ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

眞子内親王と小室圭の結婚正式発表

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

正式発表がありました。

 

news.tbs.co.jp 宮内庁は、秋篠宮家の長女、眞子さまと大学時代の同級生の小室圭さんが10月26日に結婚されると正式に発表しました。皇居前から報告です。
 宮内庁は先ほど、午後2時からの会見で眞子さまと小室圭さんが10月26日に婚姻届を提出すると正式に発表しました。お二人はこの日、記者会見も行います。結婚の日付を決めるにあたっては、天皇皇后両陛下にお伺いを立て、上皇ご夫妻にも報告されたということです。

 一般の結納にあたる納采の儀などの行事や儀式は一切行わないということです。その理由については、「秋篠宮さまが多くの人が納得し喜んでくれる状況ではないと判断したため」としています。儀式を行わずに結婚されるのは、戦後の女性皇族で初めてです。
 また一時金については、眞子さま秋篠宮さまと小室さんに辞退の意向を伝え、その後、宮内庁長官にもその意向を伝えていたということです。宮内庁は本人の意向が明らかである場合、政府が支出する義務を負うことにはならないと判断し、支出しないことにしたということです。
 宮内庁によりますと、眞子さまはご自身とご家族や小室さん家族への誹謗中傷と感じられる出来事が続いたことで精神的苦痛を感じ、医師から「複雑性PTSD」と診断されたということです。
 きょうの会見には精神科の医師も同席しました。医師によりますと、眞子さまは2018年、19年ごろから結婚後、平穏で幸福な生活を送りたいという願いが不可能となってしまう恐怖を感じるようになられ、悲観的になり集中力の低下などの症状があるということです。結婚の準備を進めることには支障はなく、誹謗中傷と感じられる出来事が無くなれば症状が改善するとしています。
 また、結婚後のお住まいやアメリカに渡るのかどうか、その時期などについて宮内庁は結婚後の私的なことにあたるとして、明らかにしませんでした。

TBS NEWS 2021年10月1日

 

予想としては、当たった部分もなくはないですが、今回は意表を突かれた部分が多かったですね。

ああ、そう来るんだ・・・って感じでした。

いろんな意味で、意外が多かったです。

 

で、

感想は、いくつかありますが、一番に思ったのは

根が深いな

ってことですね。闇が深いと言い換えることも可能でしょう。

変な言いかたですが、一般の方にとっては、何てことのない発表だと思いますが、マコムロ問題について、ある程度の知識を持つと、いろいろ引っ掛かりますね。

ちょっと、すぐに結論でないので。2~3日情報を集めつつ、皆さまのご意見のうかがいつつ、じっくり頭の中で検討して本格的に論じます。

なので

今日は、論点整理をします。

いろんな問題点をあげてみますので、ご意見いただければ幸いです。

 

<問題点>

 

 

 

 

1.一時金を辞退する理由

 

結婚による一時金を辞退する理由として、以下のような記事がありました。

 

www.news24.jp眞子さまが一時金を辞退される理由について、宮内庁は、 「眞子さま中学生の頃から、身近な方々や自身に対する誹謗(ひぼう)中傷と受け取る精神的負担を感じられていました。結婚について考えはじめた際には、支給される一時金が高額であるという批判が気にかかっておられ、一時金を受け取られることへのためらいを強く感じられました。受け取ることで、結婚後も批判や誹謗中傷が続き、自身が精神的負担を感じ続けることになると思われたためです」 「そこで、眞子さま2014年に、秋篠宮ご夫妻と小室圭氏に自分のお気持ちを伝え相談されました。眞子さま2015年の当時の長官に一時金を辞退できるかについて相談されました。当時の長官は、関係省庁に確認をとったわけではないため、個人的な見解だが、一時金の辞退は難しいのではないかとの見解をしめしました。眞子さまは一時金の制度そのものに異論をおもちではありません。ただ、ご自身の精神的負担を無視できないと感じられたということです」 「眞子さまの結婚に関する自身と家族、お相手への誹謗中傷と感じられる体験は、以前から感じられていた精神的負担や一時金を受け取りたくないという思いがいっそう強まられたと聞いております。眞子さまはあらためて一時金を辞退できるか本格的に検討してほしいと宮内庁長官に伝え、その際、一時金を辞退できない可能性があるという元の長官の考えをふまえ、受け取る場合は寄付する旨を長官に伝えられました。以上のような経緯で一時金をご辞退されます」 と説明しています。

