ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

ラベンダーの皇室王室ブログ、ご愛読の皆様へご協力をお願いいたします。

<今日のスローガン>

 皇族が「犯罪者」と結婚するのに反対する

 

<小室圭の問題は金銭トラブルだけじゃない>

new-lavender.hatenablog.com

 

こんにちは、ラベンダーです

 

不愉快な状況が続いてますが、私は、まだあきらめておりません。

汚い連中が権力で甘い汁を吸うのは許容できない

単純な話ですが、なかなか壁は厚いです。

 

ここまで来たら、戦い方を変えるしかありません。

連合軍は恥ずかしくなく権力で、やりたい放題やろうとするし。

それを、メディアは批判するどころか、翼賛する。

キレイごと言ってられません。

だから、

私も覚悟を決めました。

最後の勝負は、これでいきます。

 

皇族が「犯罪者」と結婚するのに反対する!

 

これを徹底的に訴えたいと思います。

小室圭の金銭詐欺については、以下の記事のとおりです。

 

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

 

当然、「誹謗中傷」として、私自身が攻撃される可能性も否定できませんが、このまま「犯罪者」が皇室特権によって甘い汁を吸い続けるを黙って見ていることはできません。

歴史と伝統があって、日本人が守ってきた大切な皇室。

 

皇室を私利私欲の道具にはさせない

 

立場の違いを超えて、多くの皆さまの願いであると信じております。

ここは、民主主義で国民主権の国なんだと。

それを秋篠宮家と宮内庁の皆さまに思い出していただくには、

この私利私欲まみれの行為を止めていただくしかないでしょう。

どんな汚いデタラメな民間人でも、いったん皇室から認められると、特権階級のメンバーとして莫大な援助が与えられ犯罪行為すら、問われない。

そんな法治国家を冒涜するよう話が許されて良いものでしょうか。

治外法権の特権階級。

小室親子が許されるなら、

どんな汚い親子でも、特権階級の承認さえあれば、莫大な公費によって甘い汁を吸うことができるのだと。

それでは、特権階級を承認したことになります。

それはできません。

断固として、民主主義国の国民として抵抗しなければなりません。

 

 

だから

私は、あきらめない。

これは、個人の結婚の自由の問題ではありません。

皇室を私利私欲のために利用した汚い企みが成立するかどうかの話。

国民主権、民主主義、自由主義の価値観がかかってますからね。

 

民主主義・国民主権国家における皇室なのか、

特定の個人の私利私欲を満たすために存在する皇室なのか、

重大な岐路に立たされていると思います。

 

だから

秋篠宮殿下に、申し上げたい。

この親子を皇室が承認すること。

秋篠宮殿下には、ご再考をお願いいたします。

小室圭・小室佳代への皇室特権の使用をやめていただきたい。

皇室特権で、犯罪行為がなかったことにされるのは、やめていただきたい。

皇室特権で、違法行為がなかったことにされるのは、やめていただきたい。

皇室特権で、経歴詐称がなかったことにされるのは、やめていただきたい。

皇室特権で、反社会的行為を見逃すことは、やめていただきたい。

皇室特権で、莫大な公金を援助するのは、やめていただきたい。

皇室特権で、課税されるべき税金を脱税するのは、やめていただきたい。

 

小室圭・小室佳代という人物をもう一度お調べいただきたい。

そして、この現実を直視していただいて、ご善処いただきたい。

小室佳代・小室圭には、1円たりとも、公費・皇族費は使わないと宣言していただきたい。

私は信じております。

秋篠宮殿下は、民主主義や国民主権の価値観をリスペクトされていると。

きっと、この違法まみれの親子にNOといっていただけると。

期待しております。

念のため、もう一度申し上げます。

これは、結婚の自由の問題ではありません。

不法まみれの親子を皇室権力で保護するという不正に抗議するということです。

ご再考ください。秋篠宮殿下。

そして

宮内庁の皆様。

このままでは、皇室パワーで、犯罪者親子を免責したことになります。

国民から負託された行政機関である宮内庁が、法治国家であることを放棄したような行為を容認してよいものでしょうか。

ぜひ、陛下を始めとする皇室に皆さま方へ問題提起していただきたいと思います。

小室親子を日本皇室が承認してよいのかどうか。

ご諫言お願いいたします。宮内庁どの。

 

 

 

さて

この問題について批判は、いろいろあります。

しかし、

皇室特権を利用し、犯罪行為・違法行為・虚偽申告・反社会的行為をなかったことにしようとする民間人親子の汚い野望を打ち砕くには、これを訴えるしかありません。

今後はこれでいきます。

 

皇族が「犯罪者」と結婚するのに反対する!

 

そして、この件につきましては、

どうぞ、皆さまのご協力をお願いいたします。

本当に、ご協力お願いいたします。

どんな情報でもいいです。

どんな仮説でもいいです。

どんな記事でもいいです。

気づきだけでもいいです。ヒントでもいいです。

感想とか気分とかでもいいです。

何が、役に立つかはわからないから。

些細なつぶやきが、見えない真実へ導いてくれることは、よくあることです。

だから、何でもいいです。

ぜひ、コメントください。お願いします。

 

 

小室圭の犯罪行為の立証を

さらに完璧ものにするために

 

 

小室圭の犯罪行為を

なかったことにされないために

 

 

どんなことでもいいですからヒントをください。

本当に、よろしくお願いいたします。

 

そう、時間もありませんし、

これに賭けるしかありません。

 

やります!

声を上げます!

 

皇族が「犯罪者」と結婚するのに反対する!

 

と世間に訴えます!

 

最後の勝負はこれでやりたいと思います。

ぜひ、皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

 

2021年10月16日          ブログネーム ラベンダー

 

<追伸>

なお、内容的に公開コメントでは言いにくいことも多いかと思いますので、非公開コメントも大歓迎でございます。

<非公開>と書いていただければ、内容を公開することはありません。

どうぞ、ご協力よろしくお願いいたします。

<さらに追伸>

時間が限られてますので、疑問点はどんどんブログへアップします。

もちろん、それについては私自身も継続して調べますが、お知恵を貸していただければありがたいです。