ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

小室圭論文コンペ優勝とヤフコメ言論統制

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

仕事しないといけないのですが、ついついネット見てしまいます。。。

速報が二つ

 

www.news24.jp

秋篠宮家の長女、眞子さまと26日に結婚する小室圭さんがアメリカで執筆した論文が、ニューヨーク州弁護士会主催のコンペで優勝したことがわかりました。

ニューヨーク州弁護士会のホームページによりますと、コンペは、学生を対象にしたビジネス法に関するもので、小室圭さんが執筆した論文が優勝したということです。論文のタイトルは、「ウェブサイトへの接続におけるコンプライアンス問題と起業家への影響」です。

小室さんは同じコンペで前回、準優勝していました。

このコンペは、論文の独自性やわかりやすさなどが審査基準で、優勝者には2000ドル、日本円で23万円ほどの賞金が贈られるということです。

表彰式は現地時間の26日にオンラインで開かれる予定で、26日には眞子さまとの結婚会見が控えています。

日テレNEWS24 2021年10月22日

 

前に準優勝だったコンペで、今度は優勝した小室圭。

こんどこそ経歴に載せるのでしょうね(笑)

で、そのコンペのサイトがこちら

 

nysba.org

1st Prize: Kei Komuro, Fordham University School of Law

Compliance Problems in Website Accessibility and Implications for Entrepreneurs” (published Spring 2021 Journal)

 

About Kei

Kei Komuro is a recent graduate of Fordham University School of Law, who counsels entrepreneurs, emerging companies, and investors on venture capital financings, mergers and acquisitions, entity formation, and general corporate matters in the Corporate and the Tech Group at Lowenstein Sandler LLP. He has experience working in Tokyo at both a law firm and a foreign exchange bank where, as a certified securities broker representative, he provided loan and foreign exchange services and prepared financial analyses for non-Japanese corporate clients.”

 

 相変わらず counsels entrepreneurs とか書いてますが(笑)

それはいいとして、大事なのは、これですね。

 

Kei Komuro is a recent graduate of Fordham University School of Law

(小室圭はフォーダム大学ロースクールを最近卒業しました。)

 

これは小室圭の自己申告とは思いますが、一応、卒業したのでしょうか。

ただし、小室圭さんは、

大手法律事務所からインターンに呼ばれていたけど中止になったとか、アメリカの電通インターンしてたとか、調べればすぐにわかるウソをつきながら就職活動をするという異常な人ですからね。

ここでも、病的な虚言癖が出なかったとは言い切れないですね。

ただ、社会常識として、こんなところでウソはつかないので、JD卒業したと解釈するのが自然だとは思います。

「最近」というのが、少し気になりますが。

5月も最近は最近ですが・・・8月も最近ですからね。

まあ、

でも、本当に卒業していたなら、それは立派なことですよ。

ネイティブでもない日本人が、3年のJDコースを2年で卒業ですからね。

彼にそんな実力があるのかな~と疑ってはいますが。

事実なら、これは評価せざる得ないですね。それは真面目にそう思いますよ。

ただし、それで司法試験に合格できるかは別問題ですが。

 

 

あと、

いよいよヤフコメの言論統制が本格化しましたね。

以下の記事ですが、とうとうコメント欄が閉鎖されてしまいました。

 

news.yahoo.co.jp

(違反コメント数などが基準を超えたため、コメント欄を非表示にしています。)

 

news.yahoo.co.jp

コメント欄における言論空間の健全化を目指すため、記事単位でコメント欄を自動的に非表示とする機能を導入することといたしました(プレスリリース)。ここでは、その内容とコメントの自動投稿削除に用いられているAIについて、以下の通りご説明をさせていただきます。

1. 機能の概要
今回開始したのは、一定以上コメント数がある記事のコメント欄を対象に、AIが判定した違反コメント数などの基準に従い、コメント欄を自動的に非表示とする機能です。Yahoo!ニュースでは、過度な批判や誹謗中傷、差別、わいせつや暴力的などの項目に該当する違反コメントをAIが検知して自動削除を行っていますが、このAIについて、ご説明します。(※1)

2. AIについて
(1) 活用するAI
今回、活用するAIは、最先端の自然言語処理モデルとスパコン「kukai」を活用したAI判定モデルで、「Yahoo!ニュース コメントポリシー」のうち、過度な批判や誹謗中傷、差別、わいせつや暴力的などの項目に該当している度合いを総合的に点数化して自動削除するものです。(※2)
なお、ヤフーの親会社であるZホールディングスでは、AI活用によりユーザーのみなさまに不利益を生じさせないよう、AIの倫理的側面からガバナンスルールの検討を開始しており、ヤフーとしても当該検討に加わっております。(※3)

(2)AIの生成プロセス
このAIでは、専門チームがパトロールを行った結果を正解データとして学習し、その判断を再現します。学習の際には、Yahoo! JAPANが持つ大規模テキストデータを言語理解力向上のためにあわせて活用しています。
性能とプロセスの検証を実施し、最新技術を取り入れて、継続的にモデルを改善しています。

(太字等はラベンダーによる)

 

もう、ヤフコメに皇室ネタ書いてもだめですね。

批判的な意見が殺到すれば、1日でコメント欄が閉鎖ですからね。

書く意味ないじゃないですか。

書いても1日で消えるなら、やがて書く人いなくなりますよ。

残るのは、肯定的な意見ばかり。

ここまで、わかりやすい言論統制もないですね。

特に

過度な批判

をNGにしてるということは、解釈しだいで、何とでも言論コントロールできますよ。

たとえば、当ブログでやってる「金銭詐欺」

詐欺の蓋然性が強いから、詐欺だと主張してますが、これは間違いなくNGにされるでしょうね。

過度な批判ということで。

ヤフーという会社は、本当にカネ儲けしか考えてないですね。

ヤフコメを辞めておいて、良かったですよ。

あ、出禁か(笑)

 

またよろしくお願いいたします。

 

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com