ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

眞子&小室圭 NHK9月リークの検討(理由編)

こんにちは、ラベンダーです。

 

昨日のNHK9月リーク。

私自身はまあまあでしたが、ネット世論としてはショックでしたね。

やる気なくして、マコムロウォッチをやめる人も出てくると思います。

もともと、私の場合は皇室マニアではないので、メディアや皇室ウォッチャーがやらない批判を独自に黙々と書いてきました。

たまたま、小室28枚文書以降、賛同していただける方が増えたとは思いますが、基本は、孤独にコツコツ抵抗してきただけです。

だから、またこれで、そういう孤独な戦いに戻るだけかなと。

元に戻るだけだから、特にショックということはないです。

ただ、以前と違って多くの方の励ましをいただいておりますので、以前ほどは孤独感が強いということはないですね。

今年の2月あたりは、砂漠に水を撒いているような感じでしたからね。

それから考えれば幸せもいいとこですよ。

皆さまのご支援、とてもありがたく思っております。

ま、気を取り直して、

コツコツ書いていきたいと思います。

で、今日は分析します。

分析しないと、相手を困らせる的確な批判ができませんからね。

まずは分析です。

 

 

 

 

誰がマコムロをサポートしているのか

 

まず、大きな前提として、これだけリークが続くということは

眞子内親王&小室圭には広報担当者がいる

のは、間違いなさそうですね。

NHK7月リークは小室圭、読売リークは眞子内親王が主導したと思いますが、現実に彼らが新聞社などに電話して動くわけじゃないでしょう。

実務的に、彼らの代わりに動く人間が必要です。

共同リークは少し意味不明ですが、その他のリークは情報が整理され、イメージが考慮されたプロの仕事のように感じました。

だから、個人なのか、チームなのかは不明ですが、そういうPRを担当する人物がマコムロ側にいる可能性は高いと思います。

まあ、イギリス王室などでも、PR会社と契約したり、王族が個人でSNSマネージャーを雇ったりして、PR戦略・イメージ戦略をプロに任せるのは、当たり前に行われているので、日本でもあると思います。

もっとも、PR会社ではないでしょう。個人のPR担当者を雇うくらい。

どちらにせよ、今の時代、そういう人がいないと考える方が不自然だと思います。

 

で、問題はここからですが

PR担当・イメージ戦略担当がいたとして、その人はどこから来たのか?

マコムロが個人的に探してきて雇うのは、能力的にも費用的にも無理ですから。

 

1.宮内庁

2.秋篠宮

3.上皇

 

考えられるのは、この3つくらいでしょうか。

情報不足なので特定はできません。

それぞれ、検討してみます。

 

1.宮内庁

宮内庁の職員が、マコムロのPR担当になってリークを仕切っている、と考えるのは有力だと思います。というか、普通は、これが正解でしょうね。

ただし、宮内庁がマコムロの意見を聞いたとしても、それをそのまま実行することは考えられず、皇室側と相談して内諾を得ないと、リークという行動はできないと思います。

だから、現場で動いているのは、宮内庁の職員であったとしても、誰か皇室の有力者の意思が反映されていると思われます。

 

2.秋篠宮

冷静に見て、秋篠宮殿下がリークを主導していることは考えにくいです。

安積明子さんへの批判のところで書きましたが、このタイミングでリークしたとすれば、皇族として終わってます。

さらに、マコムロの結婚をバックアップするという意味でもありますから、今までの騒動は一体何だったのか?ということにもなりますね。

空前絶後の無責任ですよ。

さすがにあり得ないと思うのが自然ですね。

しかし、どうでしょう・・・

この展開だと、そうとも言えないかもしれませんね。

読売リークはやってないと思われます。やるなら朝日でしょう。

しかし

このままでは秋篠宮家批判が強くなりすぎて、弟の将来に影響を及ぼしかねないので、早く厄介払いしたいからマコムロに協力する、と方針転換した可能性はあります。

リークそのものは、マコムロ側がやった。しかし

リークはやってないけど、そのリークは秋篠宮殿下公認であると。

それも空前絶後の無責任ですよ。

でも、あり得ると思います。

といいますか、

メディアが、この険しい状況において秋篠宮家を無視してリークを実行したら、秋篠宮家の怒りをかって、間違いなく報復されると思います。

新聞もTVもそれはやれないでしょう。

だから、

秋篠宮家が事前に知らないリークというのは考えられない。

誰がリークしても、情報はすべて伝わる状況だと推測してます。

 

