ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

当ブログの方針と秋篠宮家批判と紀子さまのご回答

 

こんにちは、ラベンダーです。

 

紀子さまのご回答も出ましたし、どんどんクライマックスへ近づいているようですね。

事実上の無回答だったわけですが、

そのことも含めて、雑談をしたいと思います。

何というか

期待してたわけではないけど、ここまでとは・・・

激しく失望しました。

気分悪いし、モチベーションが激減してますので、

今日は、グチグチ言うことにします。

過去に何度かお話したことと重複しますが、その点はご容赦ください。

 

 

 

言葉狩りの世界は恐ろしい

昔、ヤフコメ皇室ネタをやっていたころ、何度か、すごい極端な人に絡まれることがありました。

私は冷静に分析するのが好きなので、今と同じ感じで昔も投稿してましたが、

たとえば冷静に

「親の立場からすれば、秋篠宮殿下も大変だね」

と投稿したとたんに、「秋篠宮擁護か!」「秋篠宮に同情はあり得ない」「秋篠宮崇拝か」とか、猛烈に反発してくる人がいるわけですよ。

あるいは、眞子内親王について、「洗脳されてるようだ」とか書くと

「洗脳だから許されるのか」「眞子は被害者じゃない」とかくるわけですよ。

洗脳=免責という思い込みがあるのかもしれません。

オウム真理教の例があるように、洗脳されていたとしても、いい大人ですから、普通にしたことの責任は問われます。

だから、洗脳=免責という文脈で使うことはあり得ないのですが、どうも、少しでも同情なり理解なりの姿勢を見せると攻撃せずにはいられないという心境があるようですね。

でも、そうなると、言葉狩りの世界ですよ。

少しでも気に入らない言葉を見つけると、いちいち絡んできて非難する。

皇室関係への個人の発言には、そういう恐怖を感じることが、けっこうあります。

他の意見は認めないという、排他的な方が少なくないようです。

でも、そうすると、私もそうですが、それほど皇室に思い入れのない一般人は、ドンびきしますよね。

一般の人は、参加しなくなりますよ。気味悪いから。

そうやって皇室についての言論が、一部の偏った意見の人だけのものになってしまうのは、建設的だとは思えません。

広く、多くの一般人が、議論なり意見表明なりに参加できるような言論状況であるほうがいいのではないでしょうか。

だから、当ブログの基本方針は、できるだけ冷静にやる。

基本、中立を目指す。

そして、多くの方に参加していただける場所でありたい。

これを基本方針にしております。

だから、どういう立場の方がコメントしていただいても結構ですし、コメントは大好きで大歓迎ですが😀

1.表現の節度は守っていただくこと

2.他の説や他の人の考え方を尊重すること(批判はもちろんOKです)

この2つは守っていただきたいと思います。

なお、特定のコメントで気分を悪くしたとか、そういうことではありませんので、ご安心ください。これは一般論でございます。

たまたま言う機会がなかったので言わなかっただけで、今回機会があったので書いておこうと思っただけです。

他意はございません。

コメントは大歓迎です。

よろしくお願いいたします。

 

 

秋篠宮とは距離を置く

 

ということで

反コムロ親子という点は一貫しておりますが、それ以外の点については、できるだけ距離を置こうと思っています。

たとえば、反秋篠宮の人は、何でもすべて秋篠宮家の陰謀にします。

結局、何を説明するにも、最後は秋篠宮家が裏から手を回してなんとかしたという話にもっていくので、冷静に分析しても無意味です。

最初から結論が決まってますからね。

悪いのはすべて秋篠宮

それでは、事実を冷静に分析することはできません。

秋篠宮、反上皇后、反雅子さま、とかいろんな立場があるようですが、どの立場も結局は、自分が欲しい結論へ誘導する陰謀論になってしまい、冷静な話ができません。

だから、すべての立場から距離を置いて、反コムロ親子に集中してます。

当ブログは、反コムロがメインです。

秋篠宮、反上皇后、反雅子さま、それを否定も肯定もしておりません。

批判が必要であれば、当然、批判します。

が、何度か申し上げてますが、私は国民主権や民主主義を重視する立場ですから、どの立場でもないです。

民意が反映される皇室。民主主義国の中での皇室。

そういうものを理想と考えているので、誰が良くて誰が悪いかを考えるよりも、どうすれば健全な皇室になるか考えるほうが良いのではないかと思います。

だから、これは何度も申し上げてますが、現在の秋篠宮家のような貴族階級・特権階級になった状態には反対してます。

日本に貴族制度は不要です。

そういう意味では、秋篠宮家批判は自然にたくさん出てきます。それは仕方ないですね。実際にやってることに問題多いですからね。

だけど、そういうのは、できるだけガマンして、

マコムロ問題を冷静に検討するブログ

を目指しております。

秋篠宮、反上皇后、反雅子さま、といった特定の集中攻撃を読みたい方は、当ブログではそれをやるつもりはないので、他のブログ等でお楽しみくださいませ。

 

 

秋篠宮殿下への責任追及

 

