ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

非公開コメントへお返事させていただきます

こんにちは、ラベンダーです。

 

いつも、コメントいただきありがとうございます。

私一人の知恵では限界ありますからね。

いろんな方の見解により、多くの気づきをいただいております。

それによって、大きく当ブログの質が上がっておりますので、皆さまには今後ともご協力いただければ幸いです😀😀😀

 

さて、当ブログでは非公開コメントも多くの方からいただいております。

数えようと思ったのですが、多すぎてやめました。
たぶん、100コメントは超えていると思います。

非公開および非公開扱いの場合は、通常は、お返事いたしませんが、今日はそういう非公開コメントへのお返事をしたいと思います。

とはいえ、コメントは膨大ですし、コメントそのものを引用するわけにもいかないので、良くある質問に答えるという形式でやります。

念ため申し上げますが、反論とか批判とかしているわけではないので、その点はご理解くださいませ。あくまで、ラベンダーの見解です。

今日は、休みなのでそんな感じでやります。

検証の続きは月曜日の予定です。

 

 

 

フォーダム大学留学への裏工作

 

<問>フォーダム大学への闇留学を、 誰がどう手引きしたのか?

<ラベンダーの見解>

これは、私が3000万円留学の検証を書くのをサボっているのが問題ですね。書く機会がなかなか巡ってこないですね。

いつも長文をいただいてるので(笑)長めのご返事させていただきます。

  さて

まず、フォーダム大学と小室圭(住所不定無職)をつないだ人物が存在するのは明らかです。それが誰かはわかりませんが、皇族ではないでしょう。ビジネス的な話になりますからね。仮にブローカーとしましょう。

つながりはこんな感じでしょうか。

 

(コムロ)⇒(奥野)⇒(ブローカー)⇒(フォーダム大学

 

理論上、コムロKとブローカーの間が奥野とは限らないですが、奥野が関与してないのに奥野が援助するのは不自然ですからね。同じ法曹界ということもあるので、奥野からブローカーへ依頼があったと、一応、考えておきます。

ただし、奥野からフォーダム直通も十分あり得ます。

で、お尋ねの点は、「裏工作」だと思いますが

実は、そもそも「裏工作」なしでも、十分に留学実現は可能です。

ネット世論では、秋篠宮家が学費・寮費等を負担してて、そのカネを奥野を通じてフォーダム大学へ送っていたとする説を良く見かけます。

前にも説明したとおり、これは立派な違法行為で、皇族と弁護士事務所が結託して違法行為をするという説は、社会常識的に無理があると思いますね。

バレたら大変な非難を浴びますよ。違法行為ですからね。

チンピラのために、そんなリスキーなことしますか(笑)

コムロKはバカだし、「裏工作」でもしないと、誰も相手にされないハズだという先入観があると思います。

が、実は、オモテの取引でも十分留学可能なのです。

 

アメリカの大学は、もともとビジネス意識が高く、大学がガンガン自分で稼ぎます。

バスケやアメフトなどの有望選手を授業料や寮費免除+奨学金のような好待遇で引き入れるのは、よくある話です。ビジネス目線で。

だから、フォーダム大学としては、日本で知名度の高い「プリンセスの婚約者」を破格の待遇で迎え入れて、日本からの留学生市場の開拓を目指すというのは、普通にビジネス案件としてあり得る話だと思います。

ビジネスとして、バスケの有望選手を好待遇で迎え入れるのと同じように、コムロを迎え入れた可能性は十分あり得ると思ってます。
有望じゃなく無能選手だけどね(笑)

バスケの有望選手でも、入学させてみるとまったく活躍できないで失敗することはありますよ。でも、問題ない。ビジネスに失敗はつきものですからね。

コムロKを入学させることで、日本市場の開拓につながるかどうかは結果論です。

成功かもしれないし、失敗かもしれないけど、ビジネスのチャレンジとしては、十分にあり得る話です。

週刊誌が書くように「プリンセスの婚約者」という肩書は、とても大きかったと思いますよ。ビジネスですからね。

 