日テレNEWS24 2021年10月1日(太字等はラベンダーによる)

 

これは、もう完全に予想外の話ですね。

2014とか2015年って、婚約内定前ですよ。

婚約内定前に、一時金辞退の話をしてたの?

これは、ミステリーですね。

正しく理解するには、マコムロ問題についての知識が必要となるので、マコムロ・ウォッチャーの皆様は、挑んでくださいませ。

上級向けの論点だと思います。

ちなみに、私ラベンダー。

現状では、ぜんぜん意味わかってません(苦笑)

正直、さっぱりです。ははは

わからないなあ・・・

もしかしたら、マコムロ問題以外の皇室知識が必要なのかもしれません。

皆さまのご解読に期待しております。

 

 

 

2.儀式をしない理由

 

先ほどの日テレNEWS24から、もう一度引用しますと

 

宮内庁によりますと、納采の儀などの儀式や、結婚式や披露宴など家と家との儀式や行事はされないということです

理由については、以前、秋篠宮さまが記者会見で、小室家の金銭トラブルといわれていることについて、問題がクリアされ、多くの人が納得して喜んでくれる状況にならないと納采の儀などはできないとのお考えを示されていたものの、現状、喜んでもらえる状況にはないと判断されたということです。

日テレNEWS24 2021年10月1日

 

昨日、解説したとおり、

多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況

眞子内親王&小室圭はこの条件をクリアすることはできなかった。

だから、儀式なし結婚になった。

そういう意味では、表面的には予想どおりなのですが、これは内容的には思いっきり予想外でしたね。

何が、予想外だったか?

つまり、条件クリアできないから儀式なし結婚というロジックは、それはそうなるとは思ってましたよ。

しかし、山下晋司風に言えば、儀式なし結婚という皇室の歴史の汚点ともいえる措置、それを実行するのに、何の説明もなく、いきなり「喜んでもらえる状況にはないと判断」したからやめるって・・・

これは、絶句しますね。

何かタテマエをもってくるでしょう。正当化する理由とか。

そういう建前とか説明とか一切なしで、儀式なし結婚を強行ですからね。

もしかして、秋篠宮殿下は、国民にケンカ売っているのですか?

皆さん、どう思われます。

私は、これはないな・・・って感じですね。

 

ちなみに、陛下に関係する儀式もないようです。

 

www.fnn.jp

秋篠宮家の長女・眞子さまは、10月26日の結婚前に、おひとりで、天皇皇后両陛下や上皇ご夫妻のもとを訪れ、あいさつをされることになった。

小室さんは同席しないという。

宮内庁の西村泰彦長官が明らかにしたもので、眞子さまは、結婚前に、おひとりで、両陛下や上皇ご夫妻のお住まいを訪れ、私的な形で結婚のあいさつをされ、小室さんは同席しないという。

また、結婚の日程については、両陛下や上皇ご夫妻にも報告が済んでいて、両陛下は、これまでの眞子さまの皇族としての活動をねぎらい、眞子さまの幸せを心から願われているという。

 

 

 

3.眞子内親王複雑性PTSD

www.asahi.com

 宮内庁は1日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚発表の中で、眞子さま複雑性PTSD心的外傷後ストレス障害)と診断されていたことを明らかにした。

 会見には宮内庁幹部のほか、精神科医の秋山剛・NTT東日本関東病院品質保証室長が同席。秋山氏によると、眞子さまは2018~19年ごろから、「平穏で幸福な生活を送りたいという願いが、不可能となってしまう恐怖を感じるようになられた」という。眞子さまの結婚は、18年2月から延期されていた。

