ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

今後のことを考えてみたいと思います

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

なかなか衝撃的な速報でしたね。

まあ、今日は、やる気でないので、検証は明日にします。

個人的な感想とか、そういう話をしますね。

 

 

 

 

文春砲を吹き飛ばしたNHK

 

冷静に見れば、宮内庁の公式が出てないので、見通しですからね。

まだまだ、今日リークされた内容が変化する余地はあると思います。

ただ、NHKがあれだけ具体的に報道しているということは、かなりの確証があると見ることもできます。もう、決まりかなと。

どちらもあると思いますが、少なくとも

 

1.結婚する

2.帰国する

3.会見する

 

このあたりは、決定と見ていいかもしれませんね。

共同リークと違って、国営放送であるNHK

 

宮内庁は、来月の結婚も念頭に発表の準備を進めていて、眞子さまは、小室さんの帰国後、2人で記者会見などの機会を設け、結婚について報告される見通しです。

 

といってるのだから、実際に宮内庁が動いているのでしょう。

そう考えると、2017年のNHKリークと同じく、ここで報道されたことが実現すると考えるのが自然だと思います。

昨日の文春砲に大喜びした方も多かったと思われますが、それをあっさり吹き飛ばしたNHK砲。

上には、上があるものですね。

あーあ、って感じですね。

モチベーションがね。ダダ下がりしてますよ・・・・

 

ただし、すごい違和感も感じてます。

 

紀子さまのご回答への失望

 

先日の紀子さまのご回答について、とても失望しておりました。

今日よりもショック大きかったと思います。

逆に言えば、紀子さまのご回答である程度予想できたから、今日は、あまりショックがなかったのかもしれません。

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

あのときは、激しく失望しました

どういうことかというと

紀子さまのお誕生日のご回答。

マコムロ問題について、何を話したかというと、

ノーコメント

でした。何も話してません。

で、その他人事のような態度に怒っていましたが、ショックを受けたのは、そういうことではありません。

ノーコメントなのは、どういう意味か?

雑誌記事では、いろんな解釈してましたが、たぶん、それは間違い。

ノーコメントの意味は、コメントできないということ。

つまり

現実に話が進んでいて、何もコメントできない

そういうことじゃないかと、私は思いました。

だから、気分悪くて落ち込んでいたのですよ。

どんな話が進んでいるかは、想像できますよね。この状況だと「破談」とか「結婚延期」ではないでしょう、だから、不愉快だったのです。

前にも言いましたが、

不愉快な予想ほど的中しますからねマコムロ問題は。

もう、あーあって感じでしたよ。

 

だから、覚悟はしてましたけど、予想外に動きは早いですね。

10月結婚には、宮内庁の公式発表を1か月くらい前にはしておきたい。

そういう意味なのだろうとは思いますが、ちょっと違和感はあります。

本当に宮内庁が本気で動いているのなら、今日は9月16日ですから、わざわざリークしなくても、20日くらいに公式発表してしまえばいいだけのことじゃないですか。

何で、わざわざリークする必要があるのか?

違和感ありますよ。

別にリークしなくても困らない話をわざわざリークする意味は何か?

宮内庁がリークをしてると考えるより、リークで宮内庁の動きを催促していると考えるほうが、スッキリ説明できますけどね。

または、文春砲潰しですね。これもあり得るでしょう。

だから、今回の発表。

ショックがないわけではないですが、違和感もかなりあります。

単純な結婚決定ではないかもしれませんよ。

検証の必要を感じております。

できるだけ早急にやります。

 

