ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

小室圭内定者問題、解決するベストな方法

こんにちは、ラベンダーです。

 

すみませんが、今日は時間ないので、短めに

www.news-postseven.com

天皇陛下は2月の誕生日会見で、眞子さまのご結婚について“両親とよく話し合うように”と取れる踏み込んだ発言をされました。それほどの厳しい“注文”を受ければ、ご自分のこれまでを振り返られるはず。ですが、今回の眞子さまのご表情からは、そうした憂いは一切感じられなかった。それどころか、“陛下は両親(秋篠宮ご夫妻)に言わされているのでは”と、思い込まれているようにすら感じます」(宮内庁関係者)(同記事より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 メーガンさんと違って、小室圭内定者には動きがないから、賛成派・反対派問わず、みんなファンタジー解釈ばっかりしてますね(笑)

「それほどの厳しい“注文”」は、反対派の希望的なファンタジー解釈。

陛下は、「厳しい“注文”」のつもりで、お言葉されたのではないと思いますよ。

そのファンタジー解釈を前提に、

「ご自分のこれまでを振り返られるはず。ですが、今回の眞子さまのご表情からは、そうした憂いは一切感じられなかった。」

とファンタジー解釈を前提にしたファンタジー解釈をして。

さらに

「“陛下は両親(秋篠宮ご夫妻)に言わされているのでは”と、思い込まれているようにすら感じます」

って、ファンタジー解釈を前提にしたファンタジー解釈にファンタジー感想を述べると。もう、無茶苦茶ですね(笑)

これでお金もらえるなら、私が毎日記事書きますよ(笑)

小室圭内定者さん、そろそろ燃料投下してあげてください。

記者さんたちが、ヒマすぎて、頭おかしくなっているようですから(笑)

 

 なぜ10月なのか。婚約内定者の小室圭さんは、今年5月に留学中の米フォーダム大学を卒業する見込み。続く7月にはニューヨーク州の弁護士試験を受ける予定で、合否がわかるのが10月だ。合格すれば「経済的な不安はなくなる」として、結婚に大きく前進するはずだ。(同記事)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

眞子さまと小室圭内定者の婚約が延期された理由は、「経済的な不安」でした?

「経済的な不安はなくなる」と結婚に大きく前進するはず?

ぜんぜん違うと思いますけど。

やっぱ、ヒマすぎて、頭おかしくなってきたかもしれせんね。

小室圭内定者の経済力が問題だとすれば、とっくの昔に破談ですって(笑)

 

「先が見えない状態がこれ以上続くと、皇室の信用は落ちていくばかり。いっそ結婚という手段での“早期解決”を望まれる方もおられるそうです」(前出・宮内庁関係者)(同記事)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それはそうかもしれません。

宮内庁の役人さんも、相手するのが、面倒くさくなってきたでしょう。

さっさと、終わらせてくれと思ってる関係者は多いと思いますよ。

 

<ここからは、ラベンダーのファンタジー解釈ですが>

ただ、それを望まない人が二人いますね。

一人は、秋篠宮殿下。

表情見てれば、誰でもわかりますね。

破談にできるなら、そうしたいけど、いまさらそれはできない。

顔にそう書いてありますね。

そして、もう一人は、小室圭内定者

何度も言ってますが、小室圭内定者には実行力ゼロの実質ニート

単純に、逆玉狙って眞子さま落として、ここまで来たけど、基本はプライド高く皇室の権威を利用して楽して暮らしたいという感じでしょう。

艱難辛苦を乗り越えて、愛を成就させようという人物じゃないよね。

十分な利益を得れば、もう撤退したいとか思っているかもしれませんよ。

眞子さまと苦労したくて、結婚したいわけじゃないでしょう。

楽したいから、結婚狙ってたのでしょう。

だからね。

秋篠宮殿下と小室圭内定者。利害は一致してると思いますよ。

秋篠宮殿下としては気分悪いでしょうけど。

敵と味方でも、利害が一致すれば手を組む。それが大人というものです。

秋篠宮殿下も激ヤセしてないで、小室圭内定者と手を組んで、小室圭内定者に出口作ってあげればいいじゃないですか。喜んで、出て行くかもしれませんよ。

小室圭内定者のプライドを満たすような地位と適当なカネ渡せば、意外と難しくないかもしれませんね。

眞子さまは、しばらく泣かせておけば、そのうち立ち直る。それも人生経験です。

これ以上ブログに書くの面倒だから、私が行ってアドバイスしてもいいよ(笑)

 

だから、この問題。

解決する一番ベストな方法は、

秋篠宮殿下と小室圭内定者が手を組むことですよ。

こんなわかりやすい話、ないと思いますけどね。

仮に、結婚するというシナリオでも同じ。

例えば、一時金とかその他の国費はすべて返上・辞退します、ということにしておいて、結婚してから裏で手を回して秋篠宮殿下が援助すればいいでしょう。

もちろん、私は、そういう解決すれば、断固として批判しますけどね。

でも、二人が手を組めば、どうにでも解決できますよ。

アンチ小室圭内定者である私でもわかる簡単な話。

結婚推進派がわからないとは思えないんですけどね・・・

ただ、手を組んでやるとすれば、やはり破談がベストなので

どうしても、それはイヤという勢力が抵抗するのでしょうね。

 

まさか、陛下はそれを見通して・・・・

ご覧いただきありがとうございました。