ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

女性セブンはマコムロ御用メディアになったのか?

こんにちは、ラベンダーです。

 

夏風邪、大変です。

眠って、起きて最小限のやるべきことして、また寝る。

まいりましたね。

書きたいことは山ほどあるのですが・・・

今日は、簡単にやります。

前に、以下の記事で、日刊ゲンダイの低レベルを叩きましたが、その際

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

何か、イヤな予感がしてます。

何か、仕掛けてくるのはないかと。

と予想しましたが、どうも、イヤな予感に限って当たりますね(苦笑)

ぜんぜん、うれしくないですよ。

あーあ、やだやだ。

これから、マコムロ擁護、秋篠宮家擁護、が増えてくるのでしょうか。

 

 1.貴族には国民の姿は見えない

www.news-postseven.com 秋篠宮家の長女・眞子さまが小室圭さんとの婚約内定会見を開いたのが2017年のこと。それから4年間、大きな進展がないままだが、いよいよ事態が動きそうだ。アメリカに留学中の小室さんが、ニューヨーク州の司法試験受験後、そのままニューヨークで就職すると報じられ、眞子さまも渡米する可能性が出てきたのだ。この状況を秋篠宮さまはどのような思いで見つめられているのか──。

紀子さまの心情を、ある宮内庁関係者がこう推察する。

紀子さまは責任感のとても強い方です。それだけに、“自分の子育てに反省すべきところがあるのではないか”と、責任を感じておられるのではないでしょうか」

 紀子さまの“悩みの種”は、ご長女・眞子さまのご結婚問題を置いてほかにないだろう。9月にひかえた紀子さまのお誕生日には、「眞子さまのご結婚の見通し」について発表文書内で触れられる見込みだ。

女性セブン2021年8月19・26日号(太字等はラベンダーによる)

 

基本、日本のメディアの多くは秋篠宮家媚びなので、マコムロ問題について秋篠宮殿下の責任を追及する論調にはなりません。

だから、それが気に入らないと言って非難し始めると話が進まなくなるので、秋篠宮家擁護する論調は、ある程度見逃しております。

その点については、別に書きます。

ただ、秋篠宮批判をSNSとかに書いている人が、結局は、ひたすら秋篠宮家への罵詈雑言を書き続ける人が多いのも事実です。

もちろん、それも言論の自由ですが、

しかし、それではコムロを討つことができない。

まず、コムロを撃墜する。秋篠宮批判はそれからでも遅くない。

私は、そういう考え方をしている点、ご理解いただければ幸いです。

いつもは、そう思ってます。

が、今回のこれはヒドイ

非難せざる得ませんね。

紀子さまは責任感のとても強い方です。」

って、責任感というなら責任を持って破談にすべきです。

インチキ親子に国民の税金が使われ続けることを終わらせるべきです。

破談にして国民に対する責任を果たすということ。

責任感が強い人なら、そうしますよ。

紀子さまの責任感というのは、いったい何の責任感なのですか?
国民に対する責任ということではないのですか?

あんなデタラメな男に税金が使われ続けるのは、国民に申し訳ない。
そう考えるでしょう。責任感ある人なら。

それが、マコムロを国民の税金で援助するなら、共犯者のようなもの。

子育ての反省って、ノンキな話ですね。

何を反省してんだか。

貴族階級には、国民は見えてないようですね。

あーあ

 

 2.巨額の皇室利用を追及せよ

《小室圭さん 米の司法試験受験終了 ニューヨークで就職へ》

 明治天皇例祭が終わった直後、驚きのニュースが駆け巡った。5月に米フォーダム大学ロースクールを卒業した小室さんは2日間の司法試験を終え、ニューヨーク州の法律事務所への就職に目処が立ったという。

 「小室さんは、留学前に『パラリーガル』として勤務していた日本の法律事務所から、“留学を終えたらここで働くことを前提”に、年間数百万円のサポートを受けてきました。これまでの支援の総額は1000万円を超えるともいわれています。ところが、アメリカで就職するというのですから、その約束は反故になったのでしょう」(皇室記者)