3.上皇后さま

秋篠宮夫妻が、小室親子との対決姿勢を崩してないと仮定した場合。

眞子内親王をサポートするのは、消去法で上皇后さましかいないでしょうね。

秋篠宮家を無視して行動できるのは、この方しかおられません。

小室圭が気に入らなかったとしても、眞子内親王から頼まれれば、可愛い孫のためですから、必要な援助はすると思います。

ホントにしたどうかはわかりませんが、眞子内親王がリークしたいと思って上皇后さまに相談すれば、それは普通に実現すると思いますね。

上皇后さまなら、宮内庁を動かすのも簡単にできるでしょうしね。

だから、リークについては、どうにでもなる話ですが、問題は皇室コネ

いくら孫が可愛いとはいえ、小室圭のためにコネ発動するかな・・・

泥棒に追い銭みたいな話でもありますし、それは、国民への背信行為、でもありますからね。

上皇后さまのご良識を信じたいですね。

万が一、上皇后さまのコネが発動されたとすれば、秋篠宮殿下とは比べ物にならないほど強力で、就職とかビザとか何とでもなりそうですけどね。

 

 

リークを連発する理由

 

以上を前提に、次に考えたいのはリークの意味です。

そもそも疑問なのは、こんなに次々とリークする必要があるのか?ということです。

 

7月30日 NHK7月リーク(小室圭はNYを拠点にするぞ宣言)

9月1日 読売リーク(眞子&小室圭は結婚するぞ宣言)

9月8日 共同通信リーク(結婚は10月にするぞ宣言)

9月16日 NHK9月リーク(帰国&記者会見するかも宣言)

 

以前、お話したように、マコムロに余裕がないと感じております。

それは、今回のリークで、より確信しましたね。

上記4つのリーク。

1回で済む内容をわざわざ4回にわけてリークしてます。

この調子だと、5回目、6回目もあり得ますね。

それは、持ち札が少ないから、情報を小出しにするしかないという意味だと思いますが、では何回もリークし続けるのはなぜでしょうか?

 

1.イメージ戦略

 

普通に考えれば、印象操作・イメージ戦略でしょうね。

次々と情報を小出しに出して、自分たちの求めるイメージへ誘導する。

よくあるイメージ誘導のやり方だと思います。

それはそれであるでしょう。

が、それがメインではないですね。

いまさら、小手先の上げ記事書かせても、イメージを回復できるとは思ってないでしょうからね。

だから、イメージ回復というより、ネガティブ潰しだと思います。

10月結婚だと、あと1か月くらいのこと。

毎週リークしても、4~5回くらいネタが続けばいい。

どんどんリークしていけば、新聞やTVは、応援する決まってるので、どんどん上げ記事上げ番組を出してくれる。

雑誌は批判するけど、どんどんリークがでてくるから追いつかないし、リークの威力に押されて、情報が埋没します。

そうやって、10月結婚まで強引に持っていこうというのでしょう。

 

瞬間風速的に結婚やむなしムードを作る作戦

プラス

批判するヒマを与えない作戦。

 

そういう感じになると思われます。

実際、文春や新潮の厳しい批判が、どこかへ飛んでしまってますからね。

日本のメディアは、皇室に媚び、皇室に忖度するのが当たり前なので、このリーク連発作戦は、とても効果的だともいえますね。

リークで世間が混乱しているスキに、強引に橋を渡り切る。

そういうことでしょう。

 

2.ネガティブ潰し

 

