ラベンダーの皇室王室ブログ

日本皇室と英国王室についてのブログです。皇室ブログですが、ほぼ眞子さま&小室圭(マコムロ問題)の記事です。英国王室ブログですが、メーガン・マークル中心です。メディアが書かない、冷静な分析を心掛けてます。

眞子さま&小室圭内定者、結婚問題の正体は?

こんにちは、ラベンダーです。

 

明日は、天皇誕生日の会見内容が公表され、記事がたくさん出て忙しくなりそうですね。

そもそも私は、英国王室ウォッチしてたので、そこそこ日本皇室にも関心がありましたが、こんなに色々書きまくることになったのは、すべて小室圭内定者のせいです(笑)

最初は、眞子さまも、変な男に引っかかったね。」くらいの感想しかなくて、それほど興味なかったです。それが、だんだん興味を持つようになってきたのは、マスコミの報道がどんどん違う方向へ加熱していくのが異様で、そこに興味を持ったわけです。

小室圭氏に興味はあるのではなく、マスコミ報道の異様さに興味持ちました。

その結果、こんなブログ書いてますけど・・・

 

何が、異様かといえば、この小室圭内定者問題、話は単純だと思います。

何で結婚が延期になって、それから進展しないで、泥沼化しているのか?

答えは簡単でしょう。

 

Q:なぜ、結婚の話が進まないのか

A:小室圭氏が何もしないから

つまり

A:小室圭氏の人間性に問題あるから

 

どんな問題でも、本人が何もしないで放置したら、解決しないで泥沼化するに決まっているじゃないですか。

こんなわかりやすい話ないと思いますよ。

 

感情でも気分でもないのですよ。事実を追いましょう。

「婚約内定」以前まで遡ると話が複雑になるので、2017以降でいいですよ。

new-lavender.hatenablog.com

「娘さんと結婚させてください」と言って婚約内定した男が、自分側のトラブルで婚約が延期になったのにもかかわらず、そのトラブル解決を放置して海外留学しますか?

しかも、人の金で。

さらに、娘の父親から、公式に何度も善処を求められているのに、

「解決済み」というFAX1枚送りつけて、3年間放置しますか?

 

人間性が終わってますよ。

 

結婚問題が進まないのは、誰がどう見ても小室圭内定者の人間性に問題あるからでしょう。ここまで不誠実な人間も珍しいですよ。

皇室関係なく、どこの親でも、こんな男との結婚反対するしかないでしょう。

 眞子さま&小室圭内定者、結婚問題の正体は?簡単ですよね。

結婚延期問題は、小室圭氏の人間性が原因です。

マスコミは、なんで、それを追及しないのか?

母親のプライバシーをほじくったり、400万円問題を一大事にしてみたり、方向性が完全に間違ってますよ。いや、わざと間違えているのでしょうけどね。

 <結論>

結婚延期問題=小室圭氏の人間性問題

単純で、わかりやすい話にしか見えませんけど。

不思議ですね。

 

小室圭氏が、普通に常識ある人間の対応していれば、問題はとっくに解決しています。

人間性に問題あるとしか思えないような非常識な対応

皇太子殿下(現天皇陛下)や秋篠宮殿下を平然と無視し、自己都合を優先させる人間性

そういうデタラメな人間性が、今日の事態を招いているのでしょう。

メディアの皆さんも知ってるでしょう。知ってて忖度して報道しない。

だから、このブログは不本意ながら(本当に不本意です)、小室圭内定者本人の人間性を追求しています。まあ、個人攻撃といえば、そのとおりです。

でも、個人の人間性が大きな社会問題に発展することはいくらでもあります。

先日の森喜朗氏も人間性差別意識)が問題になりましたよね。

この問題も、まさに、そう。

小室圭内定者本人の人間性が、この問題の根幹であるから仕方ないです。

しかも、その人間性によって、多額の国費が小室親子に使われたり、皇室が小室圭内定者に利用されたりしているのですから、追及すべきと考えます。

そこには、報道すべき公益があると思いますよ。

 

なぜ、小室圭内定者本人を追及したり、糾弾したりできないのか。

異常だと思いますよ、日本のメディアの多くは。

だから、イライラするので、今日もこうして書いてます。

 

さて、明日は天皇誕生日ですね。

速報で、内容がわかっているので、明日の報道内容は、そのメディアの忖度ぶりや腐敗ぶりを示すバロメーターになるでしょう。

 忖度とかベタ媚びとか、気味悪い記事を多くみることになるでしょう。

 

今日もご覧いただきありがとうございました。