 複雑性PTSDによって公的な活動や、結婚の準備に支障はないという。秋山氏は「周囲の方々の温かい見守りがあれば、健康の回復は速やかに進むと考えられる」としている。

 宮内庁は1日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚発表の中で、眞子さま複雑性PTSD心的外傷後ストレス障害)と診断されていたことを明らかにした。

 会見には宮内庁幹部のほか、精神科医の秋山剛・NTT東日本関東病院品質保証室長が同席。秋山氏によると、眞子さまは2018~19年ごろから、「平穏で幸福な生活を送りたいという願いが、不可能となってしまう恐怖を感じるようになられた」という。眞子さまの結婚は、18年2月から延期されていた。

眞子さまの「複雑性PTSD」について全文

【「複雑性PTSD」の診断】

 眞子内親王殿下は、ご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとを、長期にわたり反復的に体験された結果、「複雑性PTSD」(複雑性心的外傷後ストレス障害)と診断される状態になっておられます。

 PTSDでは、強い恐怖を感じるトラウマの体験のために、トラウマを想起させる出来事の回避、何らかのきっかけによるトラウマの再体験、些細な刺激で強い脅威を感じるといった症状が起こります。

 「複雑性PTSD」は、ICDの第11版で、2018年に新しく導入された診断名です。この診断名は、PTSDと診断されていた方の中で、長期的に反復する、逃れることが難しい人為的なトラウマを体験していて、「自分には価値がないと思い込む」「感情が不安定になる」「他の人との関係を避けてしまう」といった持続的な症状のみられる方を特徴づけるために導入されたものです。「複雑性PTSD」は新しい診断名ですので、現在PTSDと診断されている方の中にも、実際には、「複雑性PTSD」の診断に該当する方がかなりおられると思います。

 「複雑性PTSD」は、言葉の暴力、例えば、ネット上の攻撃、いじめ、ハラスメントなどでも起こります。こういったトラウマを体験すると、どなたでも「複雑性PTSD」になる可能性があります。ネット上の攻撃、いじめ、ハラスメントなどのために、尊い生命が失われていることは、みなさまよくご存じの通りです。

【症状と経過】

 眞子内親王殿下は、ご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する、誹謗中傷と感じられるできごとが、長期的に反復され、逃れることができないという体験をされました。このため、2018~19年頃から、誹謗中傷を正すことが難しい、状況を変えることが困難であるという無力感を感じる状態で、ご自分達の人間としての尊厳が踏みにじられていると感じ、また、結婚後、平穏で幸福な生活を送りたいという願いが、不可能となってしまう恐怖を感じるようになられたと伺っています。このため、ご自分を価値がないものと考えられたり、感情が揺さぶられたり、以前に比べると他の人との関係を避けてしまうことがおありになったようです。

 後には、誹謗中傷と感じられる内容を目にした場合はもちろん、例えば、特定の文字を見ると、実際には関係のない内容であっても、恐怖感を再体験(フラッシュバック)することがあったと伺っております。ある時期からは、誹謗中傷と感じられるできごとに関する刺激は、できる限り避けていらっしゃるとのことです。加えて、人生が壊されるという恐怖感が持続し、悲観的になり、幸福感を感じるのが難しい状態になっていらっしゃいます。このため、些細な刺激で強い脅威を感じられたり、集中困難、焦燥感、無気力といった症状も、おありのようです。皇族のお立場として、公的なご活動には精一杯の力を尽くしておられ、私的なご勤務なども継続されていましたが、日常的に、非常な苦痛を感じられることが多いと伺っております。

【「複雑性PTSD」の状態とご結婚について】

 眞子内親王殿下におかれましては、公的な活動などもなさっていらっしゃるように、判断力には影響が生じておりません。結婚の準備を進めることにも支障はありません。

 結婚されることで、眞子内親王殿下のご結婚に関する、ご自身とご家族およびお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとがなくなれば、「複雑性PTSD」の改善が進むと考えられます。ご結婚について、周囲の方々からの温かい見守りがあれば、ご健康の回復がさらに速やかに進むものと考えられます。

 文責:秋山剛

NTT東日本関東病院品質保証室長 元精神神経科部長

公益財団法人こころのバリアフリー研究会 理事長

世界精神保健連盟 次期理事長

朝日新聞デジタル 2021年10月1日

 

ここでの問題点は

 

1.このタイミングでのPTSDの発表は適切なのか?

