ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

メーガン・マークルさん40歳の誕生日

こんにちは、ラベンダーです。

 

昨日のブログにつき、公開・非公開あわせて多くのコメントをいただきまして、ありがとうございました。とても、参考になりました。

それと、夏風邪につき、お気遣いありがとうございます。

おかげさまで、7割がた回復しました。

ご見解、ありがとうございます。

多くの方の知恵を借りると、情報・思考の整理が進みます。

今回は、個別にお返事はいたしませんが、あらためて皆さまのご教授に感謝いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

明日からは、謎解きですね。

 

で、話は変わりますが、

まずは、こちらの記事のファミリーポートレートを見てください。

 

 1.北欧の王室が理想的

www.harpersbazaar.com

スウェーデン王室は毎年、揃って夏休みを過ごすロイヤルメンバーのポートレートをシェアするのが恒例。あっという間に成長していく王女や王子たちの姿を、多くのロイヤルファンたちに向け公開している。

今年もまた、毎年夏を過ごす宮殿がある、バルト海沿岸のエーランド島に集まった一家のポートレートを披露してくれた。屋外で撮影されたその写真に写るのは、下記の16名(と2匹の愛犬)。

後列左から、ヴィクトリア皇太子、ジュリアン王子(三男、4カ月)を抱くソフィア妃(カール・フィリップ王子の妻)、カール・フィリップ王子、ガブリエル王子(次男、3歳)、レオノール王女(マデレーン王女の長女、7歳)、オスカル王子(皇太子の長男、5歳)、アドリアンネ王女(マデレーン王女の次女、3歳)。

前列左から、エステル王女(皇太子の長女、9歳)、アレクサンダー王子(カール・フィリップ王子の長男、5歳)、カール16世グスタフ国王、シルヴィア王妃、ダニエル殿下(皇太子の夫)、マデレーン王女、夫のクリス・オニールとニコラス王子(長男、6歳)。

2021年7月28日ハーパーズ バザー

 

皇室王室では、北欧の王室が理想的だと、私は思ってます。

この写真、見てくださいよ。素晴らしいですよ!

日本もこういう明るい雰囲気の皇室だといいですね。
ハッキリ言って申し訳ないけど、暗い感じがありますからね。
特に、親子が断絶している某家・・・


ま、それはともかく、
今日は休みでしたが、ひとつ書き忘れていたことがありましたので、急遽、ブログすることにしました。

それは、ラベンダーの皇室王室ブログ、もう一人の主人公メーガン・マークルさんの40歳の誕生日です。

 

2.メーガン・マークル40歳の誕生日

www.afpbb.com

英王室を離脱したヘンリー王子の妻メーガン妃が4日、40歳の誕生日を迎えた。これに合わせて公開された動画でメーガン妃は、新型コロナウイルスの流行後に女性たちが復職できるよう、著名人の友人らに支援を呼び掛けた。 

2分間の動画でメーガン妃は、女優のメリッサ・マッカーシーma-kuさんとビデオ通話をしている。その中でメーガン妃は「40歳になるのにちなんで、友人40人に、仕事への復帰を目指す女性への助言に協力してもらうため、40分時間を割いてほしいと頼んでいる」と語った。

各国政府が新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけようとする中、世界では数百万人が休業などにより職を失った。

 メーガン妃は「私たちみんなが協力し、全員が奉仕活動などに40分を費やせば、その輪が広がる」と述べた。

2021年8月5日AFP(太字・着色はラベンダーによる)
 

まあ、有名人に声掛けする話ですから、承認欲求過剰なメーガンさんとしては、別の思惑がありそうなのはミエミエ。

偽善とか売名かもしれません

でもね。
あの、メーガン・マークルですら、コロナ禍を意識してコロナ禍で苦しむ人々への支援を打ち出しているのですよ。たとえ偽善でもね。

日本のロイヤルは何やってるの?

日本のロイヤルで一番注目されている話題は、プリンセスが無職男に執着するという話ですからね。
情けないですよ。

国民が一番苦しんでいるときに、何もしない(できない)皇室って。
やっぱり、特権階級ということでしょうか。


特に、内親王とハエ。

メッセージを出す機会が何度かありましたが、見事にコロナの話はスルー。
コロナ禍で苦しむ国民のために行動するどころか、日々、強行結婚へ向けて陰謀をめぐらすという。

あーあ・・・って感じですね。

 

 3.メーガンと小室圭の違い

www.harpersbazaar.com<名言19 2017年/36歳>

私は昔から変わらない。そして、自分が付き合う相手によって変わることもありません。同年9月『VANITYFAIR』より)

 

この記事を紹介したのは、メーガンさんを称賛というわけではないですよ。

メーガン・マークルは極悪。

でも、
私は、メーガン=小室圭という論調は違うと思ってます。

メーガンさんの現在の行動を擁護する気は1ミリもありませんが、小室圭(無職)と違うのは、挫折したり下積みしたりしながら、苦労した時代があったということです。
社会へ出て働いてましたしね。

役を得たやり方には問題ありますが、一応、自力で億単位のカネを稼ぐことに成功しましたからね。

小室圭無職者のように、下積みとか努力とか競争とかしないで、インチキやズルしかない人物とは、根本的に違うと思っています。

メーガンは、正々堂々とワルになったということ。

しかし、小室圭はワルとは言えない。裏口しか見てないインチキ男でしょう。
ロクに働きもしないで、人のカネばかり狙っている男でしょう。

同視するのは、メーガンさんに失礼ですよ。

もっとも、そういう程度の低いインチキ男に振り回される日本皇室というのもは、本当に情けないと思いますね。

あーあ・・・

さて
メーガンさん、40歳の誕生日ですか。

欧米では、立場が違っても、記念日には祝意を示すのが常識ですから、私もそうしたいと思います。

メーガンさん、おめでとうございます。

ところで、実年齢は?

ご覧いただきありがとうございました。

 

 <おまけ>

www.harpersbazaar.com

個人的には、ソフィア妃推しです。

では、また