(同記事)(太字・着色はラベンダーによる)

 

フォーダム大学留学。

皇室コネがあったからこそ、新設された特別な奨学金を得て、授業料等の免除を得ることができた小室圭無職者。

直接の援助金(=借金)は、1千万円くらいかもしれませんが、実際に皇室利用によって得た経済的利益は、学費等合わせて3000万円以上。

警備費も含めれば、5000万円以上になるかも。

白昼堂々、そういう皇室利用が行われ、そして

「その約束は反故になったのでしょう」

 

って、もう無茶苦茶ですね。

隠そうともせず、公然と、汚職するようなもの。

国民は、皇室と小室圭に完全になめられてますね。

最近、皇室制度を貴族・特権階級と感じることが多いですが、どうしてこういうデタラメが堂々と行われ、メディアから非難されないのでしょう。

そのうち、香港の人たちの気持ちがわかるようになるかもしれませんね。

でも、私は、まだあきらめてませんよ。

巨額の皇室利用を追及せよ!

いろんな形で、言い続けていきたいと思います。

 

 

 3.結婚できるのに結婚しないのは何故?

菅義偉総理率いる官邸は、東京五輪閉幕後、国民の関心が高い『女性宮家の創設』に着手しようと考えているようです。ですが、女性宮家の当事者である眞子さまのご結婚問題が、議論を足踏みさせている感は否めません。

裏を返せば、眞子さまのご結婚が着地すれば、議論が大きく進む可能性があります。ですから、この秋には議論を進められるよう、官邸は水面下で宮内庁を通じて眞子さまの周辺にヒアリングを重ねてきました」(官邸関係者)

 だが、調査を重ねるたびに浮かんでくるのは「是が非でも結婚したい」という眞子さまのご意志だったという。

「“地位も名誉も、1億5000万円の一時金もいりません。儀式も必要ありません。だから、どうか結婚だけは認めてほしい”というのが、眞子さまのご希望のようでした」(前出・官邸関係者)

 また、小室さんも眞子さまのご意向を受けてなのか、「結婚にあたっては何も必要ない」という希望を伝えていたという。

 (同記事)(太字・着色はラベンダーによる)

 

 菅内閣女性宮家問題を進めるという話ですが、菅内閣そのものが長続きしないと思いますので、まあ無理でしょう。

ただ、マコムロが、それをアテにしてる可能性がないとはいえませんね。

「“地位も名誉も、1億5000万円の一時金もいりません。儀式も必要ありません。だから、どうか結婚だけは認めてほしい”というのが、眞子さまのご希望のようでした」

という話。

強烈な違和感がありますね。

一時金なし、儀式なしでいいなら、すぐに結婚すればいいだけのこと。

<参考記事>で書いたとおり、皇族女子の結婚は法令上自由ですからね。

実際の手続き(戸籍等の編製)にどれくらいの時間がかかるかは不明ですが、宮内庁へ申し出すれば、すぐにできますよ。

「結婚にあたっては何も必要ない」

ならば、すぐに結婚すればいいだけのこと。問題ないでしょう。

何も必要ない、のだからね。

結婚への障害はゼロですよ。

しかも

「結婚は,私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。」

なのでしょう。さっさとすればいいじゃない。

何で、ダラダラ時間かけるのか。

何も必要ない、と言いながら、何を待っているのでしょうね?

