ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

小室圭無職者のNY就職宣言(ポストセブン編)

こんにちは、ラベンダーです。

 

NHK報道により、小室圭無職者のNYでの就職およびNYを生活拠点にするとの宣言が出されました。

公共放送NHKが小室圭の御用メディアというのも、象徴的ですね。

今回の小室圭無職者の宣言。

各メディアが速報で反応しましたが、その重要性わかりますか。

ただの就職決定じゃない。

本来、奥野の事務員として援助を受けたので、奥野戻って援助に見合う働きをしながら、貸与金を返済するはず。そういうキャラ設定。

しかし、その設定を無視して、堂々とNY移住宣言ですからね。

総額3000万円以上かかる留学を皇室コネ利用で実現したということ。

奥野は、皇室コネ発動のためのトンネルとして利用したということ。

それを悪びれることもなく、堂々と宣言しているのと同じですからね。

もう、ビックリですよ。

お前らが、どれだけ騒ごうとも

オレは皇室利用が許された特権階級だ!

いちいち文句いうな!愚民どもがぁ~

ってことですね。

知らないうちに、小室圭無職者は貴族さまになってたようですね。

いやーービックリです。

 

今日は、ポストセブンの後追い記事です。

(ポストセブン=週刊ポスト、女性セブン)

 

 1.結婚問題が進展しないのは距離の問題ではなく人間性の問題

www.news-postseven.com秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者である小室圭さんが、米ニューヨーク州での司法試験を受験した。試験結果は12月までに発表されるとのことで、今後はニューヨークの法律事務所への就職する予定だという。

ニューヨーク州の司法試験は7割ほどが合格すると言われています。小室さんは、留学先のフォーダム大学法科大学院でも成績優秀だったので、合格してニューヨーク州の弁護士となる可能性は極めて高いです。そして、今後もニューヨークで暮らすこととなれば、眞子さまとの結婚への動きがまた滞ってしまうと思われます」(眞子さま結婚問題を取材しているジャーナリスト・以下同)

 眞子さまと小室さんが本格的に結婚に向けて動くとなれば、「納采の儀」などの儀式の準備も必要となるだろう。そのためには、小室さん本人が帰国しなければならないはず。しかし、ニューヨークで就職すれば、小室さんもそう簡単に帰国できなくなるのだ。

(2021年8月2日NEWSポストセブン)(太字・着色はラベンダーによる)

 

マコムロ問題では、いろんな筋のコメントがありますが、その中で一番、レベルの低いのが「ジャーナリスト」

「ジャーナリスト」のコメントより、ヤフコメとか5ちゃんのコメントほうが遥かにレベルが高いです。これは、わが国の悲しい現実ですね。

今回もそう。

フォーダム大学法科大学院でも成績優秀

ですが、前にも言いましたが、

小室圭無職者は、少なくとも3年目の修了時の成績優秀者ではないので、優秀かどうかは不明です。赤点スレスレかもしれない。

例えれば、1学期に良い成績を取った人でも卒業時に赤点なら、その人は落ちこぼれですよ(笑)

だから、メディアは論文コンペ準優勝を強調して、小室圭無職者が優秀だとする根拠にしているようですが、本人が書いたどうか不明ですからね。

共著らしいし。

論文の内容もイマイチという評価もあるくらいですし、論文コンペを強調するのは、露骨な小室援護と考えていいでしょう。

「ジャーナリスト」って、本当に何も知らないね。驚き。

それから

今後もニューヨークで暮らすこととなれば、眞子さまとの結婚への動きがまた滞ってしまう

ですが。

日本にいてもアメリカにいても、小室圭無職者の行動は同じ。

異常なマイペースを崩さない

そういう人間です。

そもそも、内定からもうすぐ4年になるのに、結婚への努力をしてこなかった小室圭無職者。それは距離の問題ではなく、人間性の問題。

「ジャーナリスト」って、本当に何も知らないね。

 

2.民間人を国費で警備し続けるのは憲法違反

 また、結婚が実現したとしても、小室さんがニューヨークで仕事をしているとなると、眞子さまも生活拠点を移される可能性が高くなる。そこで浮上するのが警備の問題だ。

眞子さまが結婚なさって皇室から離れられたとしても、警備は続きます。その費用はもちろん税金でまかなわれますが、アメリカで生活されるならば、日本国内よりも警備費用が高くなることは間違いない。現時点でも、すでに警備費用について、国民から反発の声も出ているなか、それ以上の警備費が今後かかってくるとなれば、さらなる批判が出てくるのは容易に想像できます」

(同記事)(太字・着色はラベンダーによる)

 

これはもう、2重、3重に不愉快な話ですね。

書いてる人も、人間でしょう。腹たたないですか?

