ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

小室圭はメーガン・マークルにはなれない

 こんにちは、ラベンダーです。

 

当ブログ

皇室ブログと言いながら、ほぼマコムロ問題しか書いてません(笑)

王室ブログと言いながら、ほぼハリメガ問題しか書いてません(笑)

そういう意味では、皇室王室ブログを名乗るのは問題あると思いますが、
このブログにピッタリのテーマが、ハリメガとマコムロの比較です。

ただ、ヘンリー王子と眞子さまを比較しても仕方ないので、メーガンさんと小室圭内定者の比較になります。これは、私のためにあるようなテーマですね。

やるしかありまん。

 (注)
(ハリメガ = ヘンリー王子&メーガンさん)
(マコムロ = 眞子内親王&小室圭内定者)

 

1.小室圭内定者はサイコパス

 まずは、メーガンさんと小室圭内定者の共通点を見てみましょう。

 

1.皇族王族を狙ってピンポイントで落とす。

2.皇室王室を自分が成り上がる道具として利用する。

3.利己的な性格が強すぎ、サイコパスの疑いがある。

 

こんな感じで、他にもいろいろ共通点はあると思います。

メーガンさんも小室圭内定者も普通の人でないのは事実でしょう。

特に、小室圭内定者がサイコパスである点は、現実に起こっている出来事を見てみると、なるほどと納得させられますね。

今回は、そこに注目しました。

 

サイコパスな人の特徴>

f-navigation.jpサイコパスとは、シンプルに言うと反社会的人格を持つ人のこと。サイコパス研究の第一人者であるロバート・D・ヘアはサイコパスの特徴として下記をあげています。

    良心が異常に欠如している

    他者に冷淡で共感しない

    慢性的に平然と嘘をつく

    行動に対する責任が全く取れない

    罪悪感が皆無

    自尊心が過大で自己中心的

    口が達者で表面は魅力的

(上記記事より)

 

 これを小室圭内定者にあてはめますと。

 良心が異常に欠如している

⇒ 苦しいときに援助してもらったカネを平気で踏み倒す。

 他者に冷淡で共感しない

⇒ 三菱東京UFJ銀行での書類事件(参考記事参照)

    慢性的に平然と嘘をつく

⇒ 金銭トラブルについて、最初「知らない」と殿下に弁明。

    行動に対する責任が全く取れない

⇒ 金銭トラブルが4年間も未解決のまま。

    罪悪感が皆無

⇒ 皇室や陛下を巻き込む大騒動を起こしながら、謝罪はなし。

    自尊心が過大で自己中心的

⇒ 小室ワールド(笑)

    口が達者で表面は魅力的

⇒ これは、当てはまらないかも。とても魅力的には見えません(笑)

 

<参考記事>(三菱東京UFJ銀行での書類事件)

www.jprime.jp新人時代の小室さんは、こんな“ハプニング”の当事者になったこともあった。

「部内でクライアントとの重要書類が紛失したことがあったのですが、その会社の担当が小室さんでした。

 彼はその書類を女性行員に“渡しました”と冷静に主張していて、慌てる様子もない。女性のほうは“見当たらない”とパニックになって大泣きしてしまい、その日は部内全員でデスクやゴミ箱などを探すことになりました。

 担当だった小室さんは、もっと取り乱すのが普通なのに図太い人だと思いましたね」

 結局、書類の件は特別な手続きで対処したことで事なきを得たそうだが、Aさんの中には小室さんへの“違和感”がたまっていた。

週刊女性2017年11月14日号

 

こういう精神世界にくわしくないので、いろいろ調べてみましたが、

小室圭内定者は、サイコパスではないかと疑っています。

ただし、サイコパスの人は社会的地位の高い人も多く、サイコパスの多い職業ベスト10には弁護士も含まれています。

だから、そういう社会的に適合・成功しているケースを「マイルド・サイコパス(または成功したサイコパス)」と呼んで区別しているようです。

メーガンさんは、今のところ「マイルド・サイコパス」だと思いますが、小室圭内定者はどうでしょう。

社会人経験ほぼゼロで、現在はニートですからね。

現状は、「マイルド・サイコパス」ではなく、ただのサイコパスのようですが、社会適合性に問題ありそうなので、危険なサイコパスになる可能性もあるでしょう。

早く社会へ出て働くべきですね。

 

 2.小室圭が皇室の秘密を暴露する?

