ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

小室圭NY就職宣言の検証(読売リーク編)

こんにちは、ラベンダーです。

 

(ラベンダー注)この記事を書いている途中で速報が入りましたが、とりあえず、それは考慮しないでそのまま書き終えます。

速報については次回に書きますが、偶然ですが、今回の記事はこの速報と関係ありますので、とりあえず、先に出させていただきます。

よろしくお願いいたします。

<速報記事>

new-lavender.hatenablog.com

 

さて

どんどん記事が出てきますね。忙しいですよ(苦笑)

次の紀子さまの誕生日には動きがあるかもしれないので、

それまでに、いくつかの検討事項を終わらせておきたいと思います。

可能な限り、ですけどね。

さて

小室圭NY就職宣言の検証。今日は4回目読売リークについてです。

 

<第1回の記事>

new-lavender.hatenablog.com

 

<第2回の記事>

new-lavender.hatenablog.com

<第3回の記事>

new-lavender.hatenablog.com

 

 

NHKリークと読売リークの関係 

まず、読売リークの内容を検討する前に、NHKリークとの関係を考えてみたいと思います。

7月30日 NHKへリーク

9月1日 読売へリーク

 

約1か月の間に2回もリークを行うという異常事態。

内容的に、NHKリークは読売リークに吸収されています。

だから、読売リークによって、NHKリークは無意味になってしまいました。

なぜ、2回もリークする必要があるのか?

これをどう解釈すればいいのでしょうか?

そこで

他にもあるかもしれませんが

1.NHKリーク不発説

2.予定通り説

3.眞子、小室圭各自リーク説

の3つを考えてみました。

 

1.NHKリーク不発説

NHKリークをしてみたけど、効果がなかったから、さらにリークした。

この短期間に2回のリークという異常事態を説明するのに、一番自然な解釈だと思います。

で、前提として小室圭(住所不定無職)のコミュニケーション障害があると思います。

小室圭(住所不定無職)は、まともにコミュニケーションできない人物。

それは金銭トラブルに対する対応を見ても明らか、一方的に自己主張を発信することしかできず、帰国して話し合いするとか、そういうことが不能な人物なのでしょう。

それも含めて狂ったマイペースの男と呼んでますが、こんなコミュニケーション障害のある人物が弁護士をやろうというのですから、自分で理解できないほど自己認知が狂っているのでしょうね。

だから、小室圭(住所不定無職)については、皇室や秋篠宮家とのまともなコミュニケーションは存在しないのだと思います。

そこで、自己主張のため、文書を発表したり報道機関へリークしたりするのですよ。

NHKリークは、皇室向けのメッセージでしょう。

これからニューヨーク暮らしするから、なんとかしてくれと。

と、認知の狂った小室圭(住所不定無職)。自分の置かれた状況が理解できないので、上から目線で宣言すれば、それで周りがなんとかしてくれると思ったのでしょう。

気分は「圭殿下」。

自分は内親王の婚約内定者だから、要望すれば宮内庁や皇室が動いてくれるはず。

狂った認知の男は、今も特権階級の一員として、特別な待遇が受けられて当然だと考えているのでしょうね。

もはや、アインシュタイン級の勘違いの天才。

 

しかし、

NHKリークは、皇室から無視されたのでしょうね。

相手にしてもらえなかった。

まあ、当然ですけどね。説明の必要もありません。

で、仕方なく、眞子内親王を引っ張り出してアピールすることにした。

それが、読売リークの意味だろうと。

この説は、割と自然な説明だと思います。

 

 

2.予定通り説

 

予定通りの行動だと考える説はあり得ます。

普通の人間ならね。

NHKリークで様子見ておいて、反応見てから次の一手を考える。

ごく常識的な作戦ですが、小室圭(住所不定無職)では無理でしょう。

 

1.そもそも頭が弱い

2.狂ったマイペースを止めない

3.実務的な能力がない

 

変な言いかたですが、小室圭(住所不定無職)に陰謀画策は無理です。

頭が弱すぎて企画できないし、能力低すぎて実行もできない。

だから、計画的に何かを企画して、実行する能力はない。

自分でいうとおりレット・イット・ビーなのですよ。

最初聞いたときは生き方の問題かと思っていたのですが、それは違っていて、能力が低すぎて何も計画できない。だから、レット・イット・ビー

今では、そう理解しております。

だから、

行動は読みやすいし、計画的に策略を仕掛ける能力はないと思います。

 

