ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

今週のメーガンさんと小室圭内定者(2021.3.12)

こんにちは、ラベンダーです。

 

今週は、大ネタがありました。

今日は、金曜日ですから、このブログの主役であるメーガン・マークルさんと小室圭さんの1週間を見てみたいと思います。

ただ、今週は忙しくて楽しむ余裕がなかったですね(笑)

 

<今週のメーガン・マークル

今週は

日本の民放ニュースで報道されるくらいの大ネタがありました。

山ほど記事が出てますし、テレビの録画とかもありますが、忙しくてほとんど見られない状態です。なんとか土日にチェックして来週頑張ります。

hint-pot.jp

 

madamefigaro.jp

今日は、全体の印象を述べたいと思います。

今回の騒動、背景には、ハリメガの身分見直しがあります。

ハリメガが、称号や爵位など、現在の身分を維持できるかどうかです。

今月末までには、決定するとされております。

すでに水面下で決定しているのか、まだ、検討中なのかは不明です。

ハリメガが身分維持できれば、莫大な利益が約束されたも同然。

その身分見直しの駆け引きの一貫だと思います。

しかし、

全体的に内容はショボいですが、王室メンバーを人種差別者呼ばわりしたことは、重要です。後戻りできませんからね。

メーガンさんが、自己の利益のために人種差別カードを使ったのは過去にもありますが、王室をストレートに人種差別と結び付けたのは初めてだと思いますので、話が大きくなって大騒動になっているわけです。

PR会社などのチームメーガンが、人種差別カードなら勝てると踏んだのでしょう。

誰が言ったかは明かすことはできないけど、人種差別されたって話、いくらでも作り話できますけどね。自らの良心に従って名前を明かすことはできない、とかなんとか言えば、それでおしまいです。

前にも言いましたが、裁判ではないので、事実はどうでもいいのですよ。

争っているのはイメージ。イメージ戦争ですからね。

ハリーとメーガンが被害者であるというイメージができたかどうか。

そこが最大の勝負です。

「被害者」という錦の御旗を取りたいのですよ。ハリメガは。

仮に、現在の身分を失ったとしても、「被害者」というイメージが定着すれば、今後のビジネスで莫大な富をもたらすことになります。

逆に、「反逆者」というイメージなら、まともなビジネスが難しくなるでしょう。

王室とメーガンのプロレス。

人種差別問題はリングじゃない、場外乱闘の余興みたいなもの。

人種差別問題は、数ヶ月後には自然消滅してると予想します。

証拠も何もない一方的な言いがかりですからね。話の進みようもありません。

勝負は、ハリメガの身分であり、さらに「被害者」と認定され、被害者ビジネスで大金を稼ぐことができるかどうかです。

まあ、そういうことですね。

 

今のところ先制攻撃が成功してメーガン有利という雰囲気です。

しかしね。

イギリスは、コロナの死者が12万人を超え、失業者も大量に出ている。

経済は第二次世界大戦以来最悪の落ち込み。しかもフィリップ殿下が心臓の病気で手術を受けて入院していらっしゃる。

泣かされたとか、称号がどうとか、肌の色について発言あったとか、こんな非常時に、何お気楽なこと言ってるんだか。

王室利用して、ネトフリと150億円以上の契約したのでしょう。スポティファイとも数十億円の契約したでしょう。200億円稼いで、まだ足りないか?

何十億円の豪邸を格安で譲り受けたり、1回数千万円の講演したり、どれだけイギリス王室の権威を利用して荒稼ぎしたのに、十分なサポートがなかったって何。

イギリス王室に、50億円の結婚式してもらって、マタニティドレス6800万円も浪費して、1週間のバカンスで1800万散財して、イギリス王室が何もしてくれなかったって、

正気かい

たった2年でどれだけ国費を浪費したのか。

しかも、コロナ禍で苦しむ英国民へ1円の寄付もしてないよね。

にもかかわらず、イギリス王室にアヤつけて、まだカネ欲しいってか。

本当に

メーガン・マークルさんは、

人間は、どこまで汚くなれるのか

を 教えてくれますね。

 

でもね、

こういう自分の利益、自分のカネ儲けしか考えないカネの亡者に成り下がった最低のロイヤル崩れに、コロナ禍に苦しむ大衆がどう反応するのか、見せていただきますよ。

ここで、私が何言おうと何の影響もないのは、もちろん承知しております。

が、黙ってはいられない。必ず反撃します。

 

<今週の小室圭内定者>

 

今週もガン無視でした、小室圭内定者さん。

「鈍い」のでしょう(笑)

400万円問題について「解決済み」とFAXしたから、その立場を堅持しているのだとは思います。小室ワールドですね。

解決済みって言っただろ、しつけーよ。

という感じでしょう。

しかし、もう、問題はそこじゃない。

秋篠宮殿下が結婚の条件として再三「それ相応の対応」を要請しているのに、3年間もそれを無視し続けていること。

そして、宮内庁長官天皇陛下までが「苦言」されていること。

小室圭内定者の傲慢・不遜な態度が批判されているのに、まだ、それを続けるという。頭悪いなあー(笑)

1日、1日、時間が経過するごとに、形成不利が拡大するだけなのに。

いや、もう詰んでるかもしれませんよ。

 

今、「説明」すべきは、「贈与」とか「借金」とかそういうことではなく、3年間も自己都合で問題解決を放置した人間性ですけど、

デタラメな人間性は説明のしようがない

説明したくても、説明のしようがないから、詰んでるかもしれません。

やけっぱちで、小室ワールドなんだから許せよ、とか言ってみますか(笑)

 

形勢逆転には、ウルトラCが必要ですね。

私には、さっぱり思いつかないのですが、何かあるのでしょうか、技が。

今まで、皇太子殿下(現天皇陛下)であろうと、秋篠宮殿下であろうと、自己都合を優先させ小室ワールドを続けた小室圭内定者。

普通に、司法試験終了まで、自己都合優先させて、無視を続けるのでしょうね。

どっちでもいいけど、今、メーガンさんの話で忙しいから。しばらく大人しく小室ワールドしといてください。

よろしくお願いいたします。

 

今週もご覧いただきありがとうございました。