www.news-postseven.com ヘンリー王子が明かしたのは、妻・メーガンさんの苦悩だった。英王室時代のメーガンさんが世間の批判にさらされ苦しんだこと、妊娠中には自殺まで考えたこと、そして、英王室からのサポートがなく「無力感を抱いた」こと。淀みなく語られるヘンリー王子の“古巣批判”は、次第に熱を帯びていく──その「熱」の影響を危惧するのは日本の宮内庁関係者だ。

「“ヘンリー王子の告白に、小室さんが触発されるのではないか”と恐れる声が、宮内庁の周囲で少なからず上がっています。もし、小室さんが『眞子さまとの恋』について暴露したら……。さらに困ったことに、『皇室批判』へとつながりかねないその告発を止める術を、宮内庁は持ち合わせていないのです」

女性セブン2021年6月17日号

 

小室圭内定者が、メーガンさんのように「告発」をするのか?

メーガンさんは、

自分は何も悪くない、悪いには全部人のせい。

と思い続けているので、あちこち抗議したり訴訟したりしてます。

同じサイコパスだから、同じようなことをするとすれば、小室圭内定者も暴露とか皇室批判とかする可能性はあるでしょうね。

もし

このメーガンさんの王室批判を小室圭内定者に置き換えるとこうなります。

 

純粋に彼女を愛していただけなのに、

世間の批判にさらされ苦しんだ。

内定辞退へ追い込もうと、ひたすら誹謗中傷された。

苦しくて自殺まで考えた。

しかし、皇室からのサポートはなく「無力感を抱いた」

 

という感じで、息を吐くようにウソをつき、被害妄想にとりつかれたように、
メーガンさんと同じようなことをいう可能性はあると思います。

自分は、いつでも正しい。

自分は、いつでも被害者。

と思ってますからね。サイコパスは。

突然、訳の分からない「暴露」をする可能性はあります。

あくまで、同じサイコパスという意味ではそうでしょう。

しかし、ビジネスの観点からは異なります。

メーガンさんは、こういう被害妄想を言いつつも、それを逆手にとって被害者ビジネスを仕掛ける能力があります。成功したサイコパスですから。

でも、小室圭内定者には無理だと思いますよ。

 

3.小室圭がメーガン・マークルにはなれない理由

アメリカには“伝統だけに縛られるのはおかしい”という考え方が広く根付いています。そのためメーガンさんを“勇気ある告発者”だと称えるムードが強い。いまやヘンリー夫妻はアメリカ世論を完全に味方につけたと言ってもいいでしょう」(在米ジャーナリスト)

 小室さんもメーガンさんと同様、婚約内定当初は国民から祝福される存在だった。しかし、いまは厳しい向かい風の中にある。そんな小室さんに、アメリカで支持を集める「元王族夫妻」の姿はどう映っただろうか。

「いまや小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在でしょう。さらに、5月にはヘンリー王子の告発インタビューが肯定的に受け入れられた。いつか“元皇族の夫”となる自分なら、同じように告発をすれば支持を得られると考えている可能性は充分にあるでしょう」(皇室ジャーナリスト)

(同記事)

 

途方に暮れるくらい、ツッコミどころ満載の記事ですが(笑)

「小室さんもメーガンさんと同様、婚約内定当初は国民から祝福される存在だった。」って、それはない(笑)

国民の間で盛り上がってた記憶もないし、最近、過去の雑誌記事読みまくってますが、マコ上げ記事は結構あるけど、コム上げ記事はかなり少ない。

(参考記事)小室圭内定者のマーベラスな偶然の歴史(2)

上の記事でも書いたけど、コムには初期のころから疑問符がついてたね。

怪しい親子だと、記者たちは皆思っていたのだと思います。

あと、メーガンさん、「勇気ある告発者」でも「アメリカ世論を完全に味方につけた」わけでもないです。これは、別の機会に。

キリがないので、これくらいにしておきますが、

「小室さんにとってメーガンさんは“お手本”のような存在」というのは、「告発」によって多くの支持を得たり、巨万の富を得ることを意味するのでしょうが、それは、絶対に無理です。

小室圭がメーガン・マークルになれない理由は以下のとおりです。

 

1.アメリカ人ではない

2.大義名分がない

3.能力がない

 