普通に学業の問題で考えると

1.コムロKは無能

2.奨学金は優秀な人物がもらうもの

3.よって、コムロKに奨学金はあり得ない。

という三段論法になりますが、

ビジネス案件だとすれば 

1.コムロKは無能

2.しかし、宣伝広告だから「プリンセスの婚約者」であればいい

3.よって、コムロKでOK

ということですね。

だから、LLMからJDというインチキとか、無理やり設立したマーティン奨学金とかも、別に裏工作の成果というよりは、普通にフォーダム大学が自分で行ったことだと思います。ビジネス案件ですから。

 

で、費用の問題ですが、フォーダム大学側からすれば安いもの。

情報の非対称性ってやつですね。

我々からすれば、3年間で3000万円くらいかかる留学です。

しかし、フォーダム大学側からすれば、どうでしょう?

学費・寮費を無料にしたところで、現実の損は微々たる金額。

一人くらいタダ飯食ってる学生がいても、経費はたいして変わらない。

フォーダム大学の予算がわからなかったのですが、たとえば、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の年間予算は、2016年で6.7ビリオンですから、1ドル100円で計算すると6700億円です。

アメリカの大学は、下手な企業よりもはるかに稼ぎます。

コムロに使ったお金って、広告費とすれば、ゴミみたいな金額ですよ。

仮にコムロ入学が失敗だったとしても、責任を追及されるような金額じゃない。

フォーダム大学側からすれば、余裕ですよ。

 

で、学費や寮費等がフォーダム負担なら、残りの費用はたいしたことないので(寮にいるので生活費もあまりかからない)、奥野の所長がポケットマネーで負担しても余裕の金額です。

秋篠宮家に恩を売る費用とすれば、それもゴミみたいな金額ですよ。

よって

冷静に検証した場合皇室マネーがゼロでも十分留学は成立します。

秋篠宮家を叩きたい人は、認めたくないと思いますが、これは現実です。

 

だから、コムロKが皇室利用によって留学を実現させたという事実に変わりはありませんが、「裏工作」するほどの話でもありません。

堂々とビジネス交渉してまとまる案件ですね。

 

あと

念のために言っときますが

私は、コムロKや秋篠宮殿下を擁護してないですよ。

皇室を私的な利益のために利用した

その罪は消えないし、重い。

合法だからといって、連中が免責されるわけではないのは当然です。

ただ、的確な批判をするために、分析しているに過ぎない。

その点、誤解のないようお願いいたします。

 

でね。

このラベンダー説が正解とは言わないですよ。

可能性のひとつにすぎない。他の合法スキームもあり得ると思います。

言いたいのは、普通にビジネス案件として成立するものを秋篠宮家が法を犯して公費を横流しして、コムロKを支援したとするのは、無理があるってことです。

合法でやれるスキームをわざわざ非合法にするのは変でしょう。

だから、秋篠宮殿下が海外へ大金を違法送金して支援したとする説は、無理があるのではないかと思います。スポンサーがお皿さまでも同じです。

それはいろんな先入観に支配されてる可能性がありますね。

連中は、ズルしてる、不正してる、違法行為してる、という先入観

そういうの存在が大きいのではないかと思われます。

ということで

他にも問題はありますが、

また、何かありましたら、いつものとおり非公開コメントください(笑)

 

コムロが秋篠宮を脅している

<問>法に触れる行為とか、国民には絶対知られたくない秘密をコムロは握っていて、それをネタに金銭援助等を要求しているのではないか。

<ラベンダーの見解>

この小室圭恐喝説という話は、ネット世論では良く見かけますね。

たぶん、ジャガーさんの件で、コムロが会話を録音していて、それを後から証拠として出すという陰湿なことをしているので、類推されたこととは思います。

心情的には、よく理解できます。

コムロに対する異常な弱気対応は、アタマおかしいか、脅されているか、そう考えても無理ないでしょう。

あの母子に税金が垂れ流されるという国民の不快感、秋篠宮殿下は理解しているのだろうか?

