ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

日曜日は、勝手にマコムロ問題検定しますw

こんにちは、ラベンダーです。

 

実は今日で、このブログ56日連続更新のようです。

最初は、意識してなくて、書きたいことが多すぎるので、土日も「残業」していたのですが、最近は、連続更新になってしまったので、途切れさせないように毎日更新してる感じですね。

連続更新に意味はないですけど、ここまで続くと続けたくなりますよね。

とはいえ毎日、フルスペックで書いてたら私がもたないですし。

まあ、適当にゆるめながら、時にはアリバイ工作的な更新も入れながら、なんとか100日連続くらい達成したいですね。

特に、意味はないですがキリがいいので。

 

そういうことで、今日は、アリバイ工作的な更新です。

せっかくですから、勝手にマコムロ問題検定します。

最近の私が気になっているマコムロ問題の論点を出題したいと思います。

解答は、ありません(笑)

解答わからない問題もあります(笑)

これから、順次、検討してブログで書きたいと思っております。

 

(問1)

天皇陛下秋篠宮殿下が「多くの人が納得し喜んでくれる状況」を公式に希望され、それが実現する気配すらないのに、「結婚は既定路線」とメディアが言うのはなぜか?

 

これは、今、ホットな問題ですね。

「結婚は既定路線」と多くのメディアは言ってます。

そうすると、天皇陛下秋篠宮殿下が公式に希望された「多くの人が納得し喜んでくれる状況」は無視されるでしょうか?

「結婚は既定路線」という記事を読んでみても、この件についての説明はありません。それどころか・・・

「多くの人が納得し喜んでくれる状況」には、ほど遠いけど「結婚は既定路線」と言ってるメディアもあります。

乱暴な話です。

白昼堂々、天皇陛下秋篠宮殿下の公式発言、無視していいの?

意味わからないですね。特に山下晋司氏。

 

 

(問2)

山下晋司氏は、宮内庁OBであるにもかかわらず、天皇陛下秋篠宮殿下の公式発言を無視して、「結婚は既定路線」と吹聴し続けるのか?

 

www.jprime.jp「昨秋からの動きを見ていますと、東京オリンピックパラリンピック開催の可否に関係なく、今秋の結婚を前提にスケジュールを組まれているように思えます」

 そう話すのは、宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さん。

眞子内親王殿下と小室さんの結婚を多くの人が納得し、喜ぶ状況になる可能性はないと言っていいでしょう。何をやっても批判のネタを探されるだけですから、新たな対策を打つこともないでしょう。仮に五輪が中止になるほどコロナの感染状況が逼迫し、国民がさらに大変な状況に置かれたとしても、結婚自体はされると思います。五輪が開幕する直前の7月上旬ごろに、一般の結納にあたる『納采の儀』を行うのが、順当でしょう」(山下さん)

 

五輪や国民がどうなろうと知ったことではないし、

天皇陛下秋篠宮殿下の公式発言など知ったことでもない。

納采の儀』は行われる。

って、ことですね。山下さん。

この山下晋司氏の存在が、最近では一番、意味不明ですね。

 

 

(問3)

小室圭内定者は、司法試験に合格するのか?

そもそも司法試験受けるのか?

 

 これは、結論がいずれハッキリします。

私は疑ってます。彼の能力・学力をです。

小室圭内定者、受験勉強のような真剣勝負したことないでしょう。

赤メガ就職も奥野もフォーダムも全部コネでしょう。

人生で、人とまともに競争したことないでしょう。

そして、日本で法学を学んだこともない法律の素人。

それが、いきなり、アメリカで弁護士になるって?

アメリカの弁護士って、そんなに簡単なの?

素直に信じられないですね。

「国際機関に就職決まったので、司法試験受験するのやめます」

という話が6月にあっても不思議ないと思ってますよ。

言い出すとキリがないので、後は、こちらの記事をご参照ください。

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

 

(問4)

10月結婚説は誰が流しているのか?何のために?

bunshun.jp

 

最近、よく見かけるのが10月結婚説というもの。

いろんな理由が言われてますが、最近言われているのは、

秋篠宮殿下の11月の誕生日会見で、マコムロ問題の話をする状況になると、その12月1日の愛子さまの20歳の誕生日会見に水を差すので、それまでに結婚しておくだろうという、バーバリアンな計画(笑)

誰が流しているのでしょうね。

眞子さま、と言いたいところですが、眞子さまにメディアに情報リークするような実行力あるのでしょうか?

そのあたりが、謎ですね。

 

 

(問5)

上皇后さまのマコムロ問題への関与はあるのか?

 

上皇后さまは、公式にマコムロ問題への関与を否定されておられます。

<参考記事>

new-lavender.hatenablog.com

 情報がないので、検証は難しいです。

しかし、上皇后さまがマコムロ問題へ関与していたとすると、

あきれるくらい、色んな問題が説明できてしまいます。

不思議ですね。

どうなんでしょうね。

私は、関与があるという説に傾いています。

金銭トラブル発覚したときの天皇陛下は、今の上皇さま。

3000万円留学を決めたときの天皇陛下も、今の上皇さま。

権力はありましたからね。

  

(問6)

小室佳代は、なぜ、金銭トラブルの交渉を進めないのか?

 

 時間を稼いで、女性宮家を狙っているという記事がありますが、それは女性宮家反対派の印象操作でしょう。

新潮は、ずっと「圭殿下」「圭殿下」ばかり言ってますからね。

状況的にマコムロが女性宮家を構えるという線はもうあり得ません。

わざと、煽ることで、女性宮家その他の制度をつぶそうとしているのでしょう。

だから、それはないですが、別の意味はあるのでしょうね。

それは何か?

やっぱり、ジャガーさんのときと同じように

皇室側から破談にしてもらって、慰謝料的な利益を得る。

そういう路線でしょうか?

これは結局、小室圭内定者側の大方針が「結婚」なのか「撤退」なのか、それに左右されると思います。

どちらの可能性もあって何とも言えないですね。

皆さまは、いかがですか?

 

  

ということで

問題の解答はありませんが、分かる範囲で検証したいと思います。

良く意味がわからない部分がありましたら、ラベンダーズ・マップで該当する記事をご参照いただければ幸いです。

来週も頑張って更新したいと思います。

5月中に動きはないと思いますが、司法試験をスルーして国際機関へ就職とかいうデキレースをするなら、6月に動きがあるかもしれません。

いずれにせよ、7月の司法試験が終わればプチ祭りにはなるでしょうから。

それまで、力を温存しておきたいと思います。

 

また、よろしくお願いいたします。

 

new-lavender.hatenablog.com

 

 

https://new-lavender.hatenablog.com/entry/2021/05/23/190259