ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

10分でわかるマコムロ問題の争点

こんにちは、ラベンダーです。

 

今日は、10分でわかるマコムロ問題の争点と題しまして、

マコムロ問題の急所をだけを見てみたいと思います。

細かいことはたくさんありますが、大きな争点は3つくらいしかありません。

 

(A)秋篠宮家の意思

(B)小室圭内定者の就職

(C)金銭トラブルの解決

 

(A)秋篠宮家の意思

マコムロ問題の結論は、結局、秋篠宮家が決めるでしょう。

ヘンリー王子&メーガンさん(ハリメガ)のように、一定の財力と能力があれば、反逆して飛び出すことも可能ですが、なにもないマコムロには無理。

カネも仕事もなく、自分の力では何もできません。

とすれば、秋篠宮家が運命を決めるしかありません。

 

1.正式結婚を強行(実現可能性20%)

2.勘当結婚でバイバイ(実現可能性30%)

3.優柔不断に静観(実現可能性40%)

4.破談へ動く(実現可能性10%)

 (あくまでラベンダーのファンタジー予想ですw)

 

どれも、それなりに可能性はあると思いますが、
秋篠宮家が動けば、どうにでもなるでしょう。

一説には、小室側が何か秘密を握っていて、それを暴露されるのを恐れて秋篠宮家側が援助を続けているというファンタジー解釈があるようですが、それはないでしょう。

権力を甘く見すぎですね。
小室親子ごときが、皇室それも将来の天皇家を恐喝するなど許されません。

小室親子はアタマ悪いから、そういう身の程知らずのことをやろうと企図した可能性はあるでしょうが、そうすれば、どこからともなく警告されて、それでおしまいですよ。以後、恐ろしくてバカなこと考えないでしょう。

そもそも刑務所の心配しないといけないダークな親子が、警察と関係の深い皇室・宮内庁を脅すなんてありえませんよ。自殺行為。

ただ、眞子さまがあらゆる手段を使って抵抗しているから、素直に「破談」にできないので、「本人の気持ちを尊重」という話になっているだけです。

 

だから、主導権はどこまでも秋篠宮家にあります。

たとえば、「破談」ですが、やる気になれば簡単です。

とりあえず捜査機関を動かして、年金詐欺疑惑について、小室母を任意で事情聴取すればいいでしょう。
そして、その情報をNHKあたりにリークして7時のニュースとかで全国へ流せば、あっと言う間に世論は「破談」一色になりますよ。

小室親子、手も足も出ないでしょうね。

簡単なことです。宮内庁の西村長官は元警視総監ですからね。

権力が本気出せば、小室親子などひとたまりもありません。

 

ということで

どうするか決めるのは、秋篠宮殿下です。

どうにでもなりますが、国民と眞子さまの両方に良い顔はできません。

国民を激怒させるか、眞子さまを激怒させるか。

どちらか選ぶしかない。

その選択をやりたくないから、ダラダラと延長しているのでしょうけど、その間も詐〇師親子に多額の国費が使われ続けていますからね。

まったく、迷惑な優柔不断ですよ。

 

 

(B)小室圭内定者の就職

あとは、秋篠宮家がどう動いてくるかが問題ですが、

その真意を探るのに、争点が二つあります。

ひとつは、小室圭内定者の就職です。
どういうコネを使うかで、背後の支援者が推測されます。

ここまで問題が大きくなると、WWFのような秋篠宮家に関係ある組織への就職はないと思いますが、国際機関への就職決定なら、ロイヤルパワーが働いたと考えられるでしょう。ただし、誰のコネかは別問題ですが。

奥野法律事務所へ戻って、仕事するパターンなら、積極的なコネ発動は見送られたと考えられます。

自力でNY州の小規模法律事務所を探して奥野法律事務所を退所なら、秋篠宮家との関係は最悪。

など、他にも考えられるでしょうが、
これは結果を見てから論じたほうがいいですね。

いずれにせよ、どういう就職をするかで、秋篠宮家との関係性が見えてくるとは思います。

 

(C)金銭トラブルの解決

もうひとつの争点は金銭トラブルの解決です。

前に検証しましたが、秋篠宮殿下求めているのは「多くの人が納得し喜んでくれる状況」であって、直接、金銭トラブルを解決せよとは言ってません。

だから、調子に乗って小室圭内定者は、異常な自己主張を貫いて400万円を払おうとはしないわけです。
が、しかし、正式な結婚手続きを強行する場合、いくらなんでも金銭トラブル放置のままでは不可能です。

だから、小室側がこのトラブルを本気で解決に動いた場合は危険です。

それは、結婚強行以外に理由が考えられないからです。
その場合は、納采の儀を強行するでしょう。
どういうロジックで「多くの人が納得し喜んでくれる状況」をホゴにするのはわかりませんが・・・

それ以外なら、金銭トラブルは放置のままでしょう。

サイコパスには良心もなければ、踏み倒した罪悪感もありません。
自分の利益にならないことは、意地でもやらない。それだけです。

 

 

ということで

冷静に見れば、主要な話は

 

(A)秋篠宮家の意思

(B)小室圭内定者の就職

(C)金銭トラブルの解決

 

の3つくらいです。

普通なら、いよいよ結末を迎えることになります。

しかし、

秋篠宮殿下は、とても優柔不断のようです。

いや、無責任な殿様気質でしょうか。

無意味に、無期延期を続ける可能性も十分にありますね。

さて、どうなりますやら。

 

ご覧いただきありがとうございました。

また、今週もよろしくお願いいたします。