さらに、今回に関しては、ネガティブ潰しが大きいですね。

具体的には、文春砲潰し。

リーク内容そのものは、前から用意されていたと思いますが、タイミングは明らかに、狙ってやったと思いますよ。

わかりやすく、週刊文書の発売直後にやった。

今回の週刊文書の記事は、事前に小室側へ取材を申し込んでいます。

質問内容も提示されていたでしょうから、それだけで、小室側は文春が何の疑惑を追及しようとしてるか、当然わかったでしょう。

文春砲が予想できたのですよ。

犯人だから犯行内容を熟知してますからね(笑)

ただ、何月何日号に出るかはわからないので、記事が出たのを確認してから

週刊文春の発売直後という絶妙のタイミングを狙ってリークしたのでしょう。記事をつぶすタイミングでね。

今ごろ、文春砲を吹き飛ばして、してやったり、って感じでしょうね。

高笑いが聞こえてきそうですが、さて、それはいつまで続くかな。

そう、逆に言えば、

今回の文春砲は、急所を突かれて痛かったということ。

文春砲は、まだ生きてますよ。

しかも、これで週刊文春が黙って引きさがるわけないでしょうからね。

さらなる文春報復砲に期待したいですね。

 

ということで

リークを連発するやり方は、基本的にはイメージ戦略が大きいと思います。

リークを出しまくって、批判するヒマを与えずに入籍

もちろん、個々のリークにも個々の意味はあると思いますが、全体的に観察すればそういうことになろうかと思われます。

 

今回のNHK9月リークの理由

 

では、今回のNHK9月リークの意味。

文春砲をつぶすという意味以外に、何か意味はあったのでしょうか?

 

www3.nhk.or.jp

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまとの結婚の調整が進められている小室圭さんが、今月末には帰国が可能となるよう準備を進めていて、近く帰国する見通しとなったことが、関係者への取材でわかりました。
宮内庁は、来月の結婚も念頭に発表の準備を進めていて、眞子さまは、小室さんの帰国後、2人で記者会見などの機会を設け、結婚について報告される見通しです。

関係者によりますと、小室圭さん(29)は、ことし7月に受験したアメリカ・ニューヨーク州の司法試験の合格が見込まれるとして、州内の法律事務所から就職の内定を伝えられました。

小室さんの就職先は、日本人が弁護士として採用されるのは初めてとなる大手の法律事務所で、小室さんは、就労ビザの取得も終えて、現地での生活の基盤が整ったということです。

これを受けて小室さんは、眞子さまとの結婚のため、今月末には帰国が可能となるよう準備を進めていて、近く、3年ぶりに帰国する見通しとなったということです。

眞子さまは、小室さんの帰国後、新型コロナウイルス対策の待機期間が終わるのを待って小室さんと再会し、2人で記者会見などの機会を設けて結婚について報告されるものとみられます。

眞子さまは、30歳の誕生日を迎える来月23日までに結婚される可能性もあり、宮内庁は発表に向けた準備や調整を進めています。

眞子さまは、アメリカに渡って小室さんと2人での生活を始められる見通しで、小室さんは、新たな住まいの準備を急いでいるということです。

眞子さまと小室さんの結婚にあたっては、小室さんの母親の金銭トラブルに対する批判的な世論などを踏まえて、女性皇族の結婚に伴う儀式はすべて行われず、結婚式も開かれない見通しです。

また、結婚によって皇室を離れる際に支給される一時金についても、眞子さまは、受け取らない意向を示されているということです。

2021年9月16日 NHK (太字等はラベンダーによる)

 

ちょっとファンタジーですが

小室圭は、ウソつきの常習者みたいなので、虚栄心が高いのでしょう。

事務所への就職が決まったことをこれ見よがしに報道させた。

 

どうだ、まいったか!

オレは、皇室関係者のケイ様だ。

ざまーみろ、下級国民どもがぁ!

 

さんざん、国民から非難されましたからね。

小室28枚文書では、ネット世論への怒りがあふれてましたからね。

だから、

国民へ向けて、エラソーに自慢したい気持ちが抑えきれない。

ざまーみろ、下級国民ども!

