ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

大雨、お気を付けくださいませ

こんにちは、ラベンダーです。

 

今日は、完全にお休みでございます。

大雨、いかがでしょうか。

どうぞ皆さま、大雨、お気を付けくださいませ。

 

お盆休みなのに、災害級の大雨とコロナの感染爆発。

どうなるのでしょう。

ヒドイ災害や爆発的な感染症に苦しめられる状況よりは、マコムロ問題をノンビリ楽しんでいられる状況のほうが、まだ、マシだということかもしれません。

でも、批判の手を緩めることはありませんけどね。

何せ、昨年のコロナ発生から今に至るまで、眞子&小室圭がコロナ禍で苦しむ日本人へ1度たりとも気遣うメッセージを出してません。

そして、コロナ禍で苦しむ国民への支援は皆無です。

国民が、一生に一度あるかどうかの苦しみを味わっているのに、何一つ国民のためにしようとしない眞子&小室圭。

それなのに、国民の税金を億単位で使い続け、そして、億単位の税金を手に入れ、一生、莫大な税金により警備される。

わが国は、国民主権の民主主義国家のはず。

こんな特権貴族階級が認められていいはずはない。

そう思います。強く。

 

私が、ここで何を書いても、何も変わらないかもしれませんが、最後まで声を上げ続けたいと思っています。

あきらめはしない。

これ以上、国費を使うな。小室圭。

自由になりたいなら、小室家の私費でやれよ、秋篠宮眞子。

二人が浪費している税金を被災者や生活苦の方々へ回せよ。

そういう気持ちですね。

今、災害で多くの国民が痛い目にあってますが、こういうことが起こるたびに、税金をジャブジャブ使って毎日をヒマに過ごす貴族階級に怒りを覚えます。

そして、その貴族階級に寄生する親子。

ふう・・・・

ま、落ち着いて、今後もビチビチやりますよ。

厳しい批判をするには、冷静に落ち着いてロジカルにやらないと。

でないと、相手に響かない。

インチキ貴族と寄生虫を刺すことはできない。

そう思ってます。

 

おっと、話が変な方向へ行きましたね。

どうぞ、大雨、お気を付けくださいませ

それから、コロナ、油断なくお過ごしくださいませ。

 

いつも、ご愛読いただきありがとうございます。

また、よろしくお願いいたします。

 

<参考記事>

他国のロイヤルは、コロナ禍に苦しむ国民への支援を忘れていない

new-lavender.hatenablog.com