 

眞子さまが結婚なさって皇室から離れられたとしても、警備は続きます。 

って、普通の話のように書いてますが、これは民主国家では異常な話

前にも話しましたが、王室離脱したヘンリー王子は、警備費は自腹ですよ。
王子は、タリバンから殺害予告されてますけど、それでも自費負担
イギリス王室から離れる人を国費警備はできない。当然の筋でしょう。

特定の民間人を国費で警備することはできない。

法の下の平等の趣旨から当然の話。

ところが日本の場合は、民間人になったのに、いつまでも国費警備を続ける。

それは、そもそも間違いですよ。
日本国憲法14条の「法の下に平等」に反するのではないですか。
皇籍離脱した民間人を国費警備し続ける法的根拠は何ですか?

結局、それは特権階級ということじゃないですか。

しかも、自己都合で海外へ移住する民間人を何で、日本国の国費で警備しなければならないのですか?

皇族は民間人になっても貴族様ですか。

どうして特定の民間人への国費警備を批判しないのですか?

どうして国費警備が当然だという前提で記事を書くのですか?

どうして国民主権でなく貴族制度を擁護するのですか?

私は、皇室問題全般について、「国民主権を守ろう」と主張してます。

皇室は存在してもかまわないけど、貴族制度であってはいけない。

日本国憲法に照らしても、普通の主張だと思いますが、話が遠いですね・・・

 

ちなみに、小室圭無職者の3年間の留学中のSP費用については、どこも報道しないですが、当然、小室圭無職者の自費ですよね?

国費が恣意的に使われていないか。
それを調べるのがメディアの仕事じゃないのですか。

ニューヨークには、バカみたいにいろんなメディアの支局がありますけど、目の前で国費が不当に費消されているかもしれないのに、誰も調べないのですね。

あーあ、

マコムロ問題をウォッチしてると、気持ちが暗くなりますね。

 

3.マコムロ問題の本質は小室親子の異常性の問題

 小室さんがニューヨークで就職することがほぼ決まっている一方で、佳代さんの金銭トラブルなどの解決やその他の諸問題に対する釈明はなされていないままだ。

「留学から現在に至るまでの小室さんの行動を見る限り、当初からアメリカでの就職を考えていて、日本に戻ってくるつもりがなかったようにも感じられます。それはつまり、問題解決のための時間稼ぎのようであり、あるいは、できるだけ結論を長引かせたいような動きにも見えるのです。

 国民の納得を得られるような状況にはなっていないからこそ、仕方なくそうなっているのかもしれませんが、あまりにも動きが鈍いのは事実。そのため、日本での小室さんに対する批判的な声もどんどん膨れ上がり、状況は悪化するばかりです。本来なら、小室さんの進路が決まったことは結婚への大きな一歩となるはずなのに、先行きはどんどん不透明になっていくばかりです」

(同記事)(太字・着色はラベンダーによる)

 

テキトーな記事ですね。

問題解決のための時間稼ぎ

というのは、問題解決する気のある人間のやること。

2013年から「カネは返さない」とずっと言い続けている人間に、時間稼ぎという概念はありませんよ。

2021年も2022年も2023年も「カネは返さない」

それだけのこと。

だから、あまりにも動きが鈍いのではなく、やる気がない。

さらに言えば、神経が異常に鈍い

もう、いい加減、わからないかなあ?

ポストセブン、わざとバカを装って、小室アゲしてるとか?

