子さまの海外生活というのは、宮内庁としては不安ばかりです。ですから宮内庁は、現地での生活を何らかの形でサポートすると、小室さんに申し出ていたようです。ところが、小室さんは、“放っておいてください”という態度だそうです」(前出・皇室関係者)

(中略)

 宮内庁のサポートがなくても大丈夫なのは、ほかに頼れる“あて”があるからだとみる関係者は多い。

秋篠宮さまも宮内庁も、小室さんのそうした反応から、“小室さんをサポートする存在が必ずいる”と懸念を示すようになったそうです。ただ、その存在について小室さんに聞こうとも、“お話ししたくない”の一点張り。“そんな人はいません”と否定しないあたりが、暗にその存在を肯定しているようで恐ろしいのです」(前出・皇室関係者)

(中略)

「もし、誰かしらから金銭的なサポートを受けているのだとしたら、小室さんはその相手に“借り”を作ることにもなります。すると、結婚後は眞子さまがその借りを返さなければいけない状況に陥ることはないでしょうか。その“借り”を材料に眞子さまが利用されるようなことがあってはなりません」(前出・皇室関係者)

女性セブン2021年10月21日号(太字等はラベンダーによる)

 

まあ、メディアは秋篠宮家に忠誠を誓っているので(笑)

秋篠宮家が自分たちが援助するのをカムフラージュするために、こういうアングラ情報をリークして流させた可能性は否定できません。

過去、秋篠宮家は、いろんなリークをやってきたでしょうからね。

しかし

仮に、秋篠宮家サイドからのリークであったとしても、自分たちの援助をカムフラージュするためではない思います。

これくらいの情報流したところで、焼け石に水ですからね(笑)

ほとんど、効果ありません。

祝福派も反対派も、みんな秋篠宮家が援助するものと信じてますよ(笑)

だから、否定リークというよりは、本当に、小室圭のバックに誰かいると疑っている可能性があると思います。

小室圭を援助する外部勢力。

やっぱり皇室ブランドは利用する側からすれば魅力的ですからね。

特に、本物の内親王がついてくるわけですから、それを目当てに小室圭へ「投資」する勢力があってもおかしくないとは思います。

陰謀論ではなく、普通にビジネスとしてあり得るということです。

特に、

宗教勢力にとっては、皇室ブランドは魅力的でしょうね。

小室圭と小室佳代

どんな人かは、ご存じですよね。

前回のジャガーさんの告白にあるように、2012年ごろには、80代の年金暮らしの女性から1万円の寸借詐欺をしたのですよ。

ギリギリの生活だったのでしょう。

それが、眞子内親王と交際してからは、そういう話はゼロ。

小室圭も小室佳代も、ロクに働いてないのに、カネ回りはいいようで。

最近は余裕の無職暮らしをずっと続けてますよね。

おかしいでしょう?

それは、

眞子内親王の援助もしくは、秋篠宮家からの援助と説明されてきたと思いますが、冷静に、そうでない可能性も考慮すべきと思いました。

眞子内親王の援助も無限ではないし、弁護士費用とか、誰が払っているのかもわからないし、いろんな状況を総合すると

誰か外部から小室親子を援助してる

と考えるのが、どんどん自然になってきてますね。

これは、そのうち正体がわかるかもしれません。

結婚に成功したら、謎の援助者は、「投資回収」を要求するでしょうからね。

広告塔にするかもしれないし、皇室コネ発動を要請するかもしれない。

小室圭と小室佳代。

クリーンな人間だと思いますか?

真っ当な人間だと思いますか?

小室佳代は、反社利用が疑われるくらいですよ。

汚いマネーに手を出したとしても、不思議ではないと思いますけどね。

私は、懸念してますよ。

ダークな勢力であればあるほど、皇室ブランドは魅力的ですから。

 

 

職業の問題

 

これは前から言ってますが、

小室圭に弁護士は無理

だと思ってます。

彼は認知が狂ってので、本気で弁護士やれると思ってるかもしれませんが、無理なものは無理です(笑)

 

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

ただし、異常にプライドの高い小室圭さんですから、すぐに撤退することはないでしょう。

7月試験が不合格だったとしても、次の2月試験まではやるでしょう。

その間に、何かコネを使って次の職業をみつけることになると思いますが、問題は誰のコネが使えるかです。

小室圭としては、皇室が何らかの高額バイト(笑)を用意してくれると思ってるかもしれませんが、どうでしょうね。

その点は、まだ考えがまとまってないですね。

素直にテロリストの言いなりになれば、未来永劫手を切れなくなりますし、そうすると悠仁さまの将来にも影響を及ぼします。

だから、縁を切りたいところではありますが、人質がいますからね。

日本に戻って皇室コネというのが、わかりやすいですが、もはや

歴史に残る大騒動

になってしまいましたので、それも容易ではないと思います。

今でも、反秋篠宮勢力を増やし続けているのに、これ以上、民意を逆なですると秋篠宮家がもたない、と普通は考えるでしょう。

普通の判断力があればね。

だから

日米、どちらに永住するかも含めて、今のところ、わからないですね。

なんとなく、日本に戻ってきて、皇室コネ?

わからないですね。

 

ということで

いろいろ予想してみましたが、あまり自信はありません。

なぜなら、

何で結婚会見をするの?

という疑問が解消されていないからです。

何か、意図があるのでしょうね。

でも、わからない。

わかる方がいれば教えてほしいですよ。

いまさら会見して何の意味があるのか?

それが不明なので、今後の予想もハッキリしません。

まあ、会見見れば、いろいろスッキリすると思いますが・・・

別に、楽しみではありませんけどね。

でも、

日本中が大注目する一大イベントになるのでしょうね。

あーあ、気分悪いですが。

私は、あくまで冷静に、コツコツ戦いますよ。

また、よろしくお願いいたします。

 

いよいよ来週は、大騒動ですね。

落ち着いて、気を病まないように、お過ごしくだしませ。

ご覧いただきありがとうございました。

ではまた