3.眞子、小室圭各自リーク説

 

これは、私の受けた印象ですが、小室圭(住所不定無職)は、個人主義が強い人物だと思っています。そういう意味では、日本人よりアメリカ人に近いと思いますが、しかし、アメリカ人の特徴である社交性とかコミュニケーション能力ない。

アナタはアナタ、わたしはわたし、という部分しかない、オタク的な個人主義だろうと理解してます。

小室佳代のインタビューにも「ケイの問題はケイの問題であって自分には関係ない」という趣旨の記述があります。

だから、

それぞれ各自でリークしたという可能性はあり得ると思ってます。

マコはマコ。自分は自分。

具体的には、

1.「圭殿下」気取りで勝手にNHKリークをした。

2.しかし、リーク内容で結婚には触れられていなかった

3.マコ激怒💢

4.結婚を逃してたまるかと、読売リークを敢行

 

という流れもあり得ると思います。

眞子内親王と小室圭(住所不定無職)は、連絡を取り合っているのは事実でしょうが、行動も一体とは限らない。あくまで、それは先入観。

小室圭(住所不定無職)は狂ったマイペース男

眞子内親王とは関係ない単独リークという線もあり得ます。

そして!

まだ、仮説をアタマの中で熟成中なので、発表できるかどうかはわかりませんが、最近、思っているのは

眞子と小室圭の不仲説

です。

そんなバカなと思う方も多いと思いますが、この2人が不仲であると考えれば、いろんなことが説明できてしまうのですよね。

偶然なのか、それとも、何かあるのか?

もう、少し考えてから書きますが、もし、不仲だとすれば

 

(ア)小室圭は、結婚に消極的

(イ)眞子は、1日でも早く結婚による皇室脱出をしたい

 

という利害関係の対立があって、それが各自リークへつながった。

そうすると読売リークは、既成事実を作って小室圭を逃がさない、という意味もあるのかもしれませんね。

面白そうでしょう?

小室佳代がわざとらしく眞子内親王との親密さを強烈アピールするのが、どうも引っかかってたというのがキッカケですけどね。

秋篠宮家と仲良くしたいなら、そういうマウントの取り方しないでしょう。

相手を無駄に激怒させますからね。

そこには、小室佳代なりに眞子内親王を逃さないという思惑があるのでしょう。

この3人。

変な三角関係があるかもしれませんね。

この説も、もう少し掘り下げてみたいと思っています。

 

ただし、今回は、本命と思われる1.NHKリーク不発説で、先に進みます。

 

ニューヨーク州で就職する方向で調整

 

www.yomiuri.co.jp

婚約が内定している秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)が年内に結婚されることが関係者への取材でわかった

 関係者によると、小室さんは米ニューヨーク州で就職する方向で調整が進んでおり、結婚の環境が整いつつあると判断したとみられる。

 秋篠宮さまは、小室さん側の金銭トラブルを念頭に、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況」にならなければ婚約の儀式は行えないとの考えを示されてきた。必ずしも多くの国民が祝福する状況になっておらず、コロナ禍の現状も踏まえ、一般の結納にあたる「 納采のうさい の儀」や結婚式などの関連儀式は行わない方向で検討されている。

読売新聞 2021年9月1日(太字等はラベンダーによる)

 

さて、内容を検討します。

まずは、コレ。

小室さんは米ニューヨーク州で就職する方向で調整が進んでおり、

 

いまごろ就職する方向で調整って(笑)

詳細は、(司法試験編)に書きましたが、小室圭(住所不定無職)はまともに就職できないということですよ。

私は、司法試験不合格説なので、法律事務所へ就職は困難と思ってます。

単なる事務員扱いなら別ですけどね。

しかし、

話の都合上、一応、合格可能性があると仮定して話を進めます。

ロースクールの学生の就職活動。

1流ロースクールの学生は、在学中にどんどん青田刈りされるそうです。

それでも、1流ロースクールの学生だから無条件というわけではなく、在学中の成績も重要だそうです。

ハーバード、イェール、コロンビアといったT14の1流ロースクールではない、3流のフォーダム大学で、しかも成績優秀者ではない小室圭。

LLMからJDというインチキで、LSATスコアが出せない小室圭。

これは、外から見て誰でもわかる公然の裏口入学ですよ(笑)

しかも、ネイティブではなく、アジア人の小室圭。

ネガティブな材料しかありません。

もう少し、わかりやすく言い換えましょうか。

3流ロースクール裏口入学した成績不良のアジア人。

誰が、こんな人雇うの(笑)