普通に、コムロ親子ウォッチしてれば、誰でもわかりますよね。

天皇陛下秋篠宮殿下が、「多くの人が納得し喜んでくれる状況」を求めているのに、そのことについて完全無視している態度を見れば、わかるでしょう。

この問題は小室圭と小室佳代の

異常性の問題

だと。気が付くでしょうに。

普通の人間の普通の対応をしない。異常な無神経を続ける。

小室圭と小室佳代の人間性の問題でしょう。

だから、小室親子を普通の人間だと思って論評するのはやめましょう。

無意味だから。

異常なんだから。

どこがどう異常かを指摘して、批判しないと。

小室親子&眞子さんには、何も刺さらないと思いますよ。

もっとも、

皇室忖度&秋篠宮殿下媚びによって、最初から、刺さらないように手加減しているなら別ですけどね。

あーあ。

暗くなりますね。

 

4.ポストセブンの劣化が止まらない

10月23日には眞子さまが、11月30日には秋篠宮さまが誕生日を迎えられる。本当であれば、これらのタイミングで前向きな発表があってもおかしくない。

「まず結婚へ向けた具体的な動きはあるとは考えにくいですが、秋篠宮さまは昨年のお誕生日の会見で、眞子さまの結婚について言及していますし、今年も何らかのお言葉があるのではないかと予想されています。秋篠宮さまがどう話されるかで、今後の結婚問題は大きく動くのではないでしょうか。もしも結婚問題そのものについて触れられなかったならば、事態は深刻だと考えざるを得ないでしょう

 長いトンネルを抜けられない眞子さまと小室さんの結婚問題。年内には何らかの動きがあるのだろうか。

(同記事)(太字・着色はラベンダーによる)

 

 もしも結婚問題そのものについて触れられなかったならば、事態は深刻だと考えざるを得ないでしょう

知ったかぶりってやつですね。勉強不足です。

紀子さまへの宮内記者会の質問内容が明らかになりましたが、金銭トラブルについてストレートに触れられてますよ。

何を意味するかは、ご回答が出てみないとわかりませんが、少なくとも結婚問題そのものについて触れられなかったというのはあり得ないでしょうね。

紀子さまには質問して、秋篠宮殿下には質問しないとか?

国民の大騒動なのに、質問されても秋篠宮殿下が答えないとか?

何考えてるのか、ポストセブン。

最近、ポストセブンの異常な劣化が止まらないですね。

アルバイト学生に書かせたような低レベルの記事を連発してますけど、どうしたのでしょうね。

もう、やる気ないのかも知れませんね。

カップルを追いかけることに、やる気なくす気持ちは理解しますけど、プロなんだからプロとしての名誉にかけてレベルは維持して欲しいですね。

最近の記事を見てる限りでは、ダメっぽいですけど。

さて、

普通、年内に大きな動きはないと考えるでしょう。

まだ、弁護士資格をゲットしたわけではないので、動きにくいという意味はあるでしょうが、いつもながらコロナ禍はスルーですね、日本のメディアは。

今、コロナ禍ですよ。まだ、大変な状況ですよ。

こんな状況だから、結婚問題を進めるのは難しいと、どうして書けないのか。

小室圭無職者&眞子さんが、コロナ禍で苦し国民を完全無視しているのは、周知のとおりですが、それを批判するどころか同じ目線でどうするの?

どうも日本皇室は貴族のような特権階級のようですが、それを報道するメディアも同じようなエリート階級ということでしょうか。

似たもの同士ってことですよね。

国民がどうなろうと知ったことではない

思想の共通性が見られますね。

せめて、コロナ禍で本当に国民が苦しんでいるときくらい

本音を隠して、国民に寄り添うフリくらいしそうなものですが・・・

あーあ

暗くなりますね。

 

ということで

まあ、暗くなってても仕方ないので

私は私の

マイペースを崩さない(笑)

で対抗したいと思います。

普通に考えれば、この状況で大きな動きはないでしょうけど、相手は普通の人間ではないし、いつも忘れてはいけないのは

マコムロはいつでも結婚可能

ということですよ。法令上は制約がない。

だから、急に、夏祭りになる可能性はゼロではないですからね。

危険という意味では、司法試験が終わった段階で、いつでも危険なのです。

それを忘れてはいけない。

ま、

色々、楽しみにウォッチしたいですね。

 

今日もありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。