意味不明の秋篠宮殿下は、ほんとに問題ありますよ。

 

しかし、

コムロ恐喝説は、「ほぼ」あり得ないと思います。

小室親子は正気じゃないので、狂気のテロという線もなくはないので「ほぼ」ですが、常識的にはあり得ないと思います。

簡単に言えば、ネット世論は、自分たちの尺度で考えすぎです。

皇室・皇族は特別です。

皇室・皇族を脅すということ、それはあり得ないですね。

皇室・皇族は、日本の右翼勢力の象徴的なトップです。

右翼勢力は、政界・財界・神道・思想界など、あらゆる分野にまたがる巨大な勢力です。

また、宮内庁は歴史的に警察と関係が強く、現宮内庁長官は元警視総監。

だから、ヤクザですら、皇室を脅したりはしませんよ。

皇室は実質的な権力はありませんが、権威はオモテもウラも無限大。

皇族を脅してタダで済むわけないでしょう。

これは自明の理だと思いますが、ネット世論は怖いですね。

秋篠宮家憎し、コムロ憎しの先入観で、常識的な思考が失われているように思われます。

 

しかし、この小室圭恐喝説の背景には、あまりにも小室圭がやりたい放題し続けていることに対するネット民のいら立ちとか怒りがあるのだと思います。

それは、私も同感です。ムカムカしますよ。

だから、心情的には、とても理解できます。

ただ、小室圭のやりたい放題は、何か情報を握っているとかでなくて、生き方の問題だと思います。

意図的に無神経と自己中を貫く

意味わからないけど、生き方レベルの問題。

狂ったマイペース男

それだけだと思います。

恐喝というのも、それによって利益を得ようとする一種の合理的な行動です。

しかし、小室圭は合理的に行動できない人物です。

狂ったマイペース男

それだけのことだと思います。

 

 ただ、秋篠宮殿下の異常な弱気対応は意味わからないです。

「裁可取り消し」に上皇家が反対しているとか、留学終了時に辞退するという密約があったとか、いろんな説を見かけますが決め手はないですね。

今後の課題だと思われます。

 

ラスボスはお皿さま?

<問>やっぱり、マコムロのバックには、お皿さまがついているのでしょうか?

<ラベンダーの見解>

これは、難しいですね。

なんとも言えないのが結論です。

お皿さまは、公式に声明も出さないし、公式に動かないので、状況証拠もなかなか出てこないですね。ほぼ妄想の推測しかない(笑)

イリュージョン見解は、近々、書きたいと思いますので、詳細はそこでやります。

ですが。結論的には、

応援してた時期もあるかもしれないけど、今はどうか?

そんな感じだと思います。

仮に、マコ応援が絶対だとしても、コムロK応援になるとは限らない。

コムロKがいる限り、女性宮家は実現しないですからね。

女性宮家を実現させてマコを皇族のままにしたいという野望があるとすれば、コムロKはむしろ邪魔者です。

「破談」にすれば皇籍離脱しないで皇族のままですから、女性宮家でマコを皇室に残すというプランはやりやすいですからね。

だから、お皿さまが、今もコムロKを応援してるかは微妙です。

ちなみに、旧宮家の復帰の話は別にして、一度皇籍離脱した者を復帰させるというのは、明治憲法の時代からずっと否定されてるようです。

だから、コムロKと結婚すれば、マコを皇室に残すという野望は終了。

それで、お皿さまは、納得するのかどうか。

微妙ですね。また、検証します。

 

ということで、

個人的に思うのは、先入観は目を曇らせるということですね。

フォーダム留学で言えば奨学金をもらえるのは優秀な人物」バカに奨学金なんてあり得ない」という先入観があるから、陰謀説を考えてしまうのだと思います。

私の場合だと、そこで逆に「バカでも奨学金出ることあるのかな?」と冷静に考えてみて、バスケやアメフトの選手のことを思い浮かべて(ごめんなさい)、ビジネスマターへ考えが進んだ感じです。

この件は、たまたま偶然、上手くいきましたが、いつも思ってます。

先入観を除いて、フラットに考えていこう。

当ブログでは、そういう方針でやってますので、どうぞ、お付き合いいただければ幸いです。

 

さて、

コメントへのご返事は、やる場合とやらない場合があるので、その点はご了承くださいませ。

公開・非公開問わず、コメントは歓迎ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

ご覧いただきありがとうございました。

では