だから、1流法律事務所は問題外で、2流・3流事務所でも、なかなか決まらないという状況だと思われます。

たぶん、まともな事務所には採用されないということですよ。

1万歩譲って、司法試験合格だと仮定しても、3流以下の事務所。

それが現実でしょう。

だから、結婚アピールで、ロイヤルコネに期待したのだと思いますよ。

就職する方向で調整

というのは翻訳すると

就職するからロイヤルコネ発動の方向でよろしく

という意味なのでしょう。

でも、それは無理。

世界中からロイヤルやセレブが山ほど集まるニューヨーク。

日本の皇族の夫くらいのコネは、コネのうちに入らないと思いますよ。

経歴書がゴミ箱へ直行しないくらいの価値はあるでしょうけど、せいぜいそんなもの。

3流ロースクール裏口入学した成績不良のアジア人を誰が雇うの?

いまごろ、現実を思い知っていることでしょう。

 

あと、

結婚の環境が整いつつある

は、意外と急所の論点で、話せば長くなるので、次回以降に書きます。

 

 

カネとコネは通常どおり欲しい

 

次は

一般の結納にあたる「 納采のうさい の儀」や結婚式などの関連儀式は行わない方向で検討されている。

です。

山下晋司は、皇籍離脱の儀式はやる、と必死で誰かに媚びまくってますが、普通に解釈すれば、すべての儀式をしないのでしょうね。

山下晋司は、天皇陛下や皇室をリスペクトできない馬鹿だから無視するとしても、ここにはメディアが触れない重要な論点があります。

本当に重要ですが、そういう論点に限ってメディアはスルーですね。

で、それは何かというと、

結婚のスケジュールを宮内庁が決める

ということです。正確には、眞子サイドと協議して決めるのでしょうが、これは死ぬほど大切です。

なぜかと言えば、大金がかかっているからです。

順番に説明します。

本来、儀式も結婚式もしないのであれば、今日でも明日でも結婚の意思表示をして宮内庁に手続きを要請すれば、即日とはいかないまでも数日で結婚完了ですよ。

さっさとやればいいじゃないですか。

何のためにスケジュールを決めるの?

「結婚します」と眞子内親王が言えばそれまでのこと。

数日で、手続き終了ですよ(笑)

スケジュールなんて、何も必要ありません。

けど、スケジュールたてて実行する。

それは、単純に結婚するのではなくて、さまざまな援助などを得るための時間稼ぎおよび、婚姻の正式婚化を狙った話だと思われます。

知恵をつけてる人がいるのでしょう。

 

具体的には

1.皇室コネの維持

2.警備費等の公費負担の維持

3.数億円といわれる結婚祝い金のゲット

これを狙っているのだと思います。

詳細は、どこかでやるとして、今日は簡単に説明します。

1と2は意味は似たようなもので、宮内庁が結婚を仕切ることによって、追放婚とか反逆婚ではないとする。婚姻の正式婚化です。

たまたま今回は、コロナ禍で儀式等は行われなかった、というロジック。

だから、黒田清子さんや守谷絢子さんなどと同じような円満離脱であって、同じような処遇を実現させようというもの。

これ死ぬほど大切です。

黒田清子さんや守谷絢子さんと同じような処遇を実現させる。

この陰謀というか、隠れ正式結婚を狙ってると思いますよ。

 

で、さらに大きいのが

数億円といわれる結婚祝い金のゲット

これは上皇さまや秋篠宮殿下からの結婚祝い金で一時金とは別物。

御手元から払われるものなので、原則は止めようがありません。

ただし、詳細は<参考記事>を見ていただくとして

民間人になってから賜与するのは、違法になる可能性があります。

ということです。皇室経済法にひっかかる可能性があるということ。

結婚祝い金をあげるならタイミングを相談する必要がある。

だから、スケジュールなのですよ。

いきなり、眞子内親王が婚姻届けしないのは、戸籍がないという理由だけではないのですよ。カネの問題(笑)

つまり、まとめると

儀式は行わないけど、カネとコネは通常どおり欲しい。

そういうことですね。

 

 

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

 

ということで、長くなりました。

続きは、またの機会に書きます。

紀子さまのご回答がせまっているので、休めない展開ですね。

優先順位を考えながら書いていきたいと思います。

 

今日もありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

<次回はこちら>

new-lavender.hatenablog.com

 

 

 

<速報>

new-lavender.hatenablog.com