とはいえ、秋篠宮殿下を擁護したことはありませんよ。

何度か書きましたが、基本的に秋篠宮殿下に何も期待はしてません。

といいますか、まともな思考力がないのではと疑ってます。

終わってる感が強いですね。

ただし、仮に、酒などでやられていて、まともな思考力がなかったとしても、それで免責されるわけではありません。

アル中の人が人を殺した場合でも、普通に殺人罪です。

だから、当然、秋篠宮殿下には追及される責任があります。

この点が、メディアの忖度によって無視されているのは、問題だと思います。

まず

結婚は認めるけど、婚約は認めない

という、お誕生日会見でのいい加減な発言によって、こういう事態になっております。

最低でも、混乱を招いたその点については国民に謝罪すべきだと思いますが、相変わらず殿様対応で人ごとのような態度が続くのは、どうしようないですね。

さらに

小室圭について、今は援助してないと思いますが、初期の頃いろいろ手助けしたのは事実でしょう。モンスター育てましたよね。

そういう責任も当然ありますね。

そもそも秋篠宮殿下が認めなければ、皇室がモンスターにからまれることもなかったわけですからね。

皇室目線でいえば、皇室の権威と信用を失墜させた責任は重大ですよ。

陰謀論は否定してますから、秋篠宮家の裏工作とか違法送金とか、そういうのは私は主張してないですよ。

合法の範囲でも十分に責任があるということですよ。

だから

小室圭に会見して説明というなら、秋篠宮殿下にも会見して説明してもらいたいですよ。釈明なり謝罪なりしてもらいたいですよ。

秋篠宮殿下が何の責任も問われないというのは、明確におかしい。

そう思っております。

でも、秋篠宮殿下は、天皇になる可能性があるわけですよね。

ううむ・・・

だから、最近、個人的には、皇室は令和で終わりでいいかな、という説に親和感を感じております。

まあ、秋篠宮殿下批判はこれくらいにしておきます。

マコムロ問題のケリがつくまでは、保留という感じです。

 

紀子さまのご回答

 

さて、

今日、何でこんな暗い話をしてるかと言えば、紀子さまのご回答にとても失望したからです。

もう、他人事ですよね。

秋篠宮殿下と紀子さまに言いたいのは

責任感なさすぎる。

ってことですよ。もう唖然という感じです。

やっぱり、貴族様なのでしょうね。

コロナに関して、あれだけ山ほどコメントしておきながら、

「長女の気持ちをできるだけ尊重したい」

って、何ですか。今、国が大変な状況であること理解できてないとか。

コロナについて延々と語っているのが偽善に見えますね。

今、止めないで、いつ止めるつもりなのか。

これ以上、話をすると冷静さを失うので(笑)これくらいにしますが、

今日は、とても失望しましたね。

ということは、冷静に分析すると、

このまま眞子内親王の言う通りにする可能性が高いということでしょうか。

あーあ

 

ついでに思い出しましたが、

「殿下」とか「内親王」とか肩書の問題ですが

肩書をつけると擁護派だとする異常なレッテル貼りする人がいます。

「殿下」とかつけただけで、擁護派として攻撃されたことが何度かあります。

意味わからないです。

たとえば、私は秋篠宮「殿下」と呼んでますが、別に秋篠宮殿下を尊敬してるわけではありません。

だから、コメントの返信とかでは、オータムとか適当に呼んでます(笑)

しかし、社会常識として公に発表するものは、普通、肩書つけますよね。

たとえば、楽天が嫌いだからといって、公に発表する文章で「三木谷」とか呼び捨てにはしないでしょう。さん付けするか、社長とか会長とかつけますよね。

呼び捨てにするほうが非常識ですよ。一般論としてはね。

ただ、人によって、この人だけは呼び捨てでないと許せないというのは、あると思います。

私は、小室圭を呼び捨てにしますけどね。それは譲れない(笑)

だけど、人に強要するものではないし、個人それぞれが異なる価値観があると思います。けど、肩書をつけただけで擁護派扱いして攻撃してくるのは異常だと思います。それも皇室言論の排他性の一種だと思いますね。

あと、ついでに言うと、皇室王室の称号は皇室王室の制度によるものです。本人が自称しているわけではありません。

一般人の敬称と意味が全然違います。

だから

称号をリスペクトしないのは、皇室王室をリスペクトしないのと同じです。

それほど、皇室王室に思いいれがあるわけではないですが、一応、言論するあたっては最低限の敬意を払うべきだと思います。

だから、英国のヘンリー王子は、もうどうしようない人物だとわかってますが、「王子」をつけて呼んでおります。

ということで、原則、肩書はつけるようにしております。私はね。

ちなみに、当然ですが、秋篠宮殿下個人をリスペクトはしておりません。

だから、個人的な会話では、肩書はつけません。

ということで、肩書=尊敬という間違った話は、私には関係ないということです。

たまたま思い出しましたので、念のため、お話させていただきました。

 

 

ということで

とりとめない話をしたのは、ショックがあったからです。

今日のご回答に、大きな徒労感を感じました。

常識が通用しない人々だな

ということですね。

コロナとかいろんな問題があるのに、

この状況で10月結婚とかあり得ないじゃないですか。

だから、宮内庁も簡単には公式発表しないのでしょう。

でも、眞子内親王は強行しようとして、親は止めようとしない。

あり得ない。

親子そろって、何を考えているんだか。

皇族として国民のために働くという意識のある人なら、何がなんでも娘の暴走を止めると思いますよ。

しょせんは、特権階級なのですよ。

特権階級は、どれだけ国民が大変な状況でも、無視して行動する。

そういうことですかね。

結局、菊のカーテンに跳ね返されるのか・・・

ヤフコメの削除とかも激しいらしいですし。

10月結婚とか国民無視の狂った話が実現するのでしょうか?

そう考えると、やる気なくなってきますね。

ホント、言うだけバカバカしくなってきますよ。

あーあ

 

基本、今日は思いっきり元気ないですが

なんとか、モチベーションを回復したいと思います。

できるかな・・・

今日もありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。