2.NYでの今後の生活などは、私事としてノーコメントなのに、なぜ、PTSDという究極の私事は話すのか?

3.批判と誹謗中傷の区別をせず、すべての批判を誹謗中傷扱いして排除することは、結局、言論統制ではないのか。

 

そういう問題点を感じました。

こういう状況ですから、メンタルヘルスが厳しいことになるのは、否定のしようもありません。

ただ、それを利用していると取られる行動はどうかと思います。

メンタルヘルスの不調で苦しむ人は、世の中に山ほどいます。

社会では、メンタルヘルスの不調を理解してくれないことが多いです。

メンタルヘルスの不調を「被害者アピール」「おさぼり」「いいかげんな人間」とか決めつけられて、2次被害、3次被害にあう人も多いです。

うつ病を理解されないで、絶望して自殺する人もたくさんいます。

もし、眞子内親王が、皇族として公人としての意識があるのなら、こういう「被害者アピール」場面でそれを告白するのではなく、きちんとした場面で問題提起すべきだと思います。

結局は、最後の最後まで、自分のことしか考えられない人。

そんな印象を強く持ちました。

とても残念としか言いようがありません。

 

なお、このPTSDについては、以下の記事にあるとおり

 

news.tv-asahi.co.jp宮内庁はなぜこの時期に結婚するのかについて次のように発表しました。  「時期は当初は去年の予定だったが、コロナなどの状況を鑑みて慎重に考えてきたが、眞子さまご自身とご家族、相手、相手家族への誹謗(ひぼう)中傷が続き、眞子さまのトラウマになり、複雑性PTSD心的外傷後ストレス障害)になるほどの苦痛を感じられている」としています。  そのうえで「眞子さまがこれ以上これが続くのが耐えられないとして、秋篠宮さまご夫妻は天皇皇后両陛下に相談したところこの結婚になった。上皇さまにも報告されている」としています。

テレ朝NEWS 2021年10月1日(太字等はラベンダーによる)

 

PTSDが今回の結婚強行の理由になっております。

もう、ロジックの無茶苦茶感が半端ないですね。

呆れましたよ。

苦痛は、本当だと思いますよ。それは多くの国民も疑わないでしょう。

でも、苦痛に耐えられないから結婚って

ぜんぜん意味わかりませんけど?

なにか

残念な人って感じですよね。

悪意で行動しているようには、見えませんが、

それでも、いろんな意味で残念ですよ。

また、考えをまとめて書きたいと思います。

 

 

 

ということで

1.一時金を辞退する理由

2.儀式をしない理由

3.眞子内親王のPTSD

この3つが、今回の発表の大きな論点になると思われます。

ただし、

相変わらず、隠された重要な論点があります。

それは、昨日お話したとおり、今後の眞子内親王&小室圭の処遇です。

公費で警備するのか。

皇室関係者として認めるのか。(皇室コネが使えるのか)

秋篠宮家が私的に援助するのか。

常識外れの高額な祝い金はもらえるのか

そういう点について、どうなるか注視していく必要があります。

たぶん、上記疑問点については、何もコメントしないと思われます。

だから、行動を見ながら、適当な批判が必要になりますね。

 

月曜日くらいには、本格的な批判ができると思います。

いろいろ、ご意見やご見解、ご情報、ご協力よろしくお願いいたします。

情報を整理し検討してから、本格検証いたします。

 

今日もありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。