と思いっきりマウント取ってみたかった。

案外、そういう幼稚な話かもしれませんね。

まあ、

ファンタジーはこれくらいにして、合理的な説明を考えてみます。

過去のNHKリークの特徴は、リークすることによって、その内容が実現するという不思議な歴史があります。

上皇陛下の生前退位とか小室圭の婚約内定は、いずれもそうなりました。

なぜ、そうなるかについては、別の機会に検討するといて

 

NHKリークをする ⇒ なぜか実現する

 

という関係にあるとすれば、今回も実現して欲しい何かがあるということですよ。

ところが

「就職が内定した」「就労ビザを取得した」

というのは、すでに実現済みのことでしょう。

何が望みなのか?

また、

帰国する予定とか、会見する予定とか、は言わない方がいい情報。

後で変更しづらくなりますからね。

あえて言わなくてもいい情報を言ったのは、このリークにインパクトを与えようとしたのでしょう。

確かに、帰国&会見はインパクトありましたよ。

しかし、それで要求すべき利益がないとすれば、やはり本命は

文春砲を潰す

のが目的じゃないかと思いますね。後は、自慢話したかった(笑)

 

ということですが、

これらは、あくまでNHKリークの情報が正しいことが前提。

真偽不明の話が混ざっていたなら、まったく景色が変わりますよ。

その説については、別の機会にやります。

でね。

まさかとは思いますが・・・

いやいや、たぶん、ないとは思いますが、

NHKリークの中に、ひとつだけ利益に関係することがあるのですよ。

 

眞子さまは、アメリカに渡って小室さんと2人での生活を始められる見通しで、小室さんは、新たな住まいの準備を急いでいるということです。

 

もしかして、

新たな住まいのおねだりですか(笑)

ネット世論の盛り上がりで、警備費自腹が普通に言われてますからね。

そのあたり、意識してないとは思えないですよね。

無職で借金だらけの男が

ニューヨークで住まい用意できるわけないでしょう。

当然、ここにもカラクリがあるのでしょうね。

フリーのケイ。

いや、クレクレ星人か(笑)

 

ということですが

書いてて、

は~あ、何か虚しくなってきますね。

ほんと、疲れますよ。

このNHK9月リークが正しいとすれば、

皇室擁護派の方に聞きたいですよ。

 

白昼堂々、皇室コネで3000万円留学いただきましたぁ~

白昼堂々、皇室コネで年収2000万円いただきましたぁ~

白昼堂々、皇室援助で高級マンションをいただきましたぁ~

白昼堂々、日本国の国費警備でずっと守られましたぁ~

 

という皇室利用した男の話。

これを見て、どう思われます?

何をどう皇室を敬えと?

皇室擁護派の人に聞きたいね。売国ジャーナリストにもね。

皇室が国民の敬愛の対象なんてとんでもない。

 

ただの特権階級じゃない

 

それでも祝福ムードするのかい。

個人の欲望を実現するために、国民の税金が山ほど投入されて、

何が祝福だ。ふざけるな。

と私は言いたい。

それでも

TVでは祝福ムード作りが進むでしょう。

恋愛の自由、結婚の自由、とかを争点にして、「眞子さま良く頑張った!」みたいな展開にもっていくでしょうね。

「個人の自由」が争点になれば、自由を支持する人が圧倒的です。

だから、そういう流れになれば、反対派の意見はどこかへ飛んでしまいます。

ひたすら、そういう番組や記事が垂れ流されることが予想されます。

そして、

もし、金銭トラブルが解決したら。

これで、もう何も問題はなくなった。

ってことで

祝福ムードの大合唱になるかもしれませんね。

あーあ

そのときは、引退したくなるでしょうね。

今日は、長くなりましたので、そのあたりの予想は次回になります。

 

はあ~

なんというか、モチベーションを維持するのが大変です。

なんとか、頑張っていきたいと思っております。

 

今日もありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。