1.アメリカ人ではない

メーガンさんが支持されるのは、アメリカ人だからです。

どの国でも自国民はひいきします。

イギリス王室でイジメられて差別されて戻ってきたアメリカ人」なので、支持されるわけです。同じことしても、他国民であれば、無関心なだけです。

特に、アメリカ人は、アメリカとアメリカ人を露骨にひいきしますからね。

日本人の小室圭内定者がアメリカで何か「告発」などしても、日本のメディアが騒ぐだけで、多くのアメリカ人は無関心でしょう。

アメリカ人は、他国に興味ないし、他国民にも興味ない、それだけです。

 

2.大義名分がない

メーガンさんには、人種差別の被害者という大義名分がありました。

(それが事実であったかどうかは別)

アメリカでは人種差別の問題は深刻ですからね、だから、大きな話題になった。

小室圭内定者に何か大義名分はありますか?

皇室女子を口説いて、皇室利用して就職したり留学したりしたニートの男。

誰が彼に共感するのでしょう。

念のため確認しておきますが、メーガンさんは英国王室の秘密を暴露したわけではないですよ。ダイアナさんとは違います。

秘密の暴露をして、大金稼げると考えるのは、甘いと思いますね。
日本でもアメリカでも、そういう質の低い人間は、質の低い人物扱いをうけるだけのことです。

だから、そこを計算して、秘密の暴露があると見せかけつつ、わざと秘密の暴露のような人物の質を落とすようなことはしない。

そこが、メーガンという人物の悪の才能ですよ。

社会出て働いたことのない小室圭内定者には、理解難しいと思いますけど。

 

3.能力がない

これが、一番大きいですね。

メーガンさんは、全米トップ10に入る大学を自力で入ってますからね。
当時は、一般市民の娘ですから、コネとか裏口とか使いようもないです。

日本で言えば、自力で一橋大学に合格し卒業したようなもの。

さらに、社会へ出ていろんな苦労しつつ、結局は、女優として億単位のカネを稼ぐところまで成り上がりましたからね。

サイコパスだけど、能力はあります。

しかし、小室圭内定者は、能力ないでしょう。

受験回避の進学が必ずしも能力ないとは言えないけど、その後コネ就職、コネ留学してることから、能力・実力ないから皇族に近づいてコネ利用しようとしたと考えるのが自然。

当たり前ですが、アメリカでは、ホームレスでも英語ペラペラですからね。

英語が話せる以外の能力、付加価値が小室圭内定者にあるのかどうか。

もし、司法試験に合格して一応、弁護士資格取って、弁護士として働くのでしたら、それなりの能力の証明にはなりますから、成功するかもしれません。

しかし、司法試験回避して就職とか。合格しても弁護士ならないとか。それならば、能力がなくてコネ就職・ヒモ人生の路線でしょうね。

私は、彼の能力は疑ってますよ。

根本的に能力が低くすぎて問題外なのに、プライドが異常に高いから、コネとか裏口とかそういう路線を連発しているのではないかとファンタジー解釈してます。

でも、これは、結果で明らかになるから、結果を楽しみにしたいですね。

 

 

というわけで

そもそも、こんなこと真面目に検証する意味ないですが(苦笑)

小室圭内定者がメーガン・マークルになる線はないですね。

メーガン・マークルは、自力で億円単位のカネを稼ぐ人間にはなってました。

でも、それでは満足できなくて、英国王室を利用して100億円とか200億円とかそういう世界を目指した女。正真正銘のワルです。

それに対して、たった400万円を必死で踏み倒そうとする男(笑)

小室圭内定者は、皇室利用して就職したり留学したりするって、要は皇室特権利用したヒモのようなもの。

さすがに、メーガンさんと比較するのは失礼ですよ。

だから、小室圭がメーガン・マークルになれないのは当然ですが、この話をしたのには、違う理由があります。

メーガンさんのような「成功したサイコパス」になれなければ、彼はただのサイコパスになるしかありません。

社会適合性がなければ、危険なサイコパスになる可能性もあります。

じゃあ、眞子さまは、サイコパスと結婚になりますが、それでいいの?

私は、別に眞子さまの心配はしたことないけど(笑)

ホントかどうか知りませんが、眞子さまの幸せを願って」とか、よく芸能人が言ってますよね。心配してる国民もいるでしょう。

じゃ、彼女に言ってあげないとね。

本当に、サイコパスと結婚でいいの?

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

 <参考記事>

ja.wikipedia.org