誰にも止められない最凶のカップ

しかし

違和感はありますが、基本、結婚は止められません。

これは、今日に始まったことではないですが、もともと眞子内親王の結婚そのものは、誰にも止められません。

法令上、眞子内親王の結婚を妨げるものは何もない。

その結論は、批判派としても、皆わかっていたことです。

ただ、

法律上自由であっても、常識とか良識とか国民感情とかによって、このデタラメな話を止められるだろうという、希望的観測があったわけです。

だけど、眞子&小室圭は

国民の批判など知ったことじゃない

社会常識など知ったことじゃない

皇室の伝統など知ったことじゃない

メディアの批判など知ったことじゃない

天皇陛下も知ったことじゃない

秋篠宮殿下も知ったことじゃない

宮内庁長官も知ったことじゃない

自分たちは、自分たちのやりたいようにする。

という、最凶のカップル。

結局、どうしようもなかったということですよ。

最凶のカップルに道理を教えるのは、トドにかけ算の九九を教えるようなもの。

結局、無理だったということです。

この点については、あきらめるしかないですね。

 

 

反対派の身の振り方

 

で、これから、反対派はどうすればいいのか。

おおまかには、3つあると思います。

 

1.あくまで「結婚反対」を言い続ける

2.マコムロ問題をウォッチするのをやめる

3.違う形で批判を続ける

 

どれが正解という話ではなく、どれをチョイスするかですね。

これから、反対派の皆様は、どれかを選ぶことになるでしょう。

ただ、実際に結婚が実現してしまったときに、そこから「結婚反対」をあくまで言い続けるのは、なかなか続かないと思います。

「結婚反対」だけで争った場合、試合終了ですからね。

試合終了後に、まだあきらめないと主張するのは、非現実的です。

だから、結局、多くの人はマコムロ問題から撤退すると思います。

そもそも、多くの反対派は

小室圭のような人物が皇族と結婚するのは許せない。

小室佳代のような人物が皇室と親戚になるとかは許せない。

そういう感情的な部分が大きいと思われます。

それは私も同じ、基本は、感情です。

だから、多くの人が「共感」したのですよ。こんなの許せないって。

それが大きな批判に発展したわけですが、逆に言えば、感情がベースになっているので、冷めてしまえば消えてゆくのも早いと思います。

だから

しばらくは、大逆風の中、マコムロは生きていくことになると思いますが、5年も経てば、批判する人も激減してるので、帰国して暮らすこともできるかもしれませんね。

日本人は飽きっぽいですからね。

 

 

私の方針について

 

とりあえず、私の場合は、結婚で負けとは思ってないので、その地点でやる気をなくしてやめるということはないと思います。

ここのところ気分悪い話ばかりなので、かなり疲れてますが、まだ大丈夫だと思います。

私の批判する目標は、

コムロ親子の敗退

ですから、結婚してもコムロ親子の勝利とは限りません。

特に、私は、司法試験不合格説なので、現在、どれだけコネを使って就職とかビザとかゲットしていたとしても、そこでいったん破綻すると。

仮に、合格したとしても、彼に弁護士としてやっていける知能はないと思ってますので、インチキで世渡りするしかないでしょう。

そこに、撃墜するスキがあると思っております。

というか、結婚は、そのインチキ世渡りを成立させるための道具であろうと思われますので、それ自体は、そんなにショックではないですよ。

まあ、それしか生きていく道ないよね、と冷ややかに見てます。

 

ただし、彼が司法試験に合格して弁護士でガンガン稼ぐような人物であったとすれば、それは私の負けですね。

完全に読み違いですから。そのときは引退でしょうね。

だから、どこまで続くかわからないですが、やれるところまでは、頑張ってみようと思ってます。

モチベーションがダダ下がりしてるのは事実ですから、精神的にどうなるかは、それは何ともいえないですけどね。

これから、しばらくは

白昼堂々、悪が勝つ

という展開を見せつけられそうですからね。

イヤになって、やめてしまう可能性も低くはないと思います。

さて、どうなりますやら。

 

ということで

最近、気分悪い話の連続ですから、モチベーションの維持が大変です。

そんなにメンタル強くないし、疲れることも多いですね。

しかし、この調子では12月くらいには強制冬休みになってしまう可能性もありますからね。今、頑張るしかありません。

 

皆さまも心穏やかにご自愛くださいませ。

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

 

では、