わかりやすいウソですね。

 

 <参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

 

3.違法に皇室から援助されるので、すべてが小室の思い通り

「『元皇族』というお立場にある以上、海外ではテロの対象にもなりかねず、お住まいのセキュリティーが万全であることは必須です。ですが、仮に小室さんが就職されたとしても、万全なセキュリティーを維持し、元皇族として“相応の生活”をされる費用を賄い続けられるでしょうか。

 結局、眞子さまが拒否されたとしても、金銭的な援助を絶対にせざるを得ないのです。たとえ本人が拒否しても、皇室経済会議は1億円以上の結婚一時金の支払いを決めるでしょう」(前出・別の皇室ジャーナリスト)

 眞子さま国民感情を考え、受け取った一時金を全額寄付される可能性もある。

「もしそのような選択をされたとしても、まったく金銭的な支援がされないというのはあり得ません。どのような形であるのかは明らかにされずとも、秘密裏にお金が回ることはもはや明白でしょう。

 結婚が延期される前、納采の儀の準備の中で、本来は小室家が準備するべきものの費用を秋篠宮家側が用立てたことがあったそうです。小室家は今後もそのように、皇室側からサポートを受け続けていくわけです。そんな中で小室さんが“何もいらない”と伝えていることに、政府関係者は白々しさを感じているのが実情です」(別の官邸関係者)

“日本の内親王のフィアンセ”として全米有数のセレブ大学にVIP待遇で留学し、ニューヨーク州の弁護士資格まで取得。さらに、眞子さまと結婚すれば今後も経済的な生活の心配は何もいらない──そしてすべてが小室さんの思い通りになった、ということなのだろう。

 

本当に、日本の皇族は異常に優遇されてますね。

皇籍離脱して民間人になっても、「金銭的な援助を絶対にせざるを得ない」

女性セブンも開き直ってるなあ。
それを批判するのが、メディアの仕事でしょうが。

民間人を国費で支援することはできない。

民主国家の当然の筋を主張しないで、

正々堂々、秋篠宮家に媚びるわけですね。

あのね。

皇室が、一定額を超える金銭的な援助をするのは、違法ですよ。

憲法8条,皇室経済法2条,皇室経済法施行法2条)参照

「金銭的な援助を絶対にせざるを得ない」

「まったく金銭的な支援がされないというのはあり得ません。」

「秘密裏にお金が回ることはもはや明白」

「小室家は今後もそのように、皇室側からサポートを受け続けていくわけです。」

違法の可能性、わかってて書いてます?

違法を承知の上で、皇室は小室親子に資金援助するのですか。

メディアが、違法だけどそれは仕方ない、と書くのは、法治国家を否定することになる。それは、中国国営新華社通信と同レベルですけど、いいのですか?

記者さんは、民主主義や国民主権には、反対なのですか?

自分が何書いてるか、理解してます?

違法だけど小室圭を援助するのは仕方ない

そう書いてるのと同じですよ。頭大丈夫ですか?

国民のカネで、コムロを援助してはいけない

まず、それを堂々と言わないと。

筋を通してない。この記事は。

結局、なんとなく批判している調だけど、実は、秋篠宮家に配慮している。
こういう偽善は嫌いです。女性セブンさん。

最近、ポストセブンは劣化がヒドイですが、とうとう御用メディアになりましたか。

あーあ。ウンザリですね。

 

そうですねぇ~

目先、一時金などを放棄させて、「結婚にあたっては何も必要ない」と言わせておいて、裏で援助するという展開。

違法の問題をクリアできれば、ないとは言えないと思います。

ただ、ありそうな展開ではあるけど、どういうスキームかをキチンと説明しないと、ただの妄想レベルの話になりますね。

今日は、時間がないのでやれませんが、検討する価値はあると思います。

ただし、ひとつ間違えば違法なので、簡単ではないと思います。

そもそも

破談すればいい案件を強引に結婚させて

違法なことしてまで金銭支援する

正気じゃない。

そして

国民の税金をバカ娘の欲望実現のためにジャブジャブ浪費する。

やはり、貴族階級には、国民は見えてないということですね。

あーあ

 

ということ、

マコムロ問題書いてると、結構、メンタルが大変です。

今日みたいに体調悪いと腹たって仕方ないですね。

申し訳ないです。グチグチ言いました。

また、懲りずに遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

 

では