ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

マコムロ問題論点リストを作成しました

<今日のスローガン>

小室圭に国費でSP警備がなされていないか、メディアは調査すべし

 

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

今日は、日曜日ですので、軽く。

さて、いよいよ明日からは、小室圭を追いかけまわすマスコミの狂乱を見ることになりそうですね。

いわゆるマスコミと言われる大新聞とかTVは、通常、マコムロ問題の調査報道しないし、ロクに批判もしないし、無批判に皇室を持ち上げるだけです。

にもかかわらず

小室圭を追いかけまわすという、無意味かつ無駄な報道には、多くの人とカネと時間を投入するのですね。バカかい。

NYへ人を出すなら、無意味な「スクープ」じゃなく、国民の税金が使われているかもしれない警備費問題を調べろってことですよ。

権力批判を放棄して、バカ騒ぎしかできないマスコミを持つ国は不幸。

これでは腐敗は止まらない。

この1か月は、ウンザリすることが予想されます。

皆さまも、どうぞ、お気を安らかにお過ごしください。

 

ところで

連中の狙いはミエミエでしょう。

情報洪水に踊らされて、メディアとSNSが大騒ぎする間に、

真っ当な批判がかき消されて、やりたい放題できる。

だから、

当ブログは、そういう展開から距離を置いて、

なんとか連中を困らせる方法はないかと日々考えております。

そこで、

原点に返って、マコムロ問題の論点を抽出し、連中を困らせる批判を考えたい。

できれば、多くの一般の方にも知ってもらえるようにしたい。

そういう情報整理をしてみたいと思います。

たぶん、いろいろ情報抜けがあったりすると思いますので、どんどんご指摘、ご訂正いただければ幸いです。

 

 

<マコムロ問題論点リスト>

眞子内親王&小室圭の結婚問題)

 

(このリストの趣旨)

このリストは、マコムロ問題の本質が、金銭トラブルだけでなく、もっと根深いものであるということを一般の方々へ知ってもらうために、リスト化し整理しようという試みです。

その趣旨をご理解いただき、ご強力いただければ幸いです。

 

(注1)金銭トラブルは、当ブログで何度も申し上げている理由により(深入りすると相手の利益になるということ)、簡単に流しております。

(注2)小室佳代関係は、今日はスルーさせていただきます。後日、加える予定です。

 

 

 

小室圭関係

 

1.メガバンクコネ入社疑惑

メガバンクに皇室コネで入社したのではないかという疑惑

(不審点)

〇 新卒一括採用ではない、イレギュラーな時期に入行

〇 1流大学卒でもないのに、いきなり丸の内支店の法人営業に所属

  (眞子内親王の勤務先のインターメディアテクと近い)

2.一橋大学大学院関係疑惑

(ア)入学資格を満たしていない(社会人経験2年)のではないか?

(イ)ICU奨学金の返済もあるのに、どこから学費を捻出できたのか?

(ウ)誰も小室圭を見たことない疑惑(なぜ、卒業できたのか)

 

3.婚約内定関係

(ア)2013年にプロポーズしたのに、2017年に婚約内定は遅すぎる

(イ)事前にNHKが情報をつかんで報道したのはなぜか?

(ウ)NHK報道の翌日、わざわざ小室圭が会見を行ったのはなぜか?

(エ)婚約内定後、フォーダム大学留学が決まったのは偶然なのか?

 

4.金銭トラブル関係

(ア)そもそも、いつまでも解決しないのはなぜか?

(イ)「母親の」金銭トラブルと全社報道されていたにもかかわず、発覚から1か月という短い期間で婚約延期になったのはなぜか?

(ウ)秋篠宮殿下が、「それ相応の対応」を求めたにもかかわらず、長期間無視&放置し、今も未解決というのは許される態度なのか?

(オ)天皇陛下がこの件についてお言葉を述べられたにもかかわらず、今現在においても、そのお言葉を完全無視し続ける態度は許されるのか?

 

5.フォーダム大学留学関係

(ア)金銭トラブルを放置して留学決行したのはなぜか?

(イ)過去に例のない、フォーダム大学初の学費等全額免除という破格の奨学金が与えられたのはなぜか?

(ウ)LLMからJDへ転入するという、本来は禁止されているコースでの留学が認められたのはなぜか?

(エ)留学中の生活費等を奥野法律事務所が負担したのはなぜか?

(オ)留学中のSP警備費用は誰が負担していたのか?

 

* 本来は3年間で総額3000万円くらいかかるとされる費用。

 新人事務員の小室圭は、何の負担もなく実現することができた。

 

6.その他

 

(1)小室圭は、中学・高校生時代に長年、いじめの加害者を続けていた。

   特に、高校生にもなって女子をいじめの標的にするという卑劣さ

 

 

 

眞子内親王関係

1.金銭トラブル関係

皇族が私人の金銭トラブルに積極介入するのは許されるのか?

 

2.お気持ち発表

天皇陛下が自分たちを支持している、と読めるような印象操作をすることが許されるのか?

 

 

ということですが、

もう一度、このリストの趣旨を申し上げますと

このリストは、マコムロ問題の本質が、金銭トラブルだけでなく、もっと根深いものであるということを一般の方々へ知ってもらうために、リスト化し整理しようという試みです。

一般の方々に知ってもらうことで、金銭トラブル以外の批判が盛り上がることを目指しております。

その趣旨をご理解いただき、情報提供等、ぜひ、ご協力いただければ幸いです。

まだまだ、どんどん付け加えます。

ただし、そういう趣旨ですから、根拠の薄い陰謀論は採用できません。

陰謀論は、一般大衆がひいてしまいますからね。

それでは、マコムロに利することになるだけ。

多くの一般の方々に納得いただけるような批判を盛りあげること。

それが、マコムロ&宮内庁連合軍を困らせることになると思います。

どうぞ、ご協力いただければ幸いです。

 

ということで

リストは作りはじめなので、まだ、少ないですが、

ここにたくさんの疑惑を詰め込んで、一般の方々にもご納得いただいて、

金銭トラブルだけじゃない

眞子内親王と小室圭のやってることは、おかしい

という流れを作って、私は抵抗したいと思います。

ゲリラ戦を戦うには、民衆の支援が必要ですからね。

よろしくお願いいたします。

 

今週もありがとうございました。

来週は大騒ぎになります。

情報洪水に呑まれないで、当ブログは真っすぐに首を狙います。

ご支援